このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

RAZORS EDGE Best Album”RAZORS MANIA” INTERVIEW!!

RAZORS EDGE Best Album”RAZORS MANIA” INTERVIEW!!
MAGAZINE

RAZORS EDGE Best Album”RAZORS MANIA” INTERVIEW!!

どのライブとかどの作品とかってよりは人との出会いですね。

Interview by SUNEO
Photo by RAZORS EDGE


結成20周年を迎えて初のベスト盤を発表したRAZORS EDGE。『THRASH MARCH』(1998年リリース)から『FUCKED UP!』(2011年リリース)までの楽曲と新曲「GET BACK」を含む、CDの収録時間の限界に迫る全44曲をセレクト。
サウンドと同様に短命で終わってしまうバンドが多い中、20年も立ち止まらず活動し続けた稀有なバンドであり、日本が世界に誇れるスラッシュハードコアバンド。絶えず新しい音楽性にも向き合い、今なお進化しているRAZORS EDGEにインタビューを敢行。

--20周年おめでとうございます!まず、20年を1文字でお願いします。

KENJI RAZORS(以下、K):

--その1文字に込められた意味は?

K:「速」でも良かったんですが(笑)、やはり20年も続けてこれたことは、何事にもまず自分達の好きなものを信じて、自分達のオリジナリティーを信じて、お客さんとも信じあえる関係性を作ってこれたから迎えることができたんじゃないかと。

RE_01.jpg
--ベスト盤に選んだ曲に選考基準はありますか?

K:レイザーズらしいド直球な部分を大事にしつつ、音楽的に攻めてる部分や、思い入れのある曲とかもできるだけ入れるように選曲しました。

--ベスト盤に入れるか悩んだ曲はありますか?

K:ありますね。「MAGICAL JET LIGHT」収録の"NO PAIN, NO GAIN"っていう9分以上あるトランシーな曲とか。これ入れたら5~7曲減らさないといけないから(笑)。

続きを読む




PAGETOP