このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

carnival

MESSAGE FROM PRODUCER I.S.O

サタニックご来場の皆さまへ

 イベント名を「#サタニック」にしようかとガチで悩んでいるP(プロデューサー)のI.S.Oです。略してP.I.S.O(ピソ)です。チーッス! ちなみにピソって呼ばれても絶対にシカトします。私はそういうヤツです。

 遂に今週末サタニックですね。
皆さんを迎え撃つ準備は、それはもうバッチリでございます。
エゴエゴサーサーしていると、楽しみにしている皆さんの荒い鼻息で目がシバシバします。

 さて、開催直前ということでピソらしく、お願いがあります。

・お互いヘルプし合って、笑えない大怪我をしないようにしてください。

・喧嘩しても、その場で大至急仲直りしてください。
 気が済まないなら、続きは場外でやってください。

・痴漢、置き引きなどの犯罪は、見つけ次第、大至急警察に突き出して、
 サイトに顔写真付きで公開して、永久追放します。


 それから、、、、

 いろいろ書いていて思いましたが、
正直、言い出したら、キリが無い!そして、こんなことを書くこと自体がYABOだなと。

以前、サタニックのサイトで「自由」には「自律」という前提があってこそと書きました。

 さらに言うと
音楽、バンド、仲間、自分の居る場所、何かを好きで大切に想い尊重する意志を持っていれば、
先に書いたようなことをわざわざ書く必要はありません。

 なぜ、サタニックのようなハードなイベントが成立しているのか。
それはライブハウスキッズが日頃培ったお互いの理解や尊重、
そしてアーティストとの信頼関係があるからこそです。
だからめちゃくちゃ暴れたり、好き勝手できるんです。
暴れてぶつかって、イチイチ喧嘩になったり、大怪我したりしてたら、イベントなんてできません。
冷静に考えてみてください。2万人近い見ず知らずのひとが、暴れまくっているのにです。
その凄みを今一度理解してください。当たり前のようで当たり前じゃないですから。

 是非とも、イベントが最後まで完遂できるように
力を貸してください。言い換えるなら意志を持ってください。
自分たちの好きなものは自分たちで守ってください。
各自がこのイベントを「ワシが成功させたる」って思ってください。

 一般的にイベントはみんなで作るものなんて言われますが、
サタニックは、その意味も価値も全く違います。
皆さんの自律という意志の上で奇跡的に成り立っているのですから。
それってカッコイイことだと思いませんか?

 最後にもうひとつ
敢えて若いひとに向けて書きます。

 サタニックのテーマは「シーンの居場所を作る」です。そしてそのひとつの答えが「ライブハウス」でした。
それを気付かせてくれたのが、過去2回の出演者や参加者の皆さんでした。

すこし踏み込んで考えてみました
 サタニックはライブハウスのようなイベントです。屋内だからという訳ではなく、
出演しているバンド、来ているお客さん、参加しているデザイナーやアーティスト、そしてブランドなどが、 日頃ライブハウスと深く関わっているからこそ、イベント自体にその空気感が生まれます。

 もしこの空気感が好きならば、フェスばかりでなく「身近な」ライブハウスに行ってほしいのです。
それは人生をもっと豊かにしてくれるからです。

 分かり易く数字で例えてみます。
2000円のCDがあるとします。
同じく2000円のライブがあります。
もしそのライブをCDの100倍楽しめる「感性」があるとしたら、
ライブは20万円の価値になります。
月に5本ライブを楽しめたら100万円ゲットです。
なかなかですよね。

 月100万円稼ぐのは大変ですが、100万円楽しむのは意外といけるんじゃないでしょうか?
人生を豊かにするのは、楽しめる感性だと思います。
ライブハウスという場所には大袈裟ではなく
それ以上の価値があります。そして身近です。
好きなバンドが、多ければチャンスはもっと増やせます。

 10年、20年戦士の先輩キッズは、実は長年そうやって人生を豊かに生きています。
ライフワークと呼ぶにふさわしいのではないでしょうか。
どれだけ好きになって楽しむことができるか、楽しめるようにするか、
自分の意志や行動次第で、できます。

 サタニックはそんなライブハウスの入口になればと、
3回目を開催するにあたり、こんな風に考えています。

なので、
めいっぱい楽しんください!

それでは、メッセでまってるZ HELL YEAH!!!

SATANIC CARNIVAL
P.I.S.Oより

SATANIC CARNIVAL'16 オフィシャルHP