このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

SiM “THE BEAUTiFUL PEOPLE TOUR 2016 GRAND FINAL” LIVE REPORT!!

SiM “THE BEAUTiFUL PEOPLE TOUR 2016 GRAND FINAL” LIVE REPORT!!
MAGAZINE

SiM “THE BEAUTiFUL PEOPLE TOUR 2016 GRAND FINAL” LIVE REPORT!!

Report by SHINTARO KUMIHASHI
Photo by vizkage / 半田安政(Showcase)



2016.10.16THE BEAUTiFUL PEOPLE TOUR 2016 GRAND FiNAL“DEAD MAN WALKiNG”@横浜アリーナ


憧れの横浜アリーナで全てを出し切ったツアーファイナル

10月16日(日)、SiMの全国ツアー最終公演「THE BEAUTiFUL PEOPLE TOUR 2016 GRAND FiNAL“DEAD MAN WALKiNG”」が開催された。4月にリリースされた4thフルアルバム『THE BEAUTiFUL PEOPLE』を携え、全国25か所を巡業。BRAHMANやCrossfaith、WANIMAなどの実力者との競演の中で楽曲を磨き上げ、自身初の横浜アリーナで見せた集大成となる姿をお届けする。

でっかいアトラクションに入ったと思って最後まで楽しんでってください!

ツアー初日を地元神奈川は横浜のBay Hallから口火を切ったSiMが、全国各地での対バンや「DEAD POP FESTiVAL 2016」などの数々の夏フェスを経て再び帰ってきた。昨年の武道館公演も経験し、会場の規模に関わらず最高のパフォーマンスを発揮する彼らが、ツアーの千秋楽の地に選んだ横浜アリーナ。チケットはソールドアウトし1万1000人を超える動員を記録した。アリーナは6つのブロックに仕切られ、オールスタンディング。ステージまでの距離は普段より近く、スタンド席からもステージの様子がよく見える。左右に巨大なガーゴイルや鉄柵などによりおどろおどろしい雰囲気のステージを眺めていると、会場が暗転。メインのスクリーンにツアータイトルが表れた後、デッドマンと化したメンバーが映し出される。SIN(B)、SHOW-HATE(G)、GODRi(Dr)と続き、最後にMAH(Vo)が映し出されて会場はさらに湧き上がる。真っ赤に照らされたステージの上段からメンバーが登場。熱狂した叫びとも言える歓声を受け、いよいよ幕が開ける。

豪快に炎が噴き出すステージ。オープニングを飾るのは「THE KiNG」。ヘヴィなイントロからキャッチ―に変化し、目まぐるしい展開で早くも会場をかき回す。続いて、左右のガーゴイルを含めステージ上から飛び出すレーザービームでの演出の中「NO FUTURE」を披露。しっかりとノリを作った後、ステージが艶やかなライトに照らされうねるようなイントロ。「Abel and Cain」だ。重く鋭い壮大なレゲエロックのバラードの世界観に一気に引き込んだかと思うと、MAHが「伝家の宝刀!」と叫ぶ。「TxHxC」でさらにオーディエンスとの間にある空気を密にしていく。MAHの「回れ!」の一声で発生するサークルモッシュ。沸き起こるシンガロング。GODRiが紡ぐビートの上でSINは踊り、SHOW-HATEは痛快なギターソロを奏で、MAHもステージ中央でシャウトしながら楽しそうに歌う。アリーナならではの演出もありながら、これだけの広い会場をいつものライブハウスのようにして遊ぶ彼らは実に楽しそうだ。

showcase_D027192_680.jpg
矢継ぎ早に4曲を終えたところでMAHが挨拶がてらに呼びかける。「ただのライブではない、ただのショーでもない。そうだな、今日はみんなででっかいアトラクションに入ったと思って最後まで楽しんでってください!」。興奮気味に伝え「JACK. B」から「FUCK iT ALL」への流れの中で、再びMAHが話し始める。「今日は6コのモッシュピットがあると思うんだけど、それぞれでっかい輪をつくってくれ!」。アリーナに壮大なサークルができあがると、ライブの撮影の可否について「音が鳴ってる間はだめ」とした上で「でも、この曲に限り、上の方の人、これから起きることを世界中にばらまいてください!」と撮影を許可。会場は湧き上がり、スタンド席の観客はスマホを取り出し、アリーナのオーディエンスは狂喜し、曲が始まるその瞬間を待ち構える。「FUCK iT ALL」が披露されるのは3年ぶりだということもあり、音が鳴り始めるととてつもなく激しいモッシュ。MAHの合図で一斉に縦に飛び跳ね始めると横浜アリーナが揺れる。ステージから迫る気迫、アリーナのカオスな状況、これほどでっかい規模で最高のアトラクションはここでしか味わえない。世界中の人がうらやむことだろう。

showcase_D035075_680.jpg
凄まじい勢いで暴れ終えると、暗転したステージ上のスクリーンに映される映像を静かに見守るオーディエンス。階段を下りる女。電話を取り、崩れ落ち泣く。別れ話をする男女。男性が血を流し倒れるシーンで映像が終わり、レゲエのリズムが聞こえる。「I DUB U」だ。先ほどまでの空気とは打って変わって、ダブのグルーヴの中でゆったりと流れるように歌う。物悲しい気分に引き込まれる。「美しい生き方ならだいたいの答えはわかってる。わかっちゃいるんだけど、なかなかそううまくは生きられない」と曲に込めた思いを語り「Life is Beautiful」へと繋がるその流れが実に心地よい。SiMらしい壮大な世界観を全身で感じたオーディエンスからはゆっくりと拍手が送られる。その後プレイされた「The Problem」で歌われた歌詞の重みが、MAHの力強い歌声と共に心に響く。

showcase_D016052_680.jpg
「我々みたいなもんが、横浜アリーナ、こんな改装したばっかの綺麗な会場にこんなステージを立ててワンマンライブができるなんて……ざまあみろですよ!」。悪い顔で笑うMAHの言葉に大きな歓声が上がる。神奈川で始まった彼らにとって、横浜アリーナがいかに遠い存在か、そしてそこで彼らのファンだけを集めてワンマンライブをできることが幸せだと話す。いくら続けてても叶わない夢もあるけど、夢を叶えた人は誰しもが続けてきた人だとした上で、「俺らいろんなことあったけど、やっててよかったなあと思います!」と語る。これまでどんな気持ちで彼らがライブを続けてきたのか、その先にあるこの日のステージに立つことの意義を想像するとぐっとくる。「今日はバンドやってるやついると思うのね」「俺らはもうやったから。次は誰の番でしょう?君の番じゃないんですか?」この言葉に触発され、数年後シーンの高みに駆け上がるバンドがこの中から現れたとしたら、どんなに素敵なことだろう。最後に「そして、みんな、これからもSiMについて来てください!」と叫び再びライブが始まる。

続きを読む




PAGETOP