このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

interview

Dizzy Sunfist「DIZZYLAND -To Infinity & Beyond-」INTERVIEW!!

Interview by Chie Kobayashi
Photo by Taio Konishi



10月15日のライブをもって、いやま(Ba, Cho)が卒業したばかりのDizzy Sunfist。新体制で10月27日にフルアルバム『DIZZYLAND -To Infinity & Beyond-』をリリースする。

『DIZZYLAND -To Infinity & Beyond-』は、これまで以上にバラエティ豊かで、バンドの今後が楽しみになった。そう伝えるとふたりは「マジで楽しみにしててください」と寸分の迷いもなく言った。彼女たちの決意と覚悟が詰まった新作について、あやぺた(Vo, Gt)とmoAi(Dr, Cho)に聞いた。


コロナ禍で自分が終わっていく感じがした

──今作に収録されている「Never Again」は、6月に急遽リリースされました。リリース前にライブを拝見した際、「うちらには時間がない」ということを言っていたのが印象的で。まずは「Never Again」を作ったときの心境から教えてもらってもいいですか?



あやぺた(Vo, Gt):作ったときはコロナ禍の絶頂期やって。テレビをつけてもしんどいし、SNSを見ていてもしんどい。このままやと自分が終わっていくと思って、自分を元気付けるために作りました。同時に、もし同じことを思っている人がいるとしたら、この曲で元気付けられたら最高やなって。

──その“終わっていく”という感覚、もうすこし具体的に話せますか?

あやぺた:なんかね、1日1日が終わっていくのが早く感じたんですよね。もっと大事にしないと、あっという間に終わっちゃうなって。やっぱり子供ができたことも大きいと思います。今しか見られないことってたくさんあって。「今しかない」ってめっちゃ思うんです。

moAi(Dr, Cho):この曲をコロナ禍のライブハウスでやったときに、すごくリアルだなと思いました。メッセージ性をひしひしと感じました。

──この曲を急遽出すことになったのはどうしてだったんですか?

あやぺた:うちが出したいって言ったんです。「今出してほしい」って。みんなしんどそうやったんですよね。緊急事態宣言が何度も延長して、ライブはなんとかできるもののお酒は飲めなくて。そういう状況を見てて「みんな大丈夫かな」って思った。新曲を聴いてちょっとでも元気出してほしいなと思って出しました。


前のフルアルバムを超えるアルバムを作らなアカン

──ではここからアルバム『DIZZYLAND -To Infinity & Beyond-』について聞かせてください。フルアルバムとしては『DREAMS NEVER END』以来3年9カ月ぶりですが、どのようなアルバムを作ろうと思っていたのですか?

あやぺた:「前のフルアルバムを超えるアルバムを作らなアカン」しか頭になかったですね。そのプレッシャーがすごかった。結果、超えられたと思います。

moAi:毎回「こういうものを作りたい」という作品作りができないというか。そのときに浮かんだアイデアを入れ込んでいく形なので、ある意味、常に等身大。それが過去より上回れたらとは思っていて。毎回ちゃんとグレードアップできるようにというのは心がけていて。今作でもそこはちゃんと更新できたなと思います。

──今作は曲調のバラエティがとても豊かなので、moAiさんはチャレンジが多かったのでは?

moAi:あー、確かにそうですね。それこそ「Never Again」も、これまでのディジーにありそうでなかった曲で。今はしっくりきてますけど、最初は演奏していて違和感がものすごくあったんです。それも一つの挑戦だったのかも。

──今作の収録曲、歌詞もサウンドも、どこか新鮮味のあるものが多い印象です。

あやぺた:そうですね。いつも通り、自分から出てきたものを集めていっただけなんですけど。でも今までを超えるためにも、“今までにない曲”というのは考えていたから、自然とこうなったんだと思います。



──1曲目「The Proof」は、これまでのバンドの道のりや覚悟をストレートに歌った曲ですね。意外と、バンドをこうやって俯瞰で見た歌詞はなかったですよね。

あやぺた:まあ10年やってますからね。自分にも「自分はまだバンド続けてんねんぞ」って言い聞かせてます。

──いやまさんの卒業後に出るアルバムの1曲目で「いつでも諦めないぜ」と歌われているのも頼もしいですよね。

あやぺた:そうか、1曲目か。そこまで考えて作ってなかったですけど、言われてみたら確かにそうですね。

moAi:この曲、イントロは僕が作ったんですけど、ちょっと悲しすぎるし、ディジーっぽくないかなと思ってたんです。でもメロディには合ってるし、と思ってあやぺたに渡したんですけど、結果的に歌詞にも合っていた。結局メンバーで詰めていくとディジーっぽくなっていったので、もしかして「ディジーっぽくない」っていう心配はいらないのかなと思いました。