このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

COUNTRY YARD “COUNTRY YARD”INTERVIEW!!

COUNTRY YARD “COUNTRY YARD”INTERVIEW!!
MAGAZINE

COUNTRY YARD “COUNTRY YARD”INTERVIEW!!

Interview by BONE$


セルフタイトルの3ndアルバムをリリースしたCOUNTRY YARD。キャリアを積み上げてきた彼らが、満を持してのセルフタイトルでのぞかせた自信作に関して、バックボーンも含めて吐露。パンクハードコア、エモとは一括りでまとめられない彼らの音楽性に迫る。


――新作完成おめでとうございます。とてもカントリーらしいアルバムという印象でした。まず今回のアルバムで目指したビジョンはありましたか?

Sit: “こういうアルバムにしたい!”っていう明確なビジョンがあった訳ではないですね。自然に出てきた曲を詰め込んでいったという感じです。
チューニングが1音下げになったのが楽曲的には大きな変化でしたね。ずっとMIYAMOTOは 「よりヘヴィに」 いうことは言ってたんです。”ヘヴィ” と一概にいっても色々あるんですけど、単純に歌のレンジも広がるし、1番低い音を出したときの重さも気に入ったんですよね。それとシングルの時に凄く良いヴァイブが出たんで、今回も引き続き出せました。
まだ音作り的には極めているわけではないですが。

――シチュエーションを変えたことで変化が得られた?

Sit:そうですね。それはCOUNTRY YARDならではのアイデアだと思うんですよね。MIYAMOTOがハードコアが好きだったりするので、そこの部分から生まれたアイデアを実際にやってみたら「あらいいじゃない」って感じでした(笑)。
さっきも言った通り、テーマも何も無く作ったので、1曲目が出来てから本当にシンプルに自然に出来た感じですね。作曲出来る期間も2ヶ月しかなかったので、個人的には宿題山積みって感じでした。

――前作から書き溜めたアイデアを2ヶ月で固めたということですか?

Sit:それもゼロでは無かったんですけど、まぁほとんど材料が無かった状態ですね。アルバムの制作期間直前には”Lights Awake”、”All For One”を作ってたんでそこに最初は集中してましたね。

――じゃあシングルの時点で、アルバムの完成系が何となく見えたんでしょうか?

Sit:”All For One”は比較的モダンなサウンドという印象で、最近のトレンドも意識したんですけど、あまりトレンドばかり意識すると背伸びしちゃった感じが出ちゃうなという反省もありました。だから今回の場合は本当に自然なプロセスが良いと思ったんです。酒でも飲んで、アコギを持って書いた方が ”COUNTRY YARDらしい” 物になると思ったんです。

――バンドによっては新しい音源でがらっとスタイルを変える場合もありますが、COUNTRY YARDはそうでは無かった?

Sit:というより変えられなかったのもある。

――今回はThe Smithsのような曲にも挑戦していますよね?今後の布石だったりしますか?

Sit:前作Quarkの時はThe Starting LineのSay It Like You Mean Itみたいな音像を目指したんですけど、当時はそれが自然に出来た。今回も挑戦というより、今までやりたかったのに上手く出来てなかったものが自然に体現できるようになったのかもしれないと感じてます。Northern19のケンちゃん(笠原健太郎)も「これは凄いよ」って言ってくれましたね。

――それって「大人になった」ってことですか?

Sit:そうかもしれないですね。それにもう凄くテンポの早い曲とか俺らがやらなくてもいいんじゃない?みたいな気持ちにもなったんですよね。
それに今のメンバーの音を出せばCOUNTRY YARDになるという気持ちがあるのもあります。Quarkの時はセールスを意識した時期もあったんです。数字の部分が大事なことも充分に分かるんですが、バンドはバンドの作りたいものを作ろうという気持ちが芽生えましたね。「かっこいいものを作ろうぜ」って素直に思ってます。

――ちまたのバンドはエディットを施したハイブリットなプロダクションが全盛ですが、今作はかなり生々しい音像だと思います。その辺も意識しましたか?

続きを読む




PAGETOP