このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

Dizzy Sunfist “Dizzy Beats TOUR 2016” FINAL SERIES TOKYO LIVE REPORT!!

Dizzy Sunfist “Dizzy Beats TOUR 2016” FINAL SERIES TOKYO LIVE REPORT!!
MAGAZINE

Dizzy Sunfist “Dizzy Beats TOUR 2016” FINAL SERIES TOKYO LIVE REPORT!!

Report by SHINTARO KUMIHASHI

2016.10.23“Dizzy Beats TOUR 2016” FINAL SERIES TOKYO@渋谷 CLUB QUATTRO


HOTSQUALL、dustboxをも上回る熱気!全国ツアーで戦ってきた意地を見せつける

2016年10月23日(日)、渋谷CLUB QUATTROにて開催されたDizzy Sunfistによる「Dizzy Beats TOUR 2016」ファイナルシリーズの東京での最終公演。3月の『Dizzy Beats』リリースより、8か月に渡り全国55か所を回ってきた。HOTSQUALLとdustboxと共に、自身のこれまでの歴史をすべてぶつけた、最後にふさわしい東京公演の様子をレポート。

Dizzyの憧れ2バンドが送る熱いパフォーマンス

「今日は前列から一番後ろまで、人生で忘れられない夜にしてやるぜー!」アカマ(Vo&B)の熱のこもった言葉で幕を開けたこの日のステージ。トップバッターのHOTSQUALLが、キラーチューン「YURIAH」を投下してオープニングからトップギアでフロアを沸かせる。アカマ、チフネ(G/Vo)、ドウメン(Dr&Cho)による王道のメロディックパンクチューンが炸裂し、続く「Meet in our dreams」ではモッシュピットが発生しクラウドサーフも続出する。「Hey!NICO」、「I wanna be your hero」、「Green Winds」とあっという間に5曲を終えたところでアカマがDizzy Sunfistとの出会いについて語り始める。「Dizzyおめでとう! 最初にあやぺたと会ったときは、誰だかわからないちんちんくりんな女の子で、CDを渡してきました」。次世代へと音楽が繋がり、年月が経ち、競演するこの日の喜びはひとしおだろう。「今日という日を声高らかに歌おうじゃないか」と呼びかけ「Darlin' Darlin」をプレイ。胸元にハートマークをつくり、オーディエンスとのコミュニケーションを楽しみつつ、喜びを分かち合っていく。初期から人気の高い「Great ordinary song」でオーディエンスを駆けさせながらも、「For today」や「ROCK SOLDIERS NEVER DIE」をドロップし、心を震わせる力強い歌声と演奏でぐんぐんと熱気を高めていく。「今日は最後まで思いっきりあやぺたといやまともあいをお祝いしてやってくれ!」と熱いメッセージを投げかけ、「Laugh at life」を最高の熱量で披露し、dustboxへとバトンを繋いだ。

続くdustboxもDizzy Sunfistが憧れるバンド。JOJI(B&Vo)がDizzyのタオルを掲げながら登場し、スピード感あるYU-KI(Dr)のドラムが響き渡り彼らのステージが始まる。HOTSQUALLの熱いライブで十分すぎるほどに温まってるオーディエンスからは、SUGA(Vo&G)の高く刺さるような歌声とシャウトに合わせシンガロングが巻き起こりオープニングの「Try My Luck」を豪快に飾る。次々と曲を披露していく。間髪入れずに「Daisy」「Riot」で手拍子やモッシュを盛大に巻き起こしながらさらに熱を高めていく。続く「Rise Above」では分厚く心地よいコーラスで聞かせながらも、興奮するSUGAからは激しいシャウトが飛び出す。「いっぱい踊りましょう」SUGAの言葉の後にJOJIの踊るようなベースが響き「Bitter Sweet」を披露。暗転したステージにフロアから投げかけられる声援に対しJOJIが「うるせえなクソガキが、コラ!」と声を荒げながらも歓迎し、Dizzyとの出会いを振り返る。彼らのスタジオにDizzyのメンバーが揃ってCDを持って行くもJOJIに軽くあしらわれたところから両バンドの関係が始まったそう。しかし、あやぺたが常々語るように、彼女たちのルーツにはdustboxがあり、過去のイベントでもカバーしている。「そんな初期衝動的な曲をやります」と紹介し2ndミニアルバムからの「Sun which never sets」でライブを再開させる。JOJIは飛び跳ねながらメンバーも心底楽しそうに名曲を繰り広げる。「Stand By Me」を披露したあと、SUGAが「君たちの時間ですよ!今日にしかできないことしようぜ!今日、日本で渋谷クアトロが一番熱いとこ、お前らで見せてくれよ!」とオーディエンスを焚き付け「Hurdle Race」へとなだれ込む。SUGAのキレキレのリフが響き渡るとフロアは熱狂の渦に巻き込まれる。勢いそのままに「Tomorrow」、「Jupiter」と駆け抜けたあと、ステージにDizzyのベーシストいやまが登場。自ら願い出て、「やるからには中途半端はだめ。無茶苦茶やっちゃえよ」ということでメンバーが快諾。いやまにベースを預けたJOJIの半端ない勢いに劣らないほど激しいプレイを見せつける。思わぬサプライズに加え、予想を超える熱量の演奏で大いにフロアを沸かせ、dustboxのステージが終わった。ライブ中のSUGAの「今日みなさん、ここを選んで大正解ですね!」という言葉通り、溢れるほどの満足感に満たされる圧倒的なステージだ。

続きを読む




PAGETOP