このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

live report

SATANIC CARNIVAL'15特集 / FACT LIVE REPORT

MONSTER ENERGY OUTBURN TOUR 2015 FINAL
2015年3月23日(月) at 赤坂BLITZ

赤坂BLITZを焼き払う!圧巻のリアルなパンクショウ

栄養飲料、MONSTER ENERGYがサポートするライブツアー「MONSTER ENERGY OUTBURN TOUR 2015」。今年のOUTBURN TOURは、3月2日の仙台Rensaに始まり、札幌、金沢、香川、広島、福岡、大阪、名古屋と全国を巡り、ファイナルは東京、赤坂BLITZ。計9ヶ所で開催された。OUTBURN TOURは2013年より国内で開催されているラウドロックに特化したライブツアーだ。毎年、ヘッドライナーバンドを中心に全国各地に、新鋭から実力派まで様々なバンドがツアーに参加する形で行われている。ヘッドライナーから、今注目すべきバンドまでを1日で観れるし、OUTBURN TOURに参加しているバンドをチェックすれば、新たなロックを知ることができる。そんな意味でもロック好きには注目されているイベントだ。

今年、OUTBURN TOUR 2015のヘッドライナーは、現代のラウドロックムーブメントの火付け役でもあるFACTと、現行シーンを最前線で牽引するCrystal Lakeの2バンド。ファイナルの赤坂BLITZには、このヘッドライナー2バンドにUKメタルコアシーン最重要次世代バンドとして名高いBURY TOMORROWが、名古屋、大阪に引き続き参戦し3マンで開催された。

そんなラインナップだからなのか、この日の赤坂BLITZに訪れていたオーディエンスの客層は実に様々!キッズ&ガールズから、シーンをよく知っていそうなロックファン然とした方々、日本人のみならず、様々な国のオーディエンスで溢れ返っていた。マーチを買い求める行列の長蛇の列、フロアの最前線で、ショウを待ち構えるラウドロックキッズ。赤坂BLITZ全体が、異様な熱気をはらんでいたように思う。この日の1番手はCrystal Lake。怒涛の激重低音ハードコアサウンドで一気に会場を沸点まで運び、お次のBURY TOMORROWが、パワフルなメタルコアでオーディエンスを圧倒する。トリは全員お待ちかね、FACTだ。

転換中もフロアは、早くモッシュしたくてしょうがないオーディエンスでギッシリ。FACTのステージ転換に入ると、早々にマーチ販売のスペースがガランとし始めた。それだけ、この日のFACTへの期待値は高かったのだ。それもそのハズ。OUTBURN TOUR 2015スタートと同時に、3月4日にリリースされたニューアルバム「KTHEAT」には、今でしか表現できないモダンラウド/パンクサウンドが凝縮されている。ラウドロックファンにとっては、その最新作の楽曲を初めて聴くことができる日なのだ。

FACT_01

ステージ暗転、真っ青に彩られたステージにSE「haze」が鳴り響き、FACTのメンバーが次々に登場。この日1番の歓声が上がり、Hiro(Vo)がステージに飛び出すと同時に叫んだ一言目が「サークルピット!レッツゴー!レッツゴー!」。アクセルフルMAXで1曲目は「KTHEAT」から、特にBPMが速く攻撃的な「worm」! 一気にクラウドサーファーが溢れかえる!曲中盤のHiroの「アーユーレディ!赤坂!」で、会場が1つになり一斉にジャンプ。待ったなしの盛り上がりだ

続きを読む