このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

Crystal Lake Pre. “TRUE NORTH FESTIVAL” LIVE REPORT!!

Crystal Lake Pre. “TRUE NORTH FESTIVAL” LIVE REPORT!!
MAGAZINE

Crystal Lake Pre. “TRUE NORTH FESTIVAL” LIVE REPORT!!

Report by Oh-mori



2017.10.21 “Crystal Lake Pre. TRUE NORTH FESTIVAL”@ 新木場STUDIO COAST




Crystal Lakeの結成15周年を記念して企画されたこのイベント。彼らは2007年に同会場にて「TASTE OF CHAOS 2007」のオープニングアクトを務めており、10年後に国内外の仲間を招いて主催フェスまでこぎつけた。Yudai(G)はステージでこの日の趣旨を「過去と今のCrystal Lakeがリンクする日」と説明していたが、結成からこの日までの15年のCrystal Lakeの辿ってきた軌跡、そして彼らが仲間やファンを巻き込んで作り上げてきたカルチャーをまざまざと見せつけられた1日だった。

最初にこの日ならではのショーが行われたのは、野外のテントに設置されたFREE WILL STAGEの一番手。Crystal Lakeが2010年にアルバム「INTO THE GREAT BEYOND」をリリースした当時のメンバーで結成されたCrystal Lake Reunionだ。入場規制がかかるほど、多くの観客とバンドマンがつめかけたFREE WILL STAGEに登場した現メンバーのYudai(G)とShinya(G)、そして旧メンバーのKentaro(Vo)、Yasuyuki(B)、Yusuke(Dr)の5人は、さっそく”River Of Truth”を投下。当時から彼らの音楽はヘヴィでエモーショナルで、でもキャッチーだったということを改めて知らしめる。
20171021-CL RU@新木場_171106_0091_680.jpg
続く”Fabricated Refuge”ではフィーチャリングゲストとしてLoyal To The GraveのHiroyuki Kobayashiを迎えて場内をさらなる熱気で包んだ。MCではKentaroが息を切らしながら「まさか俺らがやるとは。チャンスをありがとうございます」と現メンバーへ感謝を述べ「Crystal Lake、15周年おめでとうございます!」と祝福の声をかけた。またYudaiは当時からのメンバーとして、2007年に同会場にて「TASTE OF CHAOS 2007」のオープニングアクトを務めたことを回想したのち、「でも自分たちで同じ場所でイベントをできた。今日は俺にとってもっともっとメモリアルだよ」と声を上げる。”Into The Great Beyond”では現メンバーであるRyo(Vo / Crystal Lake)がステージに飛び入りする場面もあり、さっそく“過去と今のCrystal Lakeがリンク”した。
20171021-CL RU@新木場_171106_0076_680.jpg

その後、3つのステージでは国内外のバンドがライブを実施。ALPHA STAGEにはSHADOWS、Nocturnal Bloodlust、メタルコアバンド・Fit For A King 、coldrainと、この15年を共に駆け抜けてきた盟友が続いた。彼らはCrystal Lakeへの祝福の言葉をかけながらも、それぞれ個性的なステージングで観客を魅了していった。またFit For A Kingのアクトでは”Slave To Nothing”ではRyo(Crystal Lake)がフィーチャリングゲストとして登場し、さらに盛り上げた。

OMEGA STAGEの冒頭にはこの日の出演権をかけたオーディションを勝ち抜いた3組が出演。このオーディションは彼らが2007年に「TASTE OF CHAOS 2007」でのオープニングアクトを務めたことから企画されたように思う。チャンスを与えられた者は下の世代にチャンスを与えることで、恩返しをしていく。それが世代をつなぎ、シーンを大きくしていくことにつながる。Crystal Lakeは15年を経て、それを体感してきたのだろう。オーディションを勝ち抜いてこの日のステージに立ったGraupel、A Ghost of Flare、Sable Hillsはそれぞれ喜びと、「次はメインステージ(ALPHA STAGE)に」という熱い思いを炸裂させるような熱演を見せていた。

そのほか台湾のEmerging From The Cocoon、タイのAnnalynnといった海外のバンドや、SANDやMEANINGといったハードコアバンド、メロディックパンクバンド・COUNTRY YARDなども各ステージを彩る。Crystal Lakeがジャンルも国籍も越えてさまざまな場所で切磋琢磨してきたことを伝えるラインナップを、集まったファンもひたすらに堪能していた。


各バンドからのバトンを受け取ったこの日の主役・Crystal LakeはALPHA STAGEのトリとして登場。Ryoが「やるしかねえだろ! 今しかねえだろ!」シャウトし、バンドが轟音で”The Fire Inside”へなだれ込むと、Ryoはさっそくフロアへダイブする。Yudaiが「普通なんてねえぞ。無茶してこい!」と焚き付ければ、ファンはいっそう激しく暴れ回った。さらにバンドは、Ryoが「休ませねえぞ!」と言っていた通り、キラーチューン”Matrix”や最新曲”Apollo”といった楽曲を間髪入れずに次々とドロップしていった。バンドが確かな演奏力や強固な意志を見せつければ、彼らの思いや音楽を受け取ってきた多くのファンがフロアから次々とステージに向かって飛んでくる。Crystal Lakeが15年かけて作り上げてきたものは、すべてこのフロアに詰まっているように感じた。

続きを読む




PAGETOP