このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

interview

タイトル

ENTH「NETH」INTERVIEW!!

Interview by Chie Kobayashi
Photo by Ruriko Inagaki


ENTHがニューアルバム「NETH」を11月25日にリリースする。本作はRAD CREATION内に設立した自主レーベル・Gutz Ballからの1作目となる。
キャリアの中でのバンドの変化、そして至った新レーベル設立と新作リリース。メンバー3人にじっくり話を聞いた。

ENTH、ふざけるのをやめる!?

──「NETH」聴かせていただきました。パッケージとしてまとまりのある、すごくいいアルバムだなと思いました。

daipon(Vo, B):ありがとうございます。確かに今まで作ったなかで一番まとまってるかも。

──どうしてこういう作品が出来上がったんだと思いますか?

daipon:ようやくまともな作り方がわかったから?(笑)うーん…… 曲ごとにテーマを決めて作ったからかなあ。とりあえず、ふざけたのはやめようという話をして。

Naoki(G, Cho):って言ってもついふざけちゃうんですけど(笑)。

──ふざけた曲はENTHの持ち味の一つだと思うのですが、今回ふざけるのをやめようと思ったのはなぜ?

daipon:そのほうがカッコいいから?(笑)

Naoki:ライブでもどうせふざけちゃうんだから、曲くらいちゃんとやろうって感じだった気がする。

daipon:ああ、そうだ。チームで話してるときに「カッコつけてる瞬間ないやん」って話になって。「そういうのってギャップだから」と言われて「確かに」って。といっても完全にふざけてないわけじゃないんですけど、いつもよりは抑えたって感じです。

Naoki:アー写もふざけたかったけど、今回は真面目にいこうよって。

──とはいえ、Naokiさんはちょっとふざけてますよね……?(笑)

Takumi(Dr, Cho):これが俺らにできる最大限の真面目っすね(笑)。
ENTH_art2011
daipon:真面目にただ立つとか、逆にふざけるとかやったうえで、手も足も出なくなって撮ったのがこのアー写です。首に手とか置いとったら死んでたな、わけわからんところ向いたりして(笑)。まあ、結局どの場面を切り取ってもふざけてるから、CDくらいカッコよく作ろうかって、一生懸命作ったらまとまりのいいCDができた感じですね。

──アルバムの構想のようなものはあったんですか?

daipon:いや。ストーリー性は欲しいよねって話をしてましたけど、マジで「ふざけすぎない」と「ストーリー性のある感じで」くらいです。

「俺らが楽しきゃよくね?」

──ライブを拝見していても思うのですが、ENTHは曲がカッコいい、演奏がしっかりしているというのが根底にあるから、ふざけられるんでしょうね。ふざけるために足元をしっかり固めているというか。

Naoki:まあ、演奏はバッチリしたいっすね。踊るためにも。

neth_02
daipon:バッチリ演奏するっていうのは一生の課題ですね。楽しいとか、自分らが気持ちよかったとかはあるけど、「マジで100点の演奏だ」って満足いく演奏はできたことないよね。

Naoki:うん。かと言ってそんなに練習するわけでもないけど(笑)。

daipon:スタジオも全然入んないし(笑)。今、スマブラのほうが練習してますもん。

Naoki:僕も「FPS」を。

Takumi:僕も最近マリオ買ったんで……。

daipon:みんな熱がそっちに(笑)。

Naoki:集合して機材出してセッティングとか、考えただけで「面倒くさ」ってなっちゃう(笑)。

daipon:搬入搬出とセッティングが一番面倒くさい(笑)。でもリハは真面目にやってます。なんていうか、練習の仕方の問題って言うんですかね。ただやみくもに1000回素振りするんじゃなくて、球が来てるのをイメージして、いいフォームで素振り100回やったほうが絶対にうまく……って俺、全然知らん野球で例えちゃった(笑)。

一同:ははは(笑)。

daipon:……みたいな練習をしてます。

Naoki:わっかんねえけど!(笑)

daipon:わっかんねえけど!(笑)

──量より質ってことですね(笑)。

Takumi:あとライブ本数もすごいし。毎年130本くらいやってたんで、そりゃ上手なるわっていう。

Naoki:そりゃスタジオも入りたくもなくなるわ。

daipon:130本やってたら、ライブ以外は絶対遊びたい(笑)。曲もう作りたくない〜〜〜!

──でもちゃんとカッコいい曲を作っていて。当たり前ですけど、全然適当に作ってないですよね。

daipon:適当に作ってる曲もありますよ(笑)。

Naoki:っていうか、前に比べたら適当に作ってる曲が多いんですよ。適当くらいのほうがいいよって。

daipon:そう、もういらんことするのやめようって。

──どうしてそういう心境になったんですか?

daipon:めっちゃ時間かかるし、面倒くさいし……。

Naoki:テレビ壊すし。

──テレビ壊す?

daipon:曲ができないのがムカついて、テレビぶん殴ったりしてたんですよ、昔。そのとき、まだバンドだけでは食えなかったから仕事もしていて。

──テレビを壊すくらい追い込まれてまで根詰めて作るんだったら、ちょっと力を抜いたほうがいいな、と。

Naoki:そう。で、そうやって作った曲が自分たちらしかったんですよね。

daipon:前までは「何かを表現しなきゃ」と思ってストイックに作ってたんですけど、自分たちのライブとか生活とか生き方に合ってないなってことに気付いて。俺は曲を作るのが好きでバンドをやってる人じゃないんですよ。ライブが好き、友達と遊ぶのが好きで、パーティしたくてバンドをやってるんだって。

──それに気付いたのは何がきっかけだったんですか?

daipon:そういうことを考える余裕ができたことですね。仕事をしながらバンドをしていたときは、なんとかして仕事を辞めたいと思っていて。そのためにめちゃめちゃバンドを頑張ってたんです。「どんな手を使ってでもバンドで生活してやる」くらいの勢いで。

──売れたかった?

daipon:売れたかった。で、実際にバンド一本で生活できるようになってから、「バンドってなんだろう」「なんで音楽やってるんだろう」という本質的なことに向き合うようになった。そしたらシンプルに「俺らが楽しきゃよくね?」ってことに気付いたんです。苦しんでまでやることじゃないって。前までは悩んだり葛藤したりすることも、曲になればいいかって思ってやってたんですけど。

Naoki:マジでストイックだった。

daipon:うん。めちゃめちゃストイックだった気がする。今は「楽しくなくなったらいつでもやめよう」っていうくらいのスタンスですね。
neth_01

もっとENTHの純度を高めたかった

──「INTRO」や「skit」が入っている今作の構成からも、そのラフさを感じます。それが最初に言った、まとまりのよさを感じる一つの要因でもあるのですが。

daipon:そうですね。今作で初めて「アルバムってこういう感じで作るんだ」とわかった気がします。今までって、言ってみればプレイリストみたいな作り方だったんです。CDを出す時期とか、出すCDのサイズ感……「フルアルバムで」とか「ミニで」とかそういうのも全部レーベル側から指定されていたので、とりあえず曲を作って、“そのときにできた曲たち”っていうプレイリストみたいな感じでしかアルバムを作ってなくて。でも今回は自分たちでフルアルバムを作ろうと決めたので、「ずっと聴ける感じがいいよね」と考えて。曲のキャラクターが1曲ずつ全然違うから、イントロとかスキットとかを挟んだほうがスッと受け入れられるかなと思って入れました。

──今、レーベルの話が出ましたが、今作はRAD CREATION内の自主レーベル・Gutz Ballからのリリースになります。そもそも自主レーベルを立ち上げたのはどうしてだったんですか?

daipon:自分らでチームを組みたいなっていうのはずっと思っていて、タイミング的に今かなみたいな感じっすね。まだレーベルとしてゴリゴリ機能できてるわけでもないし、今RAD CREATIONからほっぽり出されたら普通に収入なくなっちゃうんですけど(笑)。

Naoki:今はまだ助走って感じだよね。

daipon:自主レーベルを立ち上げたのは、間に入るとやりたいことが違くなるなあと感じていたから。

Naoki:ぼやけるというか。

daipon:そうそう、その人の要素も入ってきちゃうし。もっとENTHの純度を高めたかった。……めっちゃカッコいい言い方したやん(笑)。「ENTHの純度を、高めたかったんです」(ドヤ顔)。

一同:あはは(笑)。

daipon:あと、先輩たちからも「自分らでやっちゃいなよ」ということはよく言われるようになっていて。「大変なことも多いけど、俺らこんなんだけど、家も買えるし、子供もいるし、車もあるよ」って。

Naoki:つよー!

daipon:そうなりたー!って。

──DIYへの憧れみたいな気持ちもあったんですか?

daipon:いや、それはあんまり。先輩たちから自主レーベルを勧められるときに、それもけっこう言われたんですけど、俺ら的には「自分たちでやってるほうがカッコいいっしょ」みたいなものさしはなくて。ただ自分たちのやりたいことを100%で表現したいっていうだけですね。俺らがやりたいことって、本当に馬鹿げたこととか変なことなので、それを誰にもNOって言わせたくないっていうのが一番デカい。「そこには予算割けませんよ」みたいなことを言われずに変なものを作りたい。

Naoki:どデカいxxxがステージにあるとか(笑)。そういうことにお金をかけたいんですよ。

daipon:そうそう。そういうの、普通の会社じゃ協力してくれないから。あとは会社としてだと強行突破できないことも、自分たちだけだったらできると思っていて。俺ら、誰かに怒られるとかどうでもいいんで。自分たちの看板を持ったことによって、もっと攻められるような気がしますね。

Naoki:うん。確かに、好きなことをしやすいよね。

daipon:「Gutz Ball」って名前の時点で「この人たち、舐めてるな」ってわかってもらえると思うんですけど(笑)。

neth_39