このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

ENTH Pre. “DOHENTAI TOUR” LIVE REPORT!!

ENTH Pre. “DOHENTAI TOUR” LIVE REPORT!!
MAGAZINE

ENTH Pre. “DOHENTAI TOUR” LIVE REPORT!!

Report by Oh-mori
Photo by ヤオタケシ



2017.10.18 ENTH Pre.“DOHENTAI TOUR” @渋谷CLUB QUATTRO




「HENT」というタイトルを冠した1stアルバムを携えて行うツアーに「DOHENTAI TOUR」というタイトルを付けてしまうことからもわかる通り、ENTHというバンドは“音楽で遊ぶ”ということに非常に長けているバンドだ。ここでは東京・渋谷CLUB QUATTRO公演の模様をレポートしながら、遊び心のつまった彼らのライブの魅力をお伝えしたい。

この日のゲストは04 Limited Sazabys。付き合いが長いながら、ENTHのツアーに呼ばれるのは意外にも初めてだと言う彼らは、“Remember”、“Do it Do it”といった初期曲を織り交ぜたセットリストを、GEN(B, Vo)いわく「ENTHのために」に用意する。MCではGENが、出会った頃のdaipon(Vo, B / ENTH)の容姿や彼の普段のカラオケの選曲などを暴露してファンを笑わせつつも、「出る杭は打っておかなきゃ」「ENTHの歴史は俺らが1番見てるつもりだけど、今のENTHが1番カッコいいと思ってます」と闘志を燃やしていた。

ENTHのアクトは真っ赤な照明に照らされたステージで、アルバムの1曲目“HENT”からスタート。彼らはダビーなイントロでためたのち、高速ビートへとなだれ込み一気にファンを暴れさせる。続く“HANGOVER”でもヘビーな冒頭部分から、takumi(Dr, Cho)のシャウトを挟んで、高速パートへと展開。間奏ではNaoki(Gt,Cho)がメタリックなギターソロを意気揚々と奏でる。さらにdaiponが「今までで一番トチ狂ってくれ!」と叫んでから始まった“SUPER HAPPY TIME”ではNaokiによる裏打ちのカッティングでオーディエンスを踊らせた。
20171018渋谷クアトロ_171031_0045_680.jpg
メロディックパンクを軸にしながら、ハードコアやスカ、歌謡曲などさまざまな要素を1曲に詰め込み次々と展開の変わる楽曲は彼らの武器であり、その展開でファンを遊ばせるのはもちろん、何よりもメンバー3人が生き生きとプレイをしている。

彼らはこのツアーで、ファンの中から「ベストモッシュプレイヤー」を決める企画も実施。冒頭のMCでdaiponがBMPを決めることを告げて、ファンの遊び心に火をつけると、ファンは我こそはとフロアで暴れ回ってライブを堪能した。

さらに彼らはサマーチューン“SUMMER”で小気味好いコーラスワークでファンの体を揺らしたかと思えば、エッジーな“LOVE ME MORE”、“"TH"”を連投するなど、バラエティ豊かな楽曲群を間髪入れずに畳み掛ける。場内のテンションをこれでもかと引き上げたのち、daiponの伸びやかな歌声が響き渡る“ムーンレイカー”でクールダウン。
20171018渋谷クアトロ_171031_0090_680.jpg
歌い終えるとdaiponは04 Limited Sazabysのライブを受けて感慨深くなったとしみじみと語る。そして「俺たちからフォーリミに!」と告げると、バンドは04 Limited Sazabysの“Remember”をカバーしてみせた。自身のツアーでありながら、対バン相手への愛情を音楽で伝えることも忘れない。さらに「こんなデカいところでやるのが夢だった」というデモCDに収録されている“START LINE”をうれしそうに届けては、過去に思いを馳せる場面もあった。

中盤には「ライブって最高だと思う」と改めて語ったdaipon。「頭のネジを外して遊んでいって」とファンに呼びかけると、メロディアスなツービートパートとヘビーなブレイクダウンを繰り返す“HAHA”でファンを再び暴れさせ、全編日本語詞の“NO FATE”ではNaokiがリズムに乗せて妙な踊りを見せたり、daiponがベースでNaokiを撃ち落とすようなそぶりを見せたりと楽しげにプレイした。20171018渋谷クアトロ_171031_0052_680.jpg

ここまでひたすらにファンと遊んできた彼ら。終盤、Naokiの奏でるメランコリックなギターに乗せてdaiponが「俺の人生にGENくんが、04 Limited Sazabysがいてくれて、フォーリミの人生に俺が、ENTHが関われてること光栄に思う。今、同じステージに立ててること、めちゃめちゃうれしいです」と、04 Limited Sazabysへの思いを改めて述べて、エモーショナルな空気に包む。そして、その空気を助長させるように、Naokiのアルペジオにあわせてdaiponが力強く“TEARS”を歌い始める。

続きを読む




PAGETOP