このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

interview

THE FOREVER YOUNG「君を輝かせて / もういっかい」INTERVIEW!!

Interview by Chie Kobayashi
Photo by Ruriko Inagaki

THE FOREVER YOUNGがデジタルシングル「君を輝かせて / もういっかい」を5月25日にリリースする。「君を輝かせて」は餃子専門店「餃子の雪松」のCMソングで、バンドにとって初の書き下ろし。前作「証」を携えたツアーの手ごたえや、初の書き下ろしの制作について、メンバー全員に話を聞いた。


THE FOREVER YOUNGを好きなやつらと気持ちを確かめ合えるツアーに

──まずは、昨年10月から行なっていたツアー「証を見つける旅」について聞かせてください。ナカオタイスケ(Gt)さんが正式加入し、4人体制で回る初めてのツアーでもあり、またコロナ禍でのリリースツアーとなりましたが、いかがでしたか?

クニタケヒロキ(Vo, Ba):こういうご時世になってから初めてのリリースツアーだったので「どんな感じになるかな」と不安もあったのですが、フロアとの信頼関係が見えるライブだったというか。THE FOREVER YOUNGを好きなやつらと、THE FOREVER YOUNGが気持ちを改めて確かめ合えるツアーだったなと思います。俺らはTHE FOREVER YOUNGを好きなやつらのために音楽やライブをやれているし、その人たちの生活の中にTHE FOREVER YOUNGが居続けてくれていたんだなって再確認できた。それと同時に、ちゃんと新しいTHE FOREVER YOUNGの自己紹介もできたツアーになったんじゃないかなと思います。

 

タカノジュンスケ(Gt):一本一本、やるたびに曲に一体感が出て、良くなっていくのを感じられて楽しかったです。

オガワリョウタ(Dr):前回のインタビューで、いい作品ができたという話をさせてもらったと思うんですが(THE FOREVER YOUNG「証」INTERVIEW!! )、それをこのツアーで育てていくことができて楽しかったですね。新曲を中心にセットリストを組むのもそうだし、昔を思い出すような感じがありました。

──ナカオさんは初のTHE FOREVER YOUNGとしてのツアーでしたね。

ナカオタイスケ(Gt):はい。サポートメンバーだったときも一緒にツアーは回らせてもらっていましたけど、自分で作った曲を演奏できたし、やっぱりサポートメンバーのときとは違う気持ちで。楽しかったし、これからはTHE FOREVER YOUNGの一員としてもっと頑張っていかないとなと思いました。

 

──ファンの方から言葉をかけられたりはしましたか?

ナカオ:はい。僕はけっこう物販にも立っていたので、そのときに「おめでとうございます」みたいな言葉をたくさんいただきました。


THE FOREVER YOUNGという塊が存在の証

──『証』収録曲の中でお客さんの反応が意外だったものや、想像と違う育ち方をしたものはありますか?

クニタケ:リリース前にミュージックビデオを出していた「人間合格」。THE FOREVER YOUNGの曲は誰かの背中を押す応援歌が多い中で、この曲は自分のことを念頭に置いて作った曲で。でも聴いてくれている人が「明日もがんばろう」と思える曲に変化していたのがうれしかったですね。もちろん、そうなればいいなとは思っていたんですが、実際にそうなっているのを感じられてうれしかったです。

──聴いている人のものになっていく感じがしたと。

クニタケ:そうですね。ライブ中に、全員の表情を見ているのですが、「人間合格」では特にマスク越しに泣いている人が多くてうれしかったです。

──メンバー間での変化や印象的な出来事はありましたか?

クニタケ:メンバーで酒を飲む回数が増えましたね。ツレと遊ぶ延長でツアーができた感じがあって。友達と遊ぶノリで回れたんじゃないかな。

ナカオ:ツアー先でのホテルで、クニさんと同じ部屋になることが多かったんですが、打ち上げで飲んだのに、部屋に帰ってからまだ2人で朝まで飲むみたいなことが多くて楽しかったです。お互い好きなバンドのミュージックビデオをYouTubeで見せ合ったりして。

──「証を見つける旅」というツアータイトルでしたが、“証”は見つかりましたか?

クニタケ:もちろん。メンバーとお酒を飲むこともそうですし、自分が生きていくために、聴いてくれる人やライブが必要で、THE FOREVER YOUNGというバンドというか、THE FOREVER YOUNGという塊が俺らの存在の証だという答えが出ました。