このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

interview

THE FOREVER YOUNG「証」INTERVIEW!!

Interview by Chie Kobayashi
Photo by Ruriko Inagaki


THE FOREVER YOUNGがミニアルバム「証」を9月29日にリリースする。

8月に、これまでサポートメンバーとしてバンドを支えてきたナカオタイスケ(Gt, Cho)が正式メンバーとして加入し、4人体制となったTHE FOREVER YOUNG。バンドが4人体制になったのは、2016年以来、実に5年ぶりだ。「絶望的だった」という2016年からの5年間、そして新生THE FOREVER YOUNGとして初めて発表する「証」について、4人にじっくりと語ってもらった。


4人に戻れてホッとした

──8月にナカオさんが正式加入し、バンドは4人体制になりました。正式に4人体制になった今の心境を教えてください。

ナカオタイスケ(Gt):正式に加入しました、ナカオタイスケです。今回やっと正式メンバーになれて、率直にうれしいです。僕はもともとTHE FOREVER YOUNGのファンで、MVが出たらすぐ見て、CDが出たら買って。クニさんがタワーレコードで弾き語りイベントをやったときには遊びに行ってサインももらったんです。

クニタケヒロキ(Vo, Ba):もともとはバイト先の後輩で。サポートメンバーとしてやってもらう中で、グルーヴも合うし、優しいやつだし、一緒にやっていけそうやなと思ってお願いしました。

──ナカオさんは正式メンバーになって気持ちは変わりますか?

ナカオ:しっかりやらないといけないなって。もう「手伝ってる」じゃないので。



──同じギタリストのタカノさんはいかがですか?

タカノジュンスケ(Gt):ようやく揃ったなと。これからが楽しみですね。これまではギターを一緒に考える人が曲ごとに違ったので、同じ人とずっと固定でできるのもうれしいです。

──オリジナルメンバーのオガワさん、クニタケさんはいかがですか?

オガワリョウタ(Dr):2016年ぶりに4人に戻れてホッとしたというのが一番です。2人でやっていたときは、正直、絶望的な気持ちだったので4人に戻れたのが単純にうれしい。

クニタケ:結婚したことないですけど、結婚相手が見つかった感じです。彼女から伴侶になったというか。一人だけずっと彼女の状態やったんで。



──2016年にオリジナルメンバーが2人抜けてクニタケさん、オガワさんの2人になり、5年かけて再び4人になりました。「絶望的だった」という2人から、再び4人にたどり着けたのはどうしてだと思いますか?

オガワ:今考えるとかなり無茶なことをしてたんですよ。2016年に2人抜けて、その2日後くらいに青森でライブをしたりして。車で青森まで行くのに16時間かかるので、脱退ライブを地元の久留米でやった、その日の夜にはもう青森に向かって出発して。前のギタリストは久留米にいるのに、新しいサポートギタリストは車に乗ってるっていう。

クニタケ:俺は車の中でクソ泣きながら(笑)。

オガワ:それは「絶対に止まらないぞ」っていう気持ちがあったから。そこからは“やるしかない”という気持ちでずっとやってきたので、5年かかったけどまた4人に戻れたんだと思います。


“4人で作った”「証」

──今作は4人で作った作品ですが、メンバーが変わると曲や作品にも影響ありますか?

クニタケ:純粋に“4人で作った”というのがデカくて。今回は制作期間が長かったこともあって、1回作っては壊して、また構築してっていう作業をけっこうやったんですけど、それをみんなでやれたというのはこれまでと全然違いますね。出来上がりをこの4人で想像しながら作れたのはよかったです。

──「出来上がりも想像して」ということですが、アルバムのコンセプトや全体像はあったのでしょうか?

クニタケ:曲ごとのイメージはありましたけど、アルバム全体のイメージとしては「ヤバいものを作ろう」っていう。俺らが好きなCDを作らないといけないなっていうのは、みんなで話していました。実際にそういうものができたと思います。

──タカノさん、ナカオさんとは年齢も少し離れていますが、「ヤバいもの」というイメージはすぐに共有できるんですか?

クニタケ:私生活もそうやし、音楽の話をしてても不思議と年齢の差を全然感じなくて。飲みながら「最近ヤバいバンドおるっちゃんね」って聞かせると「ヤバいですね!」ってなるし、逆に聞かせてもらっても「いいな」と思うバンドばっかりで。だから曲作りでもイメージをすり合わせるみたいな作業はそんなにないんですよ。ヤバいものができたなと思ったらみんな「ヤベえ」って思ってる。