このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

interview

EGG BRAIN "6 KICKS IN YOUR ASS" INTERVIEW!!!

Interview by Tomoo Yamaguchi
Photo by Yukihide”JON...”Takimoto (本文中)




 全国を回る「Welcome To The ROCK SHOW 2021」と並行して、これから順次、4つのサプライズがあることを予告した上で、今年3月からリリースやツアーを、EGG BRAINは発表してきた。その中でSURPRISE TWOとして、リリースを発表した2ndミニアルバム『6 KICKS IN YOUR ASS』はEGG BRAINがさらに一皮剥けたことを雄弁に物語る意欲作となった。

 その『6 KICKS IN YOUR ASS』。EGG BRAINの3本柱と言える楽曲のスタイルを踏襲しながら、新たな試みや、これまでになかった曲調が加えられているところが大きな聴きどころとなっているのだが、それが思うように活動ができないコロナ禍の状況を逆手に取った結果というところがなんとも痛快ではないか。

 9月26日にツアーを終えたばかりにもかからず、SURPRISE THREEとして発表したとおり、EGG BRAINは早くも11月5日から『6 KICKS IN YOUR ASS』をひっさげた「THIS MUST BE A KICK-ASS TOUR」を開始する。ツアー・タイトルからは自信しか感じられない。その自信の根拠を、JOEY(Vo/Gt)、KUN(Ba/Vo)、Uchie(Dr)が語ってくれた。



――まずは9月26日に大阪BIG CATでファイナルを迎えた「Welcome To The ROCK SHOW 2021」の感想から聞かせてください。

JOEY:1年半越しのツアーがようやく終わりました。大変な状況がまだ続いている中、ライブハウスに来てくれた人たちは、ほんとにライブハウスが大好きで、ライブが大好きで、EGG BRAINが大好きなんだと思います。そういう人たちと一緒にライブがやれたってことは、すごい財産になったと言うか、今後、EGG BRAINにとってとても大切なものになるんじゃないかということを毎回、実感しながらのツアーでした。

KUN:30本以上回らせていただいたんですけど、今回、初めて、(新型コロナウイルス感染拡大防止のための)さまざまな制限があるということで、今までとは全然違う楽しみ方になって、もしかしたら楽しめないと思ったお客さんも最初はいたかもしれない。でも、逆に制限されることで、お互いの好きという気持ちを確認できたのかな。一緒に遊び方を作っていったツアーだったと思います。

Uchie:2人にほとんど言われちゃったんですけど(笑)、本気で好きじゃないとライブハウスに来られないという状況になったからこそ、心の底から楽しんでくれる人たちが根こそぎ来てくれたんじゃないかと思います。来られない人たちがいたのは、もちろん止むを得ない。そんな中でも来てくれた人たちには最大限に楽しんでもらえるように僕らも努力したし、会場には来られなかったけど、遠くから応援してくれる人たちもいてくれて、そういう人たちのために、「EGG BRAIN、元気にやってるよ」って来てくれた人たちみんなが伝えてくれたらいいかなって思いでガツンとやらしてもらいました。

――KUNさんがおっしゃったように制限がある中でのツアーだったわけですが、最初の頃はやりづらいと感じることもあったんでしょうか?

JOEY:ツアーは今年2月に始まったんですけど、去年の9月にコロナ禍になってから初めてライブをして、それからツアーまでの間に誘ってもらったライブがけっこうあったんですよ。そこで制限のあるライブを経験していたので、ツアーはもうすんなり入っていけましたね。

――なるほど。ツアーの前に、しっかり手応えを掴んでいた、と。

JOEY:そうですね。ただ、ライブ中に「Singing!」ってつい言っちゃうんですよ。クセで(笑)。

Uchie:言ってたね(笑)。

KUN:だから慌てて、僕が「心の中で!」と付け加えたりして(笑)。

――あぁ、なるほど(笑)。

JOEY:楽しみながら、そんなところもちょっとずつ順応していったんですよ。

――僕は9月17日に恵比寿LIQUIDROOMでセミファイナル公演を見せてもらったんですけど、そこでJOEYさんはツアーを振り返って、「各地で濃厚な時間をみんなと一緒に過ごせた」とおっしゃっていましたよね。

JOEY:そうでしたね。だって、この状況でもライブハウスに来てくれたわけですからね。それだけでもすごいことじゃないですか。そういう人たちと一緒にライブできたという意味で濃厚な時間を過ごせたと思ったんですよ。

――そして、EGG BRAINは今年3月から、あらかじめサプライズ発表が4つあると予告して、さまざまなニュースを発表してきました。

JOEY:いま、先の楽しみがないじゃないですか。だから、ちょっとでも先の楽しみを作ったら、お客さんも歓んでくれるんじゃないかって考えたんです。先に4つ楽しみがありますよって言っておいて、ちょっとずつ発表していくやり方が今は一番がいいんじゃないかということでやってます。

――サプライズの第1弾となった3rdデジタル・シングルの「Breathe」は確かにサプライズと言える楽曲でしたが、こういう時期に敢えてこういう答えが出ないことを歌うような曲をシングルとしてリリースしたのは、どんな考えからだったんですか?

JOEY:今までのEGG BRAINにないようなリズムとか、世界観とかがあって、その前に出した「GiveÜ Chips!」「Sunset Dream」の2曲がEGG BRAIN節だったので、ちょっと変わり種を出したほうが見え方も変わっていいんじゃないかということで出しました。

――こんな時期だけに、みんな明るい曲を望んでいるんじゃないかという考え方もあると思うんですけど、ではそこは敢えて?

JOEY:敢えてです。

Uchie:サプライズの第1弾としては、暗い曲になっちゃったかもしれないけど、自分らとしては、ちょっと激しめの「GiveÜ Chips!」、明るめの「Sunset Dream」に続く3曲目のデジタル・シングルという位置づけだったんですよ。

KUN:まだ、ありますよっていう意図が大きかったよね。

Uchie:そうだね。

KUN:EGG BRAINらしい曲を2曲出して、みんなが「これ!これ!」と思ってたところに、「こういう曲もあるんだ」っていうね。

――「Breathe」の歌詞は、歌詞を書いた時のJOEYさんの率直な気持ちなんですか?

JOEY:そういう自分も過去にはいたなと思って、EGG BRAINではあまりそういう答えが出ないような歌詞は書いてないんですけど、この曲には合うと思って、素直に書きました。

――過去の気持ちだったんですね。

JOEY:そうです。コロナ禍と言うよりは。

――中には、コロナ禍の今の気持ちと重ね合わせるリスナーもいると思うんですよ。

JOEY:そこは聴いた人それぞれに、いろいろな捉え方をしてもらって全然かまわないんですよ。

――そして、サプライズの第2弾としてリリースを発表した、2ndミニアルバム『6 KICKSIN YOUR ASS』がリリースされました。LIQUIDROOMでも「30曲ぐらい作った中から厳選した」とおっしゃっていましたが、ライブができない時間を無駄にせずに有効に使おうという前向きな気持ちが窺えました。ライブができないなら曲を作ろうというふうに気持ちはすぐに切り替えることはできましたか?

JOEY:EGG BRAINはけっこう早い段階から切り替えることができたと思ってます。楽曲制作ももちろんですけど、3人で演奏する時間も増えたんですよ。むしろバンドに向き合う時間が増えたという印象ですね。ただ、最初の頃は、ずっと家にいたので、刺激がなくて、曲を作ってはいたんですけど、出てこなくなった瞬間はありましたけどね(笑)。なんか、いつも同じでおもしろくない。インスピレーションが湧かないということはやっぱりありました。

――どんなきっかけでインスピレーションがまた湧くようになったんですか?

JOEY:1回、曲作りから離れて、本を読んでみたりとか、映画を観てみたりとか、いろいろな曲を聴いてみたりとか、できるだけインプットするようにしたんです。

――インプットした中で、特に刺激になったものを挙げるとしたら?

Uchie:それは俺も聞きたい(笑)。

JOEY:いろいろありますけど、『きっと、うまくいく』ってインド映画がめっちゃ元気が出る系で。EGG BRAINの曲に直接繋がっているかわからないですけど、僕の好きな映画ランキングでもかなり上に入るという、すごくいい出会いをしたんです。

KUN:お陰で曲作りがうまく行ったんだから、その映画に感謝ですよね(笑)。