このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

live report

SATANIC CARNIVAL'15 特集 / KEMURI LIVE REPORT

Report by SUNEO
Photo by 半田安政(Showcase)

SUMMER CAMP 2015
5月9日@お台場野外特設会場

「PMA」歌い、踊り、笑顔に包まれた“SUMMER CAMP”

今回の開催で通算10回目となるパンク/ラウド系ロック・イベント"SUMMER CAMP"。例年の川崎 CLUB CITTA'から初めて野外に飛び出し、お台場野外特設会場で開催された。初の野外でオーディエンスの期待値もマックス。10時からスタートという不摂生なパンクキッズには地獄のようなスタート時間も感じさせない大入り。

車イスでの登場も板についてきたROTTENGRAFFTYが、スタートから全開のアクトで口火をきると、GOOD4NOTHING→COUNTRY YARDと新旧のメロディックがさらに会場を盛り上げた。ここで登場、問題児FUCK YOU HEROES。ブリブリのノイズと高速ビートで、アングラライブハウスへと一変。新レーベルを立ち上げることを発表したSHANKは若手の域を完全に脱した、少しナメたステージでキッズとの距離感をグッと引き寄せた。数々の大舞台を経験してきたTOTALFATが登場すると、会場が揺れに揺れるw 唯一になってしまったハードコア勢MEANINGはサマキャンと繋がりの深いFC FiVEの“My Strife”をイントロで使用した特別仕様の“Not Fucking Dead”でモッシュピットを誘発。その空気を一瞬で払うかのような美メロで会場を一つにしたOVER ARM THROW。会場の雰囲気が熱くなり過ぎず、暖かい空気感と風が流れ出したところで、KEMURIを待つキッズと往年のオーディエンスがステージに集中し始めた。

MCで呼び込まれたKEMURI、メンバーが徐々にステージに上がる。一番最後にボーカルの伊藤ふみお氏(以下、ふみお氏)が現れると大歓声が。

kemuri_01

手にマイクのコードを巻く独特のスタイルになると、拍手が。期待値の高さが一挙一動に跳ね返ってくる。「サマーキャンプ、最高!存分に楽しんでってください!準備良いっすか?!」一斉に上がる歓声と待ち望んでいる手。

kemuri_02

「OK! Let’s Go! Prayer!」1曲目『Prayer』ストンプが次々におこり、密集したオーディエンスの中から、続々と上がる手。スチャッ♪スチャッ♪とスカのリズムが入るとスカダンスが初っ端から多発。語りかけるようなジェスチャーでキッズを覗き込み煽動し、それに伴って広がるスカダンスの輪。サビで天にかざしたピースサインが印象的だった。

kemuri_03

「バンド作って20周年目で。何か改めてこういう機会でライブ出来るの、、すごい嬉しいです!どうも、ありがとうございまーす!」屈託の無い笑顔で語るふみお氏。暖かい拍手が自然とおこる。「KEMURIって名前がつく前に、初めてスタジオに入って、練習した曲。1曲聴いてください!」2曲目『New Generation』カウントの段階で大声援とともにダイブにつぐ、ダイブ。ステージ上で踊るメンバー、左右に振るホーン隊の動きが色褪せない青春を思い出させてくる。

kemuri_04

サビのコーラスでは大合唱のシンガロングが。続け様に『I Am Proud』手を突き出し、何かを願うかのようなポーズのふみお氏。歌の最中には、マイクも通さず、何やらオーディエンスに語り掛けていた。優しい表情で、全てを包むかのように。

kemuri_05

スチャッ♪スチャッ♪、、、続くカッティングギターに、高まる期待。何処からともなく始まったクラップはいつの間にか会場全体に。4曲目『Ato-Ichinenn』リフトが続々と上がり、サビには一気にクラウドサーフ。キッズたちの楽しそうなモッシュの一方で、暴れるでも踊るでもなく、会場の後ろの方で見ていたオーディエンスも、皆が口ずさみ、歌い、様々な楽しみ方をしていた。20年のバンドとしての厚みを感じた。曲が終わると当日最高の賛美の拍手が会場を埋め尽くした。

kemuri_06

「もうちょっと踊れるー?」「でも、シークレットゲストが気になってしょうがないんだけどw」と本音を漏らす場面も。オーディスンスも「間違いない」と応える(笑)「誰かくるか?知ってるけどね!言ったら、来年以降の出演がなくなりそう。」会場爆笑。「でも、もうちょっと踊れるー?もうちょっと踊れるー?」と何度も問いかけ、呼応するように上がる歓声。

kemuri_07

5曲目『Sunny Side Up!』少しミドルテンポのリズムが、ココにきて心地良い。「Every one! Every one!」とふみお氏が煽るとリズムが伝染し、揺れる輪が徐々に大きくなっていった。メンバーが先導して両手を押し上げるジェスチャーをすると、左右に揺れる両手が次から次へと会場に立っていった。

kemuri_08

「もうちょっと頼むー!まだまだいける!」「まだ!まだ!まだ!いける!!」「Positive Mental Attitude」のコールで爆発するフロア。6曲目『PMA』地面が揺れるようなスカダンス。

kemuri_09

ストンプで会場が揺れることはあるが、スカダンスで野外の会場を揺らすことが出来るのはKEMURIだけではないだろうか。もちろん、お決まりの“ももあげ”ダンスもここで披露

「最後の曲を演奏する前に、サマーキャンプ主催の皆さん、スタッフの皆さん、共演者のみなさん、心からありがとうござました!」頭を下げたふみお氏に暖かい拍手が送られた。「我々が言うのもなんですけど、続けるのは、、、大変だと思う。続けなくちゃって思って、続けるのはもっと大変だと思う。だけど、頑張ることでこれだけ沢山の人が、みんなの音楽が喜んでもらえる場が出来てるっていう、すごく尊敬します!これからもサマーキャンプが続くように応援してます。」「音楽をやってなかったら、これだけの年代の人達と触れ合うこともなかったと思うので、音楽やってて良かったなと思いました。ありがとうございました!最後まで、サマーキャンプ、愛し尽くして帰って下さい!」感謝を述べる一方で、4/25に起きたネパールの震災に向けたチャリティーへの協力を仰いでいたKEMURI。精神性がここまで人の共感を呼ぶバンドをボクは知らない。拍手がやまないのも必然だった。「最後、一曲やって終わるよー」に、えー!と、お決まりのパターンで返すキッズ。平和だ。7曲目『Time Bomb』モンキーダンスで会場と一体になるふみお氏。肩が左右に上下しながら幸せそうに動く会場。体全体でリズムを楽しみ、幸福感で満たされた表情。唯一無二のバンドだと思う。踊り、歌い、笑顔になる。そして、前向きな気持ちにさせてくれる。なかなか忘れかけていた音楽やライブの良さを改めて教えてもらった気がする。何度も何度も「ありがとう」と繰り返すKEMURIに誰もがそれ以上のありがとうを伝えたかっただろう。

kemuri_10

しばし、シークレットゲスト待ち。。気になる。。そこで意外すぎるシークレットゲスト“松崎しげる”氏の登場(猛爆)国民的名曲を惜しげもなく披露。数分のステージングだったが、あらゆる者を引きつけていた。その後のdustboxはSEこそいつも通りだったものの、若干の“やりにくさ”を感じていただろう(笑)サマキャンといえば、STOMPIN’ BIRDと即答しても良い位の常連。一瞬、不謹慎なモノ(?)も映ったように思えたが、全てがお祭りだった。夕刻、G-FREAK FACTORYは神々しいの一言に尽きる。MCの言葉一つ一つが揺さぶり、心を洗ってくれるよう。HAWAIIAN6が登場する頃には完全に夜になっていた。美しいライティングに照らされたステージで名曲を次々に投下しダイブの嵐に。大トリの10-FEET。貫禄のステージ。新旧織り交ぜたセットリストで、RIVERは隅田川として歌い上げた。

世代も幅広く、パンク/ラウド系と言われながらも、その中では幅広いジャンルを一同に会した"SUMMER CAMP" いわゆるDIYフェスの先駆けとして行なわれたイベントが長い時を経て、初の野外で成功したことは、このシーンにおいて非常に意味のあるものだった。メロコアやオールドスクールが息衝いていることを感じた。期待しかない!