このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

Crystal Lake “True North” INTERVIEW with Mr. YAMANAKA(CLEAVE,ATTIC SE)

Crystal Lake “True North” INTERVIEW with Mr. YAMANAKA(CLEAVE,ATTIC SE)
MAGAZINE

Crystal Lake “True North” INTERVIEW with Mr. YAMANAKA(CLEAVE,ATTIC SE)

「意味の無い音は本当にないアルバム」だと思いますね。/ YAMANAKA

Interview by BONES(HOLLOW SUNS,DOGGY HOOD$/ex.CLEAVE)
Edit by SUNEO
Photo by WYPAX


ラウドとカテゴリーされる中で最もアグレッシブな音&ライブパフォーマンスで、音楽シーンに切り込んでいっているCrystal Lake。グッド・シャーロットのメンバーとしても知られるマッデン兄弟が立ち上げたマネジメント会社、MDDNと先日契約を交わしたことが発表された彼ら。MDDNにはSleeping With SirensやArchitectsといった人気バンドが所属しているが、日本人アーティストとして所属するのは初。前作から1年ほどの、この系統のバンドではハイペースとも取れる期間で発表された“True North”。確実に自身のキャリアを更新しながら、新たなサウンドメイク、ライブ活動への挑戦をし続けている彼らに、新作のインタビューを敢行。
今回の音源制作に際して、重要な役割を果たしたと言っても過言ではない、サウンドエンジニアの山中氏(CLEAVE,ATTIC STUDIO)を招き、メンバーと共に新作について熱く語ってもらった。Crystal Lakeの創世記から、共にバンド活動を切磋琢磨した時代を経て、今やサウンドエンジニアとして数々のバンドのレックを担当してる山中氏とCrystal Lakeメンバーに加え、インタビュアーにYD氏とDOGGY HOOD$ではメンバーでもあるBONES(HOLLOW SUNS,DOGGY HOOD$)を迎えた歯に衣着せぬトークをご覧あれ。


バンドのあり方を理解できる人と、受け身でただ作業する人だと全然違う /YD

HN4A0020_680.jpg
ーーTrue North完成おめでとうございます。前作からどれくらい空きましたか?

S(SHINYA/Gt):1年ですね。

ーー制作はツアー終わってから始めたんでしょうか?

R(RYO/Vo):そうですね。終わってからです。

YD(Gt):すごいギリでした。ライブをやりながら4月、5月あたりから曲を作り始めました。レコーディングは6月末くらいからスタートして…本当になんとか作りきった感じでした。

ーーでは「制作期間」をあえて定義するなら2ヶ月ということですか?

YA(YAMANAKA/ATTIC STUDIO SOUND ENGINEER):レコーディング期間自体は4ヶ月あったので、、、

YD:合計6ヶ月程の行程ということかな。

ーー今回エンジニアである山中も作曲の段階から関わったんですか?

YD:それは全部嘘だね(笑)。

YA:嘘じゃないでしょ!(大声)。

ーー本当のところは?(笑)。

YD:アイデアや、構成のブラッシュアップの部分での力添えは本当にあって、山中ワールド、クリスタルワールドが反映されている部分はあるかな。そこは昔からCLEVAEとのスプリットを作ったときからの仲で、今までのクリスタルの作品も山中とレコーディングをして来た経緯があるので、あえて作曲にも携わってほしいと思った。自分たちのやりたい事を理解してくれていて、それを別の観点から見てくれる人という位置づけとして。

ーー山中氏のアイデアが加わってくるのは、どの段階からだったんですか?

YD:作曲のベースは予め作って来て、そこからブラッシュアップって感じ。

ーーじゃあ編曲ってことですか?

YA:いやそれも違って。パッと聞いた時に「もっとよくなりそう」という部分を指摘するという感じだった。

YD:レコーディングするということが目的で、その作業の中から見えてくるアイデア。「ここもっとこうだよね?」とか、「このほうがもっとメロディが映えるよね」とかそういうコミュニケーションを望んでて。メンバーはもちろん。より自分たちの質を高める為にして客観視してくれる視点が欲しかった。

R:ボーカルについてはかなりデカいですね。録り方もそうだし。ハーモニーやコーラスワークもめちゃめちゃ意見もらいました。録っているときでも、こういう音楽を知っている人なので非常に適切なアドバイスを頂いたと思います。
それで自分が成長できたのもありました。

YD:バンドのあり方を理解できる人と、受け身でただ作業する人だと全然違うし。トレンドの捉え方とか、自分たちのバックボーンへの理解なども俺らは重要視していて。それが1番身近で分かるのが山中だったし。そもそも周りにいる人でやりたかった。

ーーそこはこだわりましたか?バンドによっては新しいエンジニアや、プロデューサーで今までに無いバイブスを得たいという人もいると思いますが。

YD:まぁ本当は海外でレコーディングしてみたいという挑戦もしてみたかったんだけど、あまり現実的じゃないし、日本で自分たちのライフスタイルを崩さずレコーディングを進めて音楽を作っていくというコンセプトがあったので、山中っていう人選は本当に最初から決まっていたかな。それは前作終わってからずっとそうだったかも。

HN4A0162_680.jpg
YA:そうですね、常に今度の予定は聞かれ続けてましたね(笑)。

YD:前作やってる最中から、今作の話しも「次はこんなことできるね」なんて話してたし。今作作ってるときも次のことは話した。日本にいながらにして、どうにか海外のミックスや、マスタリングの劇的な変化、質の高さを出したいっていうのはずっと話していたんだよね。多分山中も本当はマスタリングまで全部やりたいんじゃないかな。

YA:ははは。そうですね。

YD:曲を熟成させるところから関わってるわけだし。最後の最後に自分の手から離れて行くのはやっぱり寂しいんじゃなかなと思うんですよね。

ーーちょっと話しが前後してしまうのですが、エンジニアとして山中氏の担当部分っていうのはどこまでの範囲だったんですか?

YA:レコーディングまで。録り音までですね。

R:あと実はYOUTUBEにちょっとだけ上げてた新曲のミックスもしてますね。

ーーミックス&マスタリングは誰が行ったんですか?

R:シングルのときから世話になってるブライアンウッドっていう人ですね。

YA:ナッシュビルの人。

YD:山中は実際に彼に会ったら1発ぶん殴るかもね(笑)。

ーーなんでですか?(笑)

YD:俺らには優しいんだけどさ。山中にはエンジニア同士なのか、厳し目のメールがくるんだよ(笑)。

YA:俺英語も分かるから相手がキレてるのも理解できちゃって、そこは英語分からないフリもして、とりあえず全部「ありがとう」って返したり(笑)。

YD:最終的に「年下のくせに」とか言ってたよね(笑) でも、前作から一緒に作業しているエンジニアだったから。前回の反省を踏まえて、録り音や、後処理はここまでやって投げれば、彼はきっとこういう音で返してくれるっていうのが経験値で分かるようにはなった。

ーー今回チューニングとか、機材とか、楽器の面で新しいことには挑戦しましたか?

YD:えぇ~それは企業秘密だな~(笑) でもギターは色々試した。提供してもらっている物の中からのチョイスだけど、ローチューニングをよりブライトに、輪郭をキープして聴かせる、録り方、弾き方っていうのは山中とも話しながらサウンドメイキングした。楽器のコンディションとしても新しくエバーチューンっていうブリッジを使ったりしたね。

ーーどういう効果があるものなんですか?

YD:ピッチの安定って言う面でかなりよくなった。あとはギターテックの方にもスタジオに来てもらって、一緒に音を聴いてギターをチューンナップしたり。

ーーそれは配線とか、抵抗とかそういうレベルの話ですか?

YA:そうですね。ただ専門的すぎて本当に何をやっているのかは理解できなかったです。

YD:テックさんには「もうちょいファットにアルペジオを出したい」とか「太すぎるとか」ね。

YA:っていうと「わかりました2秒でやりますね」とかにやっとしたり。

ーーテックさんもそんなノリなんですか?!(笑)

YD:「大丈夫っす!」とかいって10分くらいで戻ってくるんだよ。

ーー結果オーダー通りの音になるんですか?

YA:なるんですよ!それが凄い!


負けるかどうかは「浪漫」の差なんだよね /YD

ーー今回、今までの作品にはないアプローチが沢山あると思います。そのコンセプトすらも前のアルバムからあったんですか?

一同:それは無かった。

R:4月の時点から考えた感じですね。

YD:自分たちのやりたい事のイメージは漠然とあって、それを形にしたという感じ。テイストとして、日本人ならではのものというのが大きなコンセプトで、楽曲を聞いただけじゃ分からないかもしれないけど、日本人の出す繊細で緻密な音楽レイヤーの作り方、音のかぶせ方、進行。あとフックの作り方、ワビサビの効いたメロディは意識した。自分たちが住んでいるところで感じて、自分の周りにいる人からの影響をそのまま出してみたんだよ。今までのクリスタルだったら「こうしないと、今の時代にフィットしない」なんてことを意識していたんだけど、前作の段階で自分たちのやりたい事は見えたし、トライできる仕組みやロジックが自分たちの中で整理されたから、新しい事に挑戦しやすかった。それに行動に起こせば自分たちのイメージは具現化できるという確信もあった。

YA:クリスタルのテイストっていうのはもう出来て当たり前になって。それ以上の物を詰める作業にすぐ移れたと思う。

YD:例えばリョウの歌を聞いた時に、もっと幽玄で壮大な雰囲気をもっと出したい時に「なんか山の瀬感が足りない」とか言って(笑) 山中とコミュニケーションしてたね。

HN4A0104_680.jpg
ーーその絶望的に訳分かんない表現、YDさんならではですね(笑)。

YD:(笑) 二言目にはワビサビとか言ってた(笑)。

YA:最終的に「これは労いだ」とかも言ってましたね(笑)。

ーーその指示の仕方、RYOさんの理解度が試されて、可哀想(笑)。

YD:いやでもリョウも凄いんだよ!

R:分かりづらい表現っていうか、独特の感性から生まれる比喩は沢山あったんですけど、なんかイメージできるモノはあって、そこからあ~でもない、こ~でもないっていう模索が始まるんですけど。

ーー模索するのはいいですけど、ボーカルというパートの性質上、歌える回数だって無限ではないですよね?

R:そうですね。でもその中からベストを選んでいく感じでしたね。

YA:でもリョウは無限ですから。

一同:爆笑

YD:でもそこで山中が凄くキーになっていて、俺が感性で思ったことをテクニカルに翻訳してリョウに伝えてくれる通訳のような役割になってくれたんだよ。自分の感覚で思ったことっていうのは1番大事にしていて、それを言葉にするとどうしても抽象的になるんだけど、山中がそれをボーカルとしてのテクニックに落とし込んでリョウに伝えてくれた。

YA:ユウダイ君が「もっと、麦畑だ!」とか言ってた時に、「もっと抑えて、息を溜め込んでだすんだ」とか指示しましたね(笑)。

YD:あとはマイクからの離し方とかね。

R:そういうテクニック面は本当にお世話になりましたね。

ーーボーカルのクリーンパートの割合が増えたことは、1番はじめに思ったことだったんですが、そこに山中の存在は大きかったですか?

R:かなり大きいです。歌う事は好きだったので全く苦ではなかったんですが、知らない事が多すぎたんで、自分に合う歌(歌い方)を模索しました。

YA:でも、もう、すでにもっている物があったよね。

R:ベースにプラスαしてもらった感じですね。発声法なんかも指摘をもらって、逆にスクリームも良くなったりしました。とにかくやってみようというスタンスで色々試しました。

YD:よかったなと思った点は、2人だけで作業しちゃうと、2人だけの世界になりがちなんだけど。俺がそれをいい意味でぶち壊すいうか。人間が2人いるとどっちかの意見に寄ってしまう。第三者がいることに寄ってより良くなると思った。それは俺のギターに対してもそういう視点をもってもらったりね。
海外のプロデューサーもそうだと思うんだよね。例えば有名なプロデューサーがつけば、その人の音にどんどん寄って行くと思うんだけど、バンドのこだわりや、最後に譲れない部分っていうのは絶対もつべきだと思う。

YA:総じて言うとディスカッション。意見をぶつけ合う時は雰囲気も悪くなるし、普通のバンドだとそこで妥協してしまう。でもお互いに主張が強くあるから。エンジニアなのに俺も譲らなかったり(笑) 。でもそれはお互いの「TRUE」のぶつかり合いになる。

YD:俺も「それはぜってぇ駄目だ!」とかいったり(笑)。でも、最終的に分かった事があって、それは「浪漫」なんすよ!!

一同:爆笑

YD:「浪漫」っていう言葉は俺も最初恥ずかしかったんだけど、苦難に立ち向かって、負けるかどうかは「浪漫」の差なんだよね。だから「浪漫」が半端ないんだよ!

HN4A0092_680.jpg

一同:爆笑

続きを読む




PAGETOP