このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

ARTIST

NOISEMAKER

NOISEMAKER

北海道 /

BIOGRAPHY

札幌にて結成されたAG(Vo)、HIDE(Gt)、YU-KI(Ba)、UTA(Dr)からなる4人組オルタナティブロックバンド “NOISEMAKER”。
パンク、ロックに留まらず、HIPHOPやR&B、グランジ、オルタナなど様々なジャンルをクロスオーバーした自由度の高いサウンドに支持を集める。
ROCK x ARTを信念にアートワーク、デザイン、サウンドメイクなど全てセルフで行っている日本一のDIY ロックバンド。
全国各地のフェス会場をはじめとした大型フェスにも出演。その後、シンガポール、台湾などのフェスにも出演、海外からも大反響を得る。
初のワンマンツアー【NOISE MANIA】を開催し、大盛況に終え、中国ツアー【NOISE MANIA IN China】も開催。
2018年1月27日LQUIDROOMで行われたRED APHELION TOUR FINAL ONE MANではソールドアウトし、大成功を収めた。
同年5月20日にNOISEMAKERの故郷、北海道(札幌)にてKITAKAZE ROCK FES. を北海道を代表する大きなフェスにしたいという思いを込め開催。
7月にはJESSE(The BONEZ、RIZE)をフィーチャリングゲストに迎えたシングル「Wings」を発売。東名阪札幌リリースツアーも即完売させた。
メンバーのAGとHIDEは「DOTS COLLECTIVE」というアートプロジェクトも行っており(https://www.instagram.com/dotscollective/)、そのつながりから
New Yorkからストリートアーティスト 「WK Interact」を招き、制作費1000万円をかけ渋谷のビル(12m x 12m)にRARAのジャケットを制作し、話題となった。

2021年5月に、北海道で初めてのアーティスト主催の野外イベントとして「KITAKAZE ROCK FES.2021」を2DAYSで開催する。