このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

interview

Northern19 “LUCKY CHARMS” INTERVIEW!!

Interview by Chie Kobayashi
Photo by Taio Konishi

Northern19が4月20日にミニアルバム「LUCKY CHARMS」をリリースする。

今年、結成19周年目を迎えたNorthern19。大切な“19”周年目に、彼らが届ける「LUCKY CHARMS」とはどのような作品になったのか。笠原健太郎(Vo, Gt)と馬場豊心(Dr, Cho)に話を聞いた。

より“バンド”になった「MOVE ON TOUR」

──昨年11月の“MOVE ON TOUR FINAL”を拝見して、3人が“バンド”になった感じをすごく感じました(Northern19 “MOVE ON TOUR FINAL”LIVE REPORT!! )。まず前回のツアーの手応えを聞かせてもらえますか?

馬場豊心(Dr, Cho):正直、自分的には「これでいいのかな」と思いながら回ったところがあって。コロナ禍で、観てくれる人の反応もあまり目には見えないし、対バンもいなくて「良かったね」も「悪かったね」も言われないから。チームの人に「よかった?」と聞きながら回っていた感じでした。

笠原健太郎(Vo, Gt):僕はすごく良かったですね。馬場くんが言うような側面ももちろんありましたけど、公演ごとにちょっとずつライブが良くなっている実感はあったし、何よりとにかく楽しかった。ワンマンだからこそいろいろなことを試すこともできて。おっしゃってくれたように、より“バンド”になっていった感覚は自分たちにもあって、実りのあるツアーでした。

──ファイナルでもずっと「楽しい」と言っていましたし、本当にバンドを始めたばっかりの少年みたいに楽しそうでした。

笠原:コロナ禍で目に見える形でお客さんとコミュニケーションが取れない状態だったから、単純に自分たちが楽しんでないとダメだなと思ったんです。ステージ上で自分たちがいいバイブスを出せば、それをとっかかりにいいライブになるんじゃないかなって。「ライブができているだけでありがたくて最高なことじゃん」というスタンスでいたので、それが自然と出たんじゃないかな。

馬場:それこそお客さんはじっくりと僕らを見ているから、僕らが楽しんでないとすぐわかっちゃうんですよね。「調子悪そうだな」とか。そのためにもこっちが心の底から楽しまないとダメだなというのは改めて気付かされたツアーでしたね。

──そのために何かやっていたことや意識していたことはあるんですか?

馬場:黙っているお客さんを沸かせるためにはどういうライブをするかと考えると、やっぱりこれまでとは変わってくる。「今まで通りにやっていてもダメだよね」ってみんなで話して、ストイックにクオリティを上げるようになりました。ライブが終わったらみんなでライブ映像を見返して意見を出し合って。ワンマンだからライブ後に時間もあったので、移動の車内でそれぞれ映像を見返して意見を共有して。

笠原:その場でそれが共有できたのは良かったですね。

馬場:今までだったら各々が持ち帰って見るという感じだったんですけど、終わってすぐの熱量で見ることで、効果もすごくあったと思います。

──より“バンド”になったのは、そういうことの積み重ねだったんですね。

笠原:そうだと思います。

 

“19周年目”に出すべき作品とは

──そしてNorthern19にとって大きな節目、“19周年目”最初のバンドのアクションとしてミニアルバム「LUCKY CHARMS」をリリースします。本作の制作に“19周年目”ということは影響していますか?

笠原:はい。「節目の19周年目に出す作品はどういうものがいいんだろう」と考えたときに、今までのNorthern19の総括みたいなものだろうなと思ったんですけど、そういうものって狙って作れるものじゃないんですよね。というか狙ったところで前の曲を超えられない。だから「19周年目だからこういうものを」みたいなことは考えないようにしたんです。けど、やっぱりどこかは意識していたというか、今のNorthern19、新しさみたいなものは提示したいし、でもNorthern19らしいものも必要だし……って考えたら、結局今までやってきたことと変わらなかったっていう。

──結局、いつも通りの作品作りをすることが、節目の年にやるべきことだったと。

笠原:はい。

──そして出来上がった「LUCKY CHARMS」は多彩な作品になりましたね。前回のインタビューでも「しばらくは新しいことをやっていくモードでいきたい」とおっしゃっていましたが(Northern19「GOODBYE CRUEL WORLD」INTERVIEW!! )、まさにその通りというか。

笠原:ありがとうございます。でも本当はもっと前衛的なことというか、それこそ前作の「MOVE ON」の系統というか、自分たちにとって新しいことをしたかったんです。けど自分の中から出てくるものがポップなもの、明るいバイブスのものばかりで。最初は自分がそれに戸惑っちゃったんです。「思っているものと違うな」って。でもこれはこれで自分たちにとっては新しいことだなと振り切ってこっちに舵を切った感じです。

──どうして明るいものが出てきたんだと思いますか?

笠原:……わかんないっす(笑)。わかんないですけど、自分がそういうものを求めていたんでしょうね。メロウなメロディとか、ロマンチックなものを求めていたんだと思う。

──自分のテンションが明るかったというよりは、明るいものを求めていた?

笠原:うーん……でも自分のテンションも明るかったと思います。それこそツアーもいい感じで回れたし、精神的には明るかったと思います。でもだからといって明るい曲ができるとは思わなかったですけど(笑)。

──馬場さんはこの6曲を聴いた時はどんな印象を持ちましたか?

馬場:確かに明るい曲が揃ったなという印象でしたね。だからこそ、自分のプレイとしてはあまり難しいことをしないようにしました。曲の雰囲気が明るめで開けているので、変に詰め込み過ぎないほうがいいかなと思って。むしろいろいろ削ぎ落としてシンプルにしました。

笠原:バンド全体としてもそういう方向にシフトしたよね。個々のプレイよりも、バンド全体のアレンジを考えて。前作くらいからどんどん客観的になっているような気がします。

 

“今まで”を超えるNorthern19らしい曲

──ここからは収録曲について詳しく聞かせてください。まずは1曲目「MEMENTO MORI」。今作の中で一番苦労した曲だそうですね。

笠原:最初に話した話にも繋がるんですが、19周年目だからNorthern19らしい曲を入れたいと思って取り掛かったんですけど、実はそういう曲を作るのが一番難しいんですよ。作ろうと思えば作れますけど、今までの曲の二番煎じになってしまって、今までの曲を超えるのが難しい。Northern19らしさって、端々にあるんですよね。ビート、コード進行、曲の展開、メロディ。どれも妥協したくなかったので、そのために「ここが違うな」を繰り返してちょっとずつ完成に近づけていきました。

──今までの自分を、真っ当に越えていかなきゃいけないんですもんね。

笠原:そうなんですよ。でも最終的に「これはいい!」と自分で思える曲ができたので、よかったなと思います。

──Northern19らしいと言いつつ、一か所日本語のフレーズが入ります。日本語詞が入るのはひさしぶりですよね?

笠原:1stアルバムに入っている「DON’T GO AWAY」以来です。そういう意味でも19周年目っぽさもあるかなって。

──日本語詞はどこかに入れたいと思っていたんですか? それとも自然と?

笠原:全体的に邦楽っぽいメロディだったので、「日本語もアリだな」と思って考えていたら入ったというか。曲に導かれたみたいな。

馬場:僕個人的には、日本語詞の曲って、Northern19でやるには抵抗があったのですが、この入り方は全然抵抗なかったですね。無理やり日本語にした感じもなくて。

笠原:僕としても、無理に日本語にするのは嫌だったけど、自然にやれるタイミングだったら全然入れても良いと思っていたので、今回はいい感じに入れられて良かったです。