このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

dustbox “Thousand Miracles” INTERVIEW!!

dustbox “Thousand Miracles” INTERVIEW!!
MAGAZINE

dustbox “Thousand Miracles” INTERVIEW!!

データで送り合ってとかって、出来ないよね。
現場に行って、「いっせーの、せ!」でやらないと(笑)。/JOJI

Interview by SUNEO
Photo by 半田安政(Showcase)


メロディックパンクバンドでありながら、多様なフェスにも出演し、バンドとしての可能性を示し続けてきたdustbox。18年という活動歴ながら、コンスタントに音源もリリースしている、お手本のようなバンドだ。前作のミニアルバム“skyrocket”から約1年後のリリースとなった“Thousand Miracles”は、結成当初から続く初期衝動を、玄人となったメンバーが紡いだダスト史上最上の仕上がりとなっている。
音源&制作の話から、D.I.Y.で作り上げたハコの話まで。一気に読んでほしい。


今回のアルバムリリースですが、ミニアルバムリリースから1年というメロディックバンドとしては、少し早いタームでのリリースだと思ってます。制作期間を設けてという感じのスタイルなのでしょうか?

SUGA(Vo/Gt、以下S):期間を設けてはなくて、前のミニアルバムを出した時から、ライブでちょくちょく(新曲を)やっていたりして。メンバーも変わったこともあり、デビューアルバムみたいな感じにしたいなと思って。(通常、デビューアルバムとなるとライブで先行して披露している楽曲を入れる。)なので、制作期間というか、シングルを出してからアルバムを視野に入れながら、少しづつ作っていったって感じですね。でも、まー、あれか、、、前回のツアーが終わって、またみんなで合宿に入って。

合宿など入られて制作するんですね。

JOJI(Ba/Vo、以下J):合宿入らないと出来ないよね(笑)。データで送り合って、とかって、出来ないよね。現場に行って、「いっせーの、せ!」でやらないと(笑)。昔っからですね。

S:昔からテレコ(テープに吹き込むオールドスタイル)に、ギターの弾き語り入れて、「ッ!ッ!ッ!ッ!ジャジャージャ(ギター音)」とかやってましたからね(笑)。そんなこともしながら、途中から打ち込みにもなりましたけど。ワンコーラスくらいをラフで作って、なんとなくで、メンバーに渡して、(パートに関しては)任せちゃうんですよね。メンバーの感触を見ながら、「この曲良いね!」とか「これやってみたい!」とか言ってもらえて。それでドンドン進めていくんだけど、現場で顔合わせてやった方が、反応もそうだし、「ここの展開、こうしない?」とかアイデアが出てくるので。

ある程度、任せてしまうんですね。

S:ドラムとかは、荒いビートは(デモに)入れておきますけど、渡した時点で「これ、気にしなくて良いから!」って(笑)。ガイドとして「イメージはこんな感じ」で、もっと言ったら、イントロも変えちゃっても良いというか。俺がいいと思っているのは、このメロディだから、その周りはどんだけ変えてもいいよって。

ソングライターとしては、全体をまとめたがる方が多いように感じます。

J:そういうバンド、俺らの周りにも多いですけど。レコーディング楽しいのかな?って。

一同:爆笑

J:そうそう、だから、一人一人が気に入ったフレーズを入れてた方が面白いよなってのがある。

S:俺がフルコーラス作るのって、ほんの2、3曲?

J:本当、この曲やりたいってやつだけは、全部作ってきてるけど。他の曲は、簡単な(メロディとコード)ところまでしかやってなくて、とりあえず形だけ作って、ドラムだけ取って、ベースは一緒に考えようか?みたいな。で、レコーディングで完成させる。ま、昔ほど、レコーディングが嫌じゃなくなったっていう(笑)。みんな、意外と嫌がるじゃないですか、レコーディング。俺は、楽しいけどなーって(笑)。曲作りからレコーディングまで、楽しいですよ。

S:フルコーラスで全部作っちゃってるのは、20曲位デモがあるとしたら、2、3曲で。今回は、(ほとんどの曲を)ワンコーラス位しか作ってないですね。フルコーラス作っちゃったやつでも、やってみて、ここ物足りないなって思ったら、イントロ変えちゃうとか。

J:(全部)作られちゃうと、発言権なくなっちゃいますから。発言権ないし、「この曲カッコよくねーのにな」って言えなくなっちゃうじゃないですか。そのまま、エゴで終わってしまうので、「この曲、こんな風にした方がいいでしょ」「この曲、ダサいっしょ」って、作ってきたSUGAに言うのは酷ですけど、言ってやらないと、SUGA一人でやれば?になっちゃうからね(笑)。

S:顔見てれば分かるんで(笑)。一応、デモ渡しといて合宿入った時に、「じゃあ、どれからやろっか?」みたいな時に、「これやろう、あれやろう」って、徐々に色々な曲が出来てって、次に「この(デモの)曲やろう!」ってなって、「うーん。。。」みたいなリアクションもらうと、これ、あんま良くないんだな(笑)とか。メンバーがやりたいって曲から順番に制作を詰めていく感じですね。

今回のアルバムで、最初に出来た曲はなんですか?

S:“Dive”かな。

J:“Dive”でしょ。

S:それもなんか、勢いのあるアルバムにしたいなーっていうのもあって。最初に「コレいいね」ってなって、みんなが一致したのが、この曲で。演奏も面白く出来そうだから、やってみようってなって。そのまま、最初に出来た曲ですね。

逆に一番最後に出来た曲はなんですか?

J:“Pity Party”かな。。

S:それは、レコーディングの2日前くらいに、「こんな曲やってみたい」ってJOJIに言われて。アイデアもあって。その日に作って、すぐ作って、ラフを送って、「あっ!いいね!」ってなって(笑)。

J:あれって、レコーディング中?

YU-KI(Dr):レコーディング中、、、覚えてないですね(笑)。

S:ドラム。。。デモを作って。。。

Y:ワンコーラス出来たんですよね。そこまでは覚えてるんです。合宿でやってましたっけ?

J:やってねーと思うよ(笑)。

S:結構、即興みたいな感じで作っちゃいました。曲は良いし、あんまり、凝り固まった感じにしたくないなーって思って。ベースも確か、レコーディングの時に、「どんな感じにしよっか?」みたいな。でも、すぐに出来て、「おおっ!これ良いじゃん!」ってなった。それで、レコーディングの時にYU-KIがハマったんだよね。

Y:そうです(笑)。

今まで、そんな急ピッチで仕上げた曲ってあったんですか?

J:そんなこと、しょっちゅうですよ。

S:毎回くらいですね。

J:今回もあるんだろうなーって思いながらやってました。やっぱあったなって。

S:ちょうど良かったんですよ。なんとなく、もう一曲くらい作れないかなーって考えてて。そういうアイデアを出してくれたんで、パッと出来ちゃったという。それが出来なかったら、個人的に全然関係ないの(曲)を、レコーディングの最中に出していたと思う。それと、SEのあれか。それが、本当に最後(に出来上がった曲)。

レコーディング当日まで、知らない曲が?

Y:全部録り終わったなと思ったら、「じゃあ、ちょっと。。。」みたいな感じで始まって、えっ!ってなって(笑)。

S:メンバーはどうなるか分からない。YU-KIにドラムのブースに入ってもらって、「じゃあ、今から8ビートを何章節叩いて」とか言って。

概要も知らせずに、RECし始めてしまうんですね!

Y:僕は言われることを、ずっとやって。何が起きてるのか(笑)って。

S:SEは打ち込みっぽくしたくて。言ったら、サンプリングみたいな感じにしたくて。音だけ録って、生音の打ち込みっぽい曲にしたいなと思って。「ここから、何章節録って。ここではタカッタカッってスネアの音だけ録るから」とか指示出しながら。

Y:次はバスドラを録って。これでいいんすか?みたいな。

S:シンバルは「パシャーン」って鳴らして、とか。

Y:これは何をやってるのかな?曲になるのかな?って思ってました(笑)。

S:dustboxのアルバムには一曲目に、SEみたいな曲が入ってるんですけど、だいたい半分打ち込みみたいな感じにしてて。生の打ち込みで。それを今回も。

YU-KIさんが加入されて、初のアルバムだと思うんですが。

Y:レコーディング楽しかったですね。曲数が結構あって、こんなに録るんだーって思ってました。これ、何日で録るのかなって。不安はありましたけど。

J:あれ?でも、早かったよね?

Y:それは、、、お盆休みが掛かってたんで。。俺が録り終わんないと。。。「お前が早くドラム録り終われば、お盆休みがあるんだよ!」ってプレッシャーがあって、俺的には早く録り終えないと、みんなに休みが、、、って気持ちでやってました。それでも、楽しかったですよ。

S:YU-KI疲れたら、JOJI録って。ドラムとベースを交互に。

続きを読む




PAGETOP