このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

Hi-STANDARD “THE GIFT TOUR 2017” LIVE REPORT!!!

Hi-STANDARD “THE GIFT TOUR 2017” LIVE REPORT!!!
MAGAZINE

Hi-STANDARD “THE GIFT TOUR 2017” LIVE REPORT!!!

特別無料公開中!

Report by Ryo Tajima
Photo by Teppei Kishida / 半田安政(Showcase) / Takashi "TAKA" Konuma / Yuji Honda


2017.12.14
Hi-STANDARD Pre. “THE GIFT TOUR 2017”
@さいたまスーパーアリーナ


「Hi-STANDARDは生きている。そしてこれからも続いていく」

あえて、こう言いたい。この日をもってHi-STANDARDが完全なるカムバックを遂げた。生意気であることは百も承知、みんなに怒られるかもしれない。だが、全身でこう感じた。『Hi-STANDARDが、ようやくシーンに帰ってきたんだ…』。2017年12月14日、さいたまスーパーアリーナ。Hi-STANDARD "THE GIFT TOUR 2017"ツアーファイナル、この日を境に向う10年のジャパニーズ・パンクロックシーンは大きく変わっていくだろう。なぜって、レジェンドと言われ続けた巨大な存在が、シーンを回す車輪の一部として機能し始めるのだから。帰路、さいたま新都心駅から電車で渋谷へ。この日のライブを思い返しながら、来年のパンクロックシーンのことを考えると鳥肌が立った。想像するだけで楽しくなってガクガクしてしまった。このように興奮しているのも横山健(G/Cho)がMCで「ハイスタは2度と畳まない。こうなったらメンバーの誰かがくたばるまでやる」と言い放った言葉に起因する。このことは横山健のインスタグラムでも発信されているメッセージなので、すでにご存知の読者も多いのではないだろうか。

さて、12月14日のさいたまスーパーアリーナの話をしよう。
"THE GIFT TOUR 2017"最大規模となるハコ、さいたまスーパーアリーナは開場から数時間前の段階でハイスタT、ホルモンT、エアジャムTを着込んだオールドキッズリアルキッズで溢れかえっていた。誰もが興奮を押さえられない様子で食事を摂ったり乾杯したり。まるでフェスの一角を連想させるような光景で、あちこちからハイスタについての会話が聞こえてくる「ねぇ、健さんは今日、Navigator(ナビゲーター)のレスポールを弾くかなぁ?」「やっぱ1曲めはアルバム『THE GIFT』からかな?」「いや、いきなりの『Stay Gold』もあるっしょ。エアジャム 2000みたいに」。「私、Hi-STANDARDのライブを見るのは初めて!」と笑顔で話すのはきっと10代であろうガールズ。会場外に設置された『THE GIFT』パネルの前には記念撮影の長蛇の列。18時を回り、すでにTシャツディッキーズに着替えた幸せなオーディエンスが寒空の下、アリーナへ、スタジアムへ、各々自分に与えられたエリアへ足を運んでいく。ステージバックにはマキシマム ザ ホルモンの特大フラッグが掲げられ、液晶ディスプレイにはTM PAINTが描いた"ライブの注意事項"イラストが流れていた。その中の1つには「ENJOY PUNK ROCK Hi-STANDARD」のワードがあったが、この日はまさにこの言葉に集約される1日になった。

_D012187_680.jpg




PAGETOP