このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

coldrain “SETLIST ELECTION TOUR 16” LIVE REPORT!!

coldrain “SETLIST ELECTION TOUR 16” LIVE REPORT!!
MAGAZINE

coldrain “SETLIST ELECTION TOUR 16” LIVE REPORT!!

Report by SHINTARO KUMIHASHI
Photo by vizkage



2016.11.01 SETLIST ELECTION TOUR 16 @新木場 STUDIO COAST



リクエストツアーの最終公演でラウドロックシーンの“今”を体現

11月1日(火)、新木場STUDIO COASTで開催されたcoldrainのワンマンライブ「SETLIST ELECTION TOUR 16」の東京公演。ファンの投票によりセットリストが決定するというこのイベントは、東名阪の3会場で開催され、東京でファイナルを迎えた。CrossfaithのKoieをゲストに迎え、ファンと共に作り上げた興奮のステージをレポート。

「新しい曲も古い曲も好きでいてくれることが嬉しい」

 気合十分で詰めかけたオーディエンスで埋め尽くされた会場。イベントの趣旨もあり、この日のフロアはいつものワンマン以上にcoldrain一色で染まっている。ステージに掛けられた紗幕のスクリーンにバンドのイメージ映像が映し出され、カウントダウンが始まる。数字がゼロに達すると、Katsuma(Dr)のドラムと共に「Runaway」のギターリフが響き渡る。スクリーンにはメンバーのシルエットが映し出される中、Masato(Vo)が「新木場―!」と咆哮。
20161101_VK_coldrain_0020_680.jpg
紗幕が落ちていよいよメンバーの姿が表れたときには歓喜に満ちた声援が会場を震わせる。激しく疾走感のあるナンバーで幕を開け、続けて投下されるのは「To Be Alive」、「Wrong」。Y.K.C(G)とSugi(G)の鋭いギター、RxYxO(B)の体の芯まで重く響くビートが早々にW.O.Dを発生させる。荒ぶるオーディエンスを「準備はできてんのか!」「まだまだいけるよな? もっともっといけるよな? 揺らせ、揺らせ! かかってこいよ!」と煽り披露する「No Escape」では、その言葉通りヘドバンやジャンプを繰り返し会場を揺らせてしまう。
20161101_VK_coldrain_0008_680.jpg
 開始から4曲を一気に駆け抜け、およそ15分程度で熱気に包まれた。一息ついたところでMasatoが「今日は燃えるな」とつぶやく。「汗をかく準備ができてるやつ。買ったばかりのTシャツがよれよれになる準備ができてるやつ。なんで首にタオル巻いてきたんだろうって後悔する準備ができてるやつ。眼鏡が割れたら明日Zoffに行ってください。携帯が壊れたらお前が悪い(笑)」笑いを交えながらMCを続ける。「明日は体がボロボロで声ががらがらになります。けど、お前らは今日、2016年で最高の1日を過ごすことになる!」
一度落ち着いた空気をここで再び高めていく。所々に柵があるフロアを考慮してW.O.D.を2つ、いや3つ作るようMasatoが呼びかけると、オーディエンスは各所で嬉々としながら左右に分かれていく。「24-7」が始まりMasatoのカウントダウンで激しくぶつかり合い、カオスな状況が生み出される。

続きを読む




PAGETOP