このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

interview

タイトル

HOTSQUALL「SEVEN SHOUTS」INTERVIEW!! part2

Interview by Chie Kobayashi
Photo by Akira”TERU”Sugihara



HOTSQUALLがニューアルバム「SEVEN SHOUTS」を9月23日にリリースする。先行配信された「Grateful Shout」を中心に聞いた先月のインタビュー(HOTSQUALL「SEVEN SHOUTS」INTERVIEW!!)に続き、今回は3人に全曲解説をしてもらった。

01. Grateful Shout


チフネシンゴ(G, Vo):前回のインタビューでも話したように、「Grateful Shout」は自分たち的にある意味では挑戦した曲でもあったんですけど、まわりの反応を見てると、1つの僕ららしい曲として違和感なく受け取ってもらえているみたいでうれしかったです。「ライブでシンガロングしたい」みたいなのも多く見かけたりしたし「伝わってるな」と思いました。ただ、現状だと直接ではなく、SNSとかでしか受け取れないのは残念ですね(笑)。

アカマトシノリ(Vo, B):ここまで日本語詞が多くてグッと熱く攻めるタイプの曲は初めてに近い感じだったから、それに対して多少なりとも抵抗を感じる意見もあるのかなとかも想像もしてたんだけど、それは全然ないみたいで。それよりも曲そのものの持つ熱量に対して「HOTSQUALLっぽくていい」という声が多いように感じられて、素直にうれしかったですね。

チフネ:“HOTSQUALL節”が炸裂したんですかね。昔からよく言われるんで(笑)。自分たちではわからないんですけど。

ドウメンヨウヘイ(Dr, Cho):コロナ禍だからこそ聴いてほしい曲だったので、「こんな時期に聴けて元気が出た」という声をもらえたのもうれしかったです。

チフネ:ただ……さっきも言ったけどやっぱりライブでの反応が見えないのは寂しい気持ちはありますね。ライブでの、新曲を初めて披露するワクワク感だったり、それを初めてみんなに受け取ってもらってる興奮度だったり、「この部分はこんなふうに聴いてくれてるんだ」みたいな反応っていつも楽しみにしているし、バンドマン冥利に尽きる瞬間でもあるので。早くこの曲をみんなでシンガロングしたいですね。


02. Life Is Short Movie

アカマ:この曲の元ネタはツアー先のホテルでできたんですよ。その頃、改めてThe Beatlesの映画を観て「やっぱりいいなあ」と思っていて、なんとなくベースを弾いてたらそれっぽいフレーズが出てきたので、そのまま作っていきました。最初はいいなと思って合宿の時にメンバーに聴いてもらったんだけど、それから自分でさらに詰めていくうちになんか方向性が難しくなってきちゃって、一旦ボツにして。

チフネ:最初聴いた印象はいい感じだったんですけど、迷宮入りしちゃったみたいで(笑)。で、俺が預かることにしたんだったよね。

アカマ:そうそう。チフネに「あの曲、今どんな感じになってる?」と言われて、詰めてる途中の段階で改めて聴かせたら「なんか当初の雰囲気と変わってない? もっときらびやかなイメージだと思ってたのに」って言われて。迷ってることを伝えて、チフネに預けたら、思ってた以上にきらびやかになって戻ってきた!

hotsquall0920_1

チフネ:The Beatlesっぽい歌い回しの曲を、ちょっとダンスな四つ打ちに乗せたら面白いんじゃないかなと思ってリズムをちょっと触ったり、前奏を付け足したり、淡白なところにCメロや落ちサビを加えたりして。あと、メロディに対してのコードもいじったけど、サビのメロ自体はアカマが作ったものから変えてないよね。

アカマ:楽しみに待っててしばらくしてから聴かせてもらって「なるほど!そうそう、こんな感じ!」っていう形になって戻ってきたのはうれしかったなぁ! 歌詞は子供との会話の中でヒントが生まれて。3歳の息子によく「人生って面白い?」って聞かれるの(笑)。で、俺も酔っ払ってるときなんかに「自分が思ってるようにはならないのが人生かもね」って答えるんだよね。「自分が思ってる以上に幸せなことも起きるし、思ってる以上につらいことも起きる。ある意味、まったく予想がつかない、でもロマンチックな映画みたいなものかもなあ」って。

チフネ:そんな話をしてて、メロディに対しての語呂とかも考えて、「ただの『Movie』じゃなく『Short movie』にしたらどうか」って話をして。その頃からイメージはあったんですけど、それで冒頭とラストに映写機の音を入れて繋いでいるんです。

アカマ:歌詞もすごく気に入ってる。チャップリンの名言を引用したりもできたし!

ドウメン:僕としても、リズムも今まであまりHOTSQUALLでは使ってなかったようなものだったので面白かったですね。で、ドラムを叩きながらコーラスをするのが難しい曲なので大変でしょうけど、そのぶんやりがいを感じてて。早くライブでやりたいです。

03. No Boy No Cry


チフネ:この曲はメロディ自体は数年前からあったんですけど、なんだかずっと日の目をみなくて。いいメロディだと思ってたから聴かせる系かなと思ったりもしていたので、もうちょっとだけゆっくりしたテンポだったんですけど、そうなるとなんだか既存の曲に勝てない感じがして僕の中で寝かしていたんです。でもなんかパッと閃いて「思い切って速くしてイケイケの曲にしちゃえ!」と思ってテンポを上げて、思いっきりイントロから派手なリフを付けてみたら一気に化けてきて、そのまま勢いで出来上がっちゃいました。

アカマ:チフネが言うように、俺も最初に聴いたときからずっとメロがいい曲だなと思っていて。だからグッと速くしてきたときは正直戸惑ったんだけど、過程を見ていくうちに、クールな感じにバチっとハマってカッコいい感じになったと思いました。「朗々と歌うだけがメロディアスじゃない」ということにも気付けてすごく勉強になりましたね。で、大サビでは日本語でバーンと伝えたいメッセージと共に突き抜ける感じも気持ちよくて。シンプルではあるんだけど、展開がいっぱいあって歌うのも面白い曲なんです。

チフネ:AメロがあってBメロがあってサビがあって……という構成ではなくて、ちょっと洋楽っぽいというか、好きな構成ですね。メロディ自体は2パターンしかないのに、それをどうドラマチックにするかというのが挑戦で。間奏で転調したり、いろいろ詰まってて演奏してても面白い曲ですね。

hotsquall0920_2

ドウメン:僕的にはコーラスワークも聴きどころの1つですね。僕とチフネさんで入れ替わり立ち代わりコーラスをしたりしてて。

チフネ:たしかに。主旋律に対して上のハモリと下のハモリを交互に入れたりしたら新しくて面白いんじゃないかなと思って。クロスするときに一瞬三声になるところとかも渋い(笑)。

ドウメン:実際にやってみると大変でしたが(笑)、完成したものを聴いたときにカッコよくて、「こうしてよかったな」と思いました。

チフネ:歌詞は、ネット社会というかSNSというか、そういう無機質な世界に対しての思いを歌ってますかね。知らない誰かが、知らない誰かを攻撃したり、誹謗中傷とか炎上とかっていうのを見てると、なんか違うんじゃないかなって。そういう無機質で温かみのない空虚の世界に対しての真逆の表現として「温もり」という言葉は絶対に入れようと思ってました。

アカマ:なるほどね。みんなSNSとかにはいいことだけ書けばいいのにね。「楽しかった〜!イエ〜イ!」とかね(笑)。そしたら「会えてないけどあいつ、元気してるんだ」とか「あいつら、今レコーディングしてるんだな」とか、仲間の様子を知れるいいツールなのになぁ。「温もりに触れて」って歌詞を日本語で歌えるのは改めて気持ちが入るね。