このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

SATANIC CARNIVAL'15 特集 / BUZZ THE BEARS LIVE REPORT

SATANIC CARNIVAL'15 特集 / BUZZ THE BEARS LIVE REPORT
MAGAZINE

SATANIC CARNIVAL'15 特集 / BUZZ THE BEARS LIVE REPORT

report by SUNEO
photo by 半田安政(Showcase)

THICK FESTIVAL 2015
2015年5月23日(土)@川崎 CLUB CITTA' “SEEK STAGE”

共に歌い、共に笑ったBUZZ THE BEARSが生んだ至極のステージ

生粋のライブバンドとして鍛え上げられたSECRET 7 LINEが主催する、ライブバンドだけを集めて開催される“THICK FESTIVAL”通称“シクフェス”。数あるフェスの中でも、バンドが多岐にわたり運営し、D.I.Y.を体現するものもなかなか少ない。メロコアもラウドも、若手も大御所も一手に集まるのは、シーンと密接にリンクしてるからだろう。その中でも、歌でキッズたちとの距離をググッと縮めたBUZZ THE BEARS(以下、バズ)のライブをレポート!

シクフェスもブレイクタイムをはさみ、後半戦に差し掛かった頃、直前のDIZZY SUNFISTを楽しむキッズたちを尻目に、集中力を高めているバズの面々。対面式になっているステージが終わると、もう一方のステージのサウンドチェックが始まる。この手のフェスには良くあるシステムだ。「ありがとうございましたー!」対面のステージから声が響くと、バズのステージのサウンドチェックが始まった。少し、アンプから立ち上げたばかりの音を鳴らす。リハの時間もほとんどない。直ぐに曲で確認する。対面で楽しんでいたキッズたちはいつの間にか、コチラのステージを食い入るように見ていた。音出しの曲をバズが始めると、すでに踊り、歌うキッズたち。クラップやコーラスも合わせて大きく歌う。待ちわびた表情は確認用のステージライトに照らされていた。

暗転し、拍手が会場を包む。SEが鳴り、バズの面々が入場。大介(Ba)が、大きく拳を振り上げると呼応したようにキッズたちの拳も自然と上がる。各々が楽器を持ち、中央へ。互いの拳を合わせて、気合いを入れると、始まりは直ぐだ。

btb_repo01

「三年連続、三回目!初めてコッチ(メイン側のステージ)来ました!SECRET 7 LINEのその気持ち、絶対に無駄にしません!!」「BUZZ THE BEARS、始めます!雨!」イントロから拳が次々に上がる。「どれだけいける?どれだけいける!」の呼び掛けに、クラウドサーフの波が次々に押寄せる。

続きを読む




PAGETOP