このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

SWANKY DANK “Smokes” INTERVIEW!!

SWANKY DANK “Smokes” INTERVIEW!!
MAGAZINE

SWANKY DANK “Smokes” INTERVIEW!!

Interview by SUNEO
Photo by Takashi "TAKA" Konuma




昨年のSATANIC CARNIVALにも出演し、独自のPOP PUNKを貫いてきたSWANKY DANKがギアをまた一つ上げ、メジャーというフィールドで勝負を始めた。47都道府県を回るツアーで得た新たな視点で作り上げられた、最上のメジャーファーストアルバムについて語ってもらった。


“メジャーに移籍する時に、正直「ええ〜」って思った。”

——今作を発表する前に行った47都道府県ツアーは、今作への布石というイメージだったのでしょうか?

KOJI(Vo/Ba):リリースしていこうか、という話はあったかな?ツアーしながらも、次はどんな楽曲を制作していこうかって、考えてはいました。

——では、47都道府県ツアー中に今作は制作し始めてましたか?

YUICHI(Gt/Vo):構想だけですね。

KOJI:構想はあったけど、いざ制作を始める時には「どうしよっか?」ってなってましたね(笑)。

YUICHI:ファイナル終わって、即行で制作を開始した感じには結果なりましたね。47都道府県ツアーの時は、ライブ中に、オレらの確固たる何かを掴もうと必死だったんですよ。そんな中で曲作りをしていくなんて、できなくて。47都道府県ツアーは打ち上げもほとんど朝までやってたしね(笑)。そこで、色んなバンドマンと熱い話も出来て、「オレらって客観的に見たら、こうなんだ」とか、ライブ中も必死に掴もうとしてたけど、ライブ以外でも吸収できるものは吸収していこうとした。年の若いバンドマンみたいに、ツアーバンや楽屋まで炊飯器持ち込んでツアーしたしね、今回。後半はレベル上げてきて、炊き込み御飯になっていきましたね。

——何、炊き込みを?

KOTA(Gt):あれですよ?すごい作り込んだやつじゃなくて、入れてすぐにできるやつをバリエーション変えて。鶏五目とか。

YUICHI:MCで話したら、ツアー途中から皆んなが、色んなもんを持ってきてくれて。最後、豪華になってて。

KOJI:最後食いきれず終わる(笑)。

——47都道府県ツアーでライブやオーディエンスとの距離感なども掴めてきましたか?

YUICHI:つい最近ですね、気がつかされたのは。ツアー中はとにかく必死で、「どう見られてるか」なんて、そこまで行き着きもしなかった。ツアーが終わって、ポカンと時間が空いた時に、「SWANKY DANKのどういうライブを楽しみにしてきていて、どういう風に感じてもらっているんだろう?」って、初めて真面目に考えさせられた。ツアーがなかったら、今の質問に対しても見えない部分が多かったし、話ができてなかったと思う。じゃあ、「どう見られてた?」って、改めて聞かれると、照れちゃいますね(笑)。自分たちのことを分析するのって。
SDライブカット_1856_680.jpg

KOJI:普段のライブもそうだったけど、47都道府県ツアーの対バンであった先輩たちや仲間たちがいっぱいいて、それに助けられているんだなーと改めて思わされたツアーでした。考えさせられることもいっぱい言ってもらったし、自分たちの良いところにも気づけたし。

——ライブハウスツアーを地道に行ってきて、SATANIC CARNIVALやロッキン(通称略)のステージに立ちましたが、以前と変わった部分はありましたか?

YUICHI:挑む心構えが変わりましたね。ステージ上がる前の気持ちの持って行き方だったり、ステージ上がってからの程よい緊張感や、有り難さを感じられるようになりました。SATANIC CARNIVALの時はちょっとテンパってたりして。。。KOJIの声が出ないとか、ちょっとしたトラブルが連続で起きて。でも、あのステージに立てたっていうのは、オレらにとっては感慨深くて。ジャンル的にPOP PUNK、EMOっていうのをやっていく中で、がっつりど真ん中で、誰と組んでやっていくっていうのが、あまりなくて。仲間はいるけど、シーンの端の方でやってたな、、、という気持ちがあって。。。でも、SATANIC CARNIVALにどういう経緯だろうと呼んでもらえたっていうのは、「お前らも真ん中に来いよ!」って、認めてもらえた思いがあって。だから、立った時にすごく感慨深くて。その後のロッキンで、色々と吹っ切れた。

KOJI:フェスって1年に1回じゃないですか?そこに立っていいライブするかしないかは、その時の雰囲気だったりも含めて、1回に限られてるものじゃないですか。その中で、細かい、、オレの声が出ないとか、、悔しい思いをしましたね。それを踏まえて、ロッキンはどうしても良いライブを見せたいってところで、やりきれて。経験して、やっぱりフェスって難しいな、、って思いました。1回で、観に来てくれたお客さんも印象を抱いちゃうし。SATANIC CARNIVALでライブ観てくれて、「あ、あいつ声出てねーな」って、印象良く思ってもらってなかったら、ぜひライブハウスで、オレらのライブを見て欲しいですね。

YUICHI:翌年呼んでもらえるか分からないしね。

KOJI:花火みたいに「BOM!」って弾けちゃうしね。ライブハウスで1度でも良いから見て欲しい。

KOTA:オレは逆に、大きなフェスに出ても「大きいなー」くらいには思いますけど、普段のライブハウスの積み重ねを広いところでやるだけなんで。別にオレの中では「今日は、ちょっと広いとこでやるなー」くらいの感じで。あんまり、フェスって意識はしてないですね。ライブハウスと一緒のことをしていれば良いんじゃないかと。構えることなく。「広いなー」くらいで(笑)。

YUICHI:オレたちはいつまでもライブハウスでやっていたいと思ってますけど、1発の儚い花火をバーンッと上げて、散っていく感じも分かるし、だからこそ、そこにも心血注いでやっておきたいなと。同じステージに立てることが決まっているわけじゃない、だから、1発で、声が悪かろうがなんだろうが、そこでSWANKY DANKをやるだけ。

——ライブの話を聞いてると、ポジティブかつ、外に伝えていこうという意識を感じます。

YUICHI:オレたちは外に向かっていくしかないですからね。やっぱり。(SATANIC CARNIVALに)呼んでもらって、仲間に入れてもらえて嬉しいなって。単純に自分たちがPOP PUNKをやっている中で認めてもらえたのはすごく嬉しい。パンク、メロディック、ラウドの太い柱というか、そこの人たちにも見てもらえた、気に掛けてもらえたことがあったから、よし!これから、外に向かっていこうと思えた部分もあります。a-nationに出演させてもらったんですけど、そういう(外に向かっていこう)部分からですね。オレたちみたいなやり方をしている奴がいても良いだろうと。
SDライブカット_6126_680.jpg

——a-nationの反応はどうでした?

KOJI:暴れもしないし、ノリもしないですけど、「音楽を聴いてる」って感じでした。ヘタしたら、普段ライブハウスに遊びに来てくれてるKIDSたちよりも、しっかり聴いてるかも位、聴き入ってくれてたので、すごいよかったなと思ってます。良い経験をしてるなって感じでした。

YUICHI:あんなスタジアムでライブするなんてないしね。

KOJI:不思議な空間でしたね。

KOTA:前の週が八食フリーライブで。翌週がa-nationという。インディの祭典から、どメジャーの舞台に!っていう(笑)。面白かった。

——前置きが長くなりましたが、やっとアルバムの話に。avexからメジャーデビューになりますが、率直に今の心境は?

KOJI:単純に、「メジャーでやれるチャンスをもらったな」っていうのは、嬉しかったですね。10年間続けてきて良かったと思うし、俺らがやってきた10年、このメンバーで4年、その時間がこういったことに結びついたことは単純に嬉しい。

YUICHI:メジャーに移籍する時に、正直「ええ〜」って思った。「どうなんだろう?」って、でも、メンバーがやるって言ってるから、オレも分かったやろう!ってなった。でも、やるからには、どんな人たちなのか会ってみないと分からないし、どういう気持ちを持っているのか分からないから、avexの大人5人連れて居酒屋行ったんですよ。バンバン飲んで、お互い結構酔っ払って、言いたいこと言い合ってたら、喧嘩みたいになって。KOJIとか「オラッー!」とかなってて。「お前に言われたかねーんだよ!」とか言っちゃってて(笑)。その時に、「じゃあ、お前ら、オレらがやって(メジャーで勝負させて)やるよ!」って大人もキレてて、この人たち「マジ」なんだなって(笑)。本気でSWANKY DANKを考えてくれてるんだなっていうのが分かったから、オレは快くやれるようになった。一回りも上の大人たちを路上で吐くくらい飲ませて、それでも朝まで付き合ってくれて。地方でライブがあれば、時間がなくても顔見せに来てくれたり。大人と関わると、今までのことが変わってしまう恐怖心はどこかにあったんだけど、逆に仲間が増えたのか!って考えられるようになった。フィールドが、どこか違うとこになったとかじゃなくて、仲間が増えて、横を見た時に、戦っていかなきゃいけないもんも増えたなって。ジャンルも世代も違うところで戦わないといけないんだなって自覚した。今までは目線が全部一緒で「あーでもない、こーでもない」とか話をしてた中で、メジャーで色んなものを見てきている大人が加わった分、変な意見もあるけど、今までなかった角度からSWANKY DANKを考えてくれることがすごく新鮮で。今作は、すごく派手な宣伝もしてないし、大掛かりなシステムに乗っかってリリースしているわけでもないし、メジャーで華々しく!って感じでもないし。この人たちとやっていくってことが、重要なんだなって今になって分かってきた。



“ファーストアルバムのつもりで作ろう“

——経緯もあり、今作“Smokes”は、色々な意見が交わった作品になっていると思います。

YUICHI:やりたいことを詰め込んだアルバムにはなってると思います。メタリックなリフを弾きたくなったんで(笑)、そういった曲を作ってみたんですが、KOJIの歌はSWEETな部分があるんで、アレンジ面で色々アドバイスもらったりしたけど。ど頭の曲なんかは、ピアノから始まるし。MVを出した“Colors”は、Linkin ParkのDVD見て、並行して作曲してる曲を繋ぎ合わせて1つの作品にしているのに触発されて、やってみたし。すごく古い付き合いで、今まではサウンドプロデュースだけで入ってもらってたダイチくん(鈴木Daichi秀行氏)にアレンジ面でもかなり参加してもらった。曲のコード感だったり、転調だったりを細かく話して、制作していった感じ。初めからプロデューサーを入れてやりたいとかは毛頭無くて。アレも!コレも!って、なんでもやりたいことを詰めたアルバムにしたかったから、10年近くオレらと曲をいじってるダイチくんに具現化してもらった感じなのかな。やりたいことと、今までのSWANKY DANKにない視点を取り入れたアルバムになってると思う。今までもリリースはしているけど、「ファーストアルバムのつもりで作ろう」ってコンセプトを持ってやったから、初期衝動も詰め込んだアルバムなのかな。今までのレコーディングで、オレは一番楽しかったかな。

——タイトル“Smokes”にはどんな意味が?

YUICHI:4人揃って、4年感やってきて、この4人のカラーが混じって、SWANKY DANKという狼煙(Smokes)になっているんだっていう。“Colors”のMVでも色々なカラーの煙を持って、それが重なった時にSWANKY DANKなんだっていう意味合いがあります。そうだよね?(KOJI?)これはお前が喋べんないと!

KOJI:ボクが喋ったことに入れ替えておいてください(笑)。

一同:

——リード曲になっている“Colors”は、楽曲を引っ張り合わせて制作されたとか?

YUICHI:もともとサビに持ってこようとしてた部分をAメロにしているんですが、別のAメロ、Bメロみたいなのをどうしようかって話の時に、ダイチくんとかも含めて話している時に「曲同士を繋げるっていうのもあるよね。」って声が上がって、そしたら、ダイチくんが「これ、Aメロでいこうよ」みたいに言い出して。

KOJI:「おいおい!」ですよ。。。奇抜なこと言うなーって。Aメロ?これ、オレはサビとして作ってるから!(ダイチくんから)「これ以上、良いメロディ持ってこないとダメだよー」とか言われて、これは無理じゃねー?って諦めかけた曲でもあります(笑)。

YUICHI:でも、諦め掛けた時に、(良い曲)出すんすよ!昔作った“Listen to the Radio”と“misery”って曲があるんですけど。KOJIが両方共ボツ曲にしようとしてたんですよ、実は。家で2人で制作してて、「あと、任すわ。メロディ作っておいて」って頼んで、先に寝て起きて、部屋の扉開けたら何も音がしなくて、PCの光だけに照らされたぶっ倒れたKOJIが居て。「何やってんだよ!お前、全然進んでねーじゃん!」ってキレて、PRO TOOLS(楽曲制作に用いられるRECツール)見たら何も進んでなくて。どうすんだよ!って、起こしたら、「こんな曲しかできてないけど、、、良いか悪いか分からないからボツにしようと思う。。。」って、サビを歌い出したんですよ。聞いた時に「お前、それイケる!」って叫んで、そこから急いで仕上げていって。“Colors”の時も追い詰められて追い詰められて、、、そこで絞り出してくるんですよ、KOJIは。

続きを読む




PAGETOP