このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

interview

タイトル

NAMBA69 "FRIENDS" INTERVIEW!!

Interview by Tomoo Yamaguchi
Photo by H.and.A




 今年2月、新ドラマーとして正式にMOROを迎えたNAMBA69が6月10日から延期になっていた新ラインナップ初の音源となるミニ・アルバム『FRIENDS』を、ついに8月5日にリリースした。
09年5月にリリースした2ndフル・アルバム『CHANGES』と、その後のツアーがバンドのスケールアップを確実に印象づけただけに、ひょっとしたら、まだソロ活動していた頃から難波章浩(Vo/Ba)を支えてきた前ドラマー、SAMBUの脱退に不安、いや、不安とまでは言わないまでも、体制を整えるためバンドは少し足踏みを余儀なくされるんじゃないか、『CHANGES』以降と言うか、ko-hey(Gt/Cho)加入以降の勢いが止まってしまうんじゃないかと思ったファンは少なからずいたんじゃないか?
 しかし、NAMBA69は大丈夫――と『CHANGES』以降のNAMBA69をアップデイトした『FRIENDS』の5曲を聴いた誰もが思うに違いない。そして、今回、ko-heyが語ってくれたSAMBU脱退からMORO加入までの急展開の舞台裏を知れば、『FRIENDS』から受ける安心は、さらに確かなものになることだろう。
 10月3日の新潟LOTSから全国7か所を回る「FRIENDS TOUR 2020」。11月21日に東京で迎えるツアー・ファイナルでNAMBA69は自身最大規模となるZepp DiverCity公演に挑戦する。「CHANGES TOUR 2019」のファイナルに選んだ19年11月3日の渋谷TSUTAYA O-EASTは、当時のNAMBA69 にとっては挑戦だったが、見事ソールドアウト。バンドは1,300人を相手に素晴らしいライブを披露した。だからきっと今度も大丈夫と期待している。O-EAST公演のレポートで締めくくりに書いた言葉を、ここでも繰り返そう。
 ここからまたスタートする新生NAMBA69 のこれからは、楽しみでしかない。まだまだ行ける。もっと行ける!

“やべえ。ドラムがいねえ”ってなりましたよ。

――新作について聞かせてもらう前に「CHANGES TOUR 2019」を振り返ってもらって、その時のメンバーのみなさんの思いもちゃんと書き残しておきたいと思っています。1年前に、ここでko-heyさんに話を聞いたとき、“「CHANGES TOUR 2019」のファイナルである渋谷TSUTAYA O-EASTがぱんぱんになったらいいな”とおっしゃっていたんですけど、おっしゃっていたとおりO-EASTはぱんぱんになりました。最高の形でツアーを締めくくれたと思うのですが、改めてツアーを振り返って、どんな手応えがありますか?

ko-hey:『CHANGES』は俺が入ってから初のフル・アルバムでもあったし、あれだけの曲数(全14曲)を作るにはメンバー間でモメたわけじゃないけど、クリエティブを高めていく上で、必然的に意見がぶつかることも少なくなかったし。そういうことを乗り越えた上で、“来たな”ってメンバー全員が確信しながらリリースしたアルバムだったんです。で、満を持して、全24本というツアーを組んだわけですけど、ファイナルのO-EASTは、実は俺らメンバーは不安だったんですよ。

――前回のインタビューでは、そんなことおっしゃっていなかったですよ。

ko-hey:O-EASTを埋めきれるかどうか⁉ イケるだろうって楽観視したい自分もいたんですけど、正直、“TSUTAYA O-WESTはこの間ソールドアウトしたから500人は来てくれるだろう。でも、1,000人入らなかったらどうしよう⁉”ぐらいの感じでビビってたんですよ。でも、POP SPEED RECORDSを一緒にやっているJMSチームとか、マネージャーやライブ制作チームとかから“余裕だよ、絶対。だから、やりましょう。このタイミングでO-EASTに行きましょう!”と後押しされて、いざチケットを発売したら、O-EASTも含め、ほぼほぼツアーが始まる前にソールドアウトしたんです。変な話なんですけど、俺、NAMBA69以前の自分のキャリアも含め、O-EASTを埋めたことってなかったんです。それに加え、ツアーが各地ソールドアウトっていうのも初めてだったんですよ。しかも、それはNAMBA69としても初めてで。なんか自分がイメージしていたソールドアウトを連発するバンドの雰囲気と全然違ったんですよね。いざ、自分がそうなってみたら。

――どう違ったんですか?

ko-hey:ソールドアウトを連発してたら、これは悪い偏見かもしれないけど、もっと気楽に回れると思ってたんです。お客さん、みんな味方だから。でも、真逆でしたね。

――ああ、なるほど。

ko-hey:で、“ここで下手なライブしたら、この人たち、もう来なくなっちゃうんだ。これは下手を打てないぞ”と気持ちを引き締めて、以前の“対バンのお客さんも含め、今日のお客さん根こそぎ持っていってやるぞ!”っていうハングリー精神とはちょっと違うベクトルの凄まじい熱量と気持ちを持って、ツアーを回ったんです。なので、そういう気持ちを持ったまま、自分たちのツアーと、出演させてもらった諸々のフェスに関しては、全部やれたので、期間もリアルに長かったんですけど、非常に濃くて、バンドとしても上がっていけた、いいツアーだったと思います。

――僕が見せてもらったO-EASTのファイナルもすごくいいライブでした。では、ツアーを通して、バンドとして確実にステップアップできたという実感があったわけですね?

ko-hey:そうですね。意識レベルは2段、3段と上がっていっていたと思います。ただ、それって振り返らないとわからないじゃないですか。ツアー中は、ずっと目の前のものに対して戦っていくと言うか、もっともっと音楽的にも研ぎ澄ましていきたいということだけ考えていたので、改めて振り返ってみれば、そんな気はしますね。

――O-EASTのライブの時、K5さんが以前よりもぐぐっと前に出てきた印象があって。それも含め、バンドが一回り大きくなったように感じたんです。

ko-hey:僕が言うのもおこがましいですけど、K5君、成長しましたよね(笑)。やっぱり、どうしても性格とか、キャラクターとかもあるじゃないですか。

――はい、はい。

ko-hey:見た目と違って、やさしいんですよ。俺みたいな末っ子気質の人間がガツガツ行くのを、“オーケー、オーケー。俺は演奏で支えるね”ってタイプだったんですけど、やっぱりステージを見た時に、俺がガツガツ行く。難波さんもけっこう行く。そうすると、どうしても引っ込んで見えてしまうっていうのはどうなのってバンドでも話していて。
S__21962758_680

――あ、話していたんですね。

ko-hey:それに、どっちがリード・ギターで、サイド・ギターって決めているわけではないんですけど、コーラスもやっている俺よりもK5君はリードを弾くことが圧倒的に多い上に音色のチェンジも多いから、あんまり足元のエフェクター・ボードから離れられないんです。それでもガツガツ飛び出すようになってきたから、難波さんも俺も“よしよし。K5がフロアを温めてくれてるな。じゃあ、もっと歌に集中しよう”っていうふうになれるという、いい作用が働き始めたんですよ。

――そんなことも含め、確実にバンドとしてステップアップして、“さあ、これからもっともっと行くぞ”っていうところだったと思うのですが。

ko-hey:そうなんですよ。

――そしたらSAMBUさんが。

ko-hey:そうなんですよ。

--好事魔多しとはよく言ったもので、突然、脱退してしまうという。

ko-hey:そうなんです。

――けっこうな衝撃が日本中に走りました。

ko-hey:サンちゃんは多くの人から愛されていただけに衝撃的でしたよね。

――O-EASTのファイナルが終わってから、SAMBUさんからやめたいという申し出があったんですか?

ko-hey:O-EASTが終わった時は、まだその話は出てませんでしたね。そのあとに追加公演で東北大作戦3か所と沖縄と渋谷のCYCLONEでやって、そこでもまだ出てなかったんですけど、12月に入ったら急に。ただ、さっきも話したとおり、『CHANGES』という自信作を作って、月に5本から10本、ライブを続ける中で意識レベルがどんどん上がっていたんですよ。メンバー全員。なので、もちろんそこでサンちゃんも“もっとやらなきゃ。もっとやらなきゃ”ってがんばってくれていたんですけど、最終的に限界と言えるところまで来てしまった。それを本人から言われたわけなんですけど、ずっと一緒にツアーを回っていたら、サンちゃんの変化は、みんなも気づいていたと言うか、ツアー中、“大丈夫やで”と言いながらも、プレッシャーを抱えていることは、こっちもわかっていたんです。サンちゃから直接、そういうことを聞かされたのは後々のことでしたけど、なんとなくわかってはいたんで、“そうだね。ここまでがんばった。よくやったよ”って。

――青天の霹靂ではなかった、と。

ko-hey:複雑でしたけどね。でもそれはそれとして、“やべえ。ドラムがいねえ”ってなりましたよ。だから、“サンちゃんの申し出は受け入れるけど、すぐドラムは見つからないかもしれないから、脱退発表のタイミングや、いつまでやってもらうかは相談させてほしい”って言って、“わかりました。抜けるにしてもちゃんと最後までやりきります”ってなったんですけど。

――そこでバンドの士気は下がらなかったんですか?

ko-hey:各々思うところはもちろんあったと思いますが、まったく下がらなかったです。それはその後、いい流れで続けられたからなんですけど、サンちゃんから申し出を受けたあと、PIZZA OF DEATHの『The Very Best of PIZZA OF DEATH III』というオムニバスに収録する曲のしめきりが年末にあったんですよ。ドやべえじゃないですか。しかも、クリスマスの直前にレコーディングを予定していたから、マジでドやべかったんですよ。

――確かに。

ko-hey:サンちゃんとその話をしてから、レコーディングまでに2週間しかなくて、やばすぎるってなったとき、そこがラッキーだったんですけど、MOROが現れたんですよ。元々は俺が前にやっていたARTEMAとMOROがやっていたINFECTIONっていうハードコア・バンドが仲良くて、その頃からのつきあいだったんですけど、MOROはShiggy Jr.っていうポップスのバンドもやっていて、そのバンドが去年の9月に解散したっていうのは、なんとなく知っていて。そしたら、MOROが山にドラムの3点(スネア、ハイハット、バスドラム)を持っていって、自分らがアップした「TALK SESSION」<*新作「FRIENDS」についてや、この期間にそれぞれメンバーがどう感じているのかを赤裸々に話すYOUTUBE企画>でも話したとおり、小鳥とセッションって言いながら遊んでる様子をツイートしていたんです(笑)。俺、それを見て感動しちゃって。職業ドラマーになりたいと言うよりは、ドラムを永遠に叩いていたい奴なんだ、リズムを生み出すのが好きな奴なんだって思って、それが頭の片隅に残っていたんですけど、それをレコーディングが2週間後に決まっているのにドラムがいない、やばいってなっている時に思い出して、速攻でMOROに連絡して。それも全然連絡を取ってなかったんで、ツイッターのDMですよ(笑)。“おつかれ、飲みに行こうぜ”って送って、そこから1回飲みに行ったんですけど、ちょうどMORO的にスタジオ・ミュージシャン的な活動プラス、できることは何でもやってやろうっていうマインドになっていて、“1回、音を合わせてみたい”って言ってくれたんで、“実はレコーディングもあるんだよね”って(笑)。そしたら、“バンドに加入するしないはさておき、俺で良かったら叩きます”って言ってくれたんです。でも、なんだかんだ、みんなで合わせたのはドラムを録る前日になっちゃったんですけどね。

――えっ。

ko-hey:それも3時間だけ。ただ、その時のリハーサルがめちゃめちゃ良かったんです。もちろん、レコーディングする「BEST OF THE BEST」もやったんですけど、“遊びたいから2曲ぐらい覚えてきてよ”って、「MANIAC」とか、「CHANGES」とか、うちの代表曲と言われている曲もやったんですけど、ちょっと涙が出るレベルで、みんな感動しちゃって。こっち3人はもちろん、MOROもそうで、音楽ってこんな感情にしてくれるんだっていう初期衝動に似たようなものを、全員が感じたんですよ。で、翌日、レコーディングに臨んだわけなんですけど、リズム録りする時に変な言い方ですけど、MOROが譜面どおりに叩いたら、上手すぎると言うか、きっちりしすぎていてつまらないと思ったのか、難波さんが“MOROちゃんさ、もっと何て言うかさ、やっちゃっていいんじゃない? 自由にやんなよ”って言ったら、その瞬間にMOROが覚醒しちゃって。

――ほぉ。

ko-hey:「TALK SESSION」でも言っているとおり、マジで次のテイクが9割、採用されたんですよ。勢いと言うか、ノリの気持ちよさが段違いで。その後、念のために2、3テイク録ったんですけど、超えられないねってことになりました。そしたら、MOROも“自分でもわけがわからないくらい気持ちよかったです”って言い出して、もうその日ですよ。その日に“やる?”→“僕はこのバンドでトライしてみたいです!”っていう話になって。正式に加入ってなったのはもう少しあとですが、マジかよ、めちゃめちいいじゃんって。

――良かったというのは、テクニックの話じゃないわけですよね。

ko-hey:そうなんですよ。もちろん、サンちゃんも上手だったし、MOROも上手だし。でも、テクニックじゃなかったんですよね。何だろうな? なんだかよくわからないんですよ、ほんとに(笑)。一番感動してたのはK5君だったんですけどね。“こんな気持ちのいいドラムとやったことないよ”って(笑)。
S__21962760_680