このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

TOTALFAT “PUNISHER'S NIGHT 2018” LIVE REPORT!!!

TOTALFAT “PUNISHER'S NIGHT 2018” LIVE REPORT!!!
MAGAZINE

TOTALFAT “PUNISHER'S NIGHT 2018” LIVE REPORT!!!

Report by SUNEO
Photo byトゥッティーニ



2018.1.21
TOTALFAT Pre.“PUNISHER'S NIGHT 2018”
@梅田CLUB QUATTRO


パンクロックの可能性を広げてきたTOTALFATが活動の根幹としている自主企画がある。“PUNKROCK SHOW”という企画から“PUNISHER'S NIGHT”とタイトルを変え、続けてきた、TOTALFATの今までとこれからを詰め込んだ、バンドにとっても架け橋のイベントだ。もう10年にもなるが、都度趣向を変え、その時の今を表現してきた。10年、この節目には企画を始めた初期を思い起こさせるような、ほぼ同期のNorthern19と少し上の兄貴dustboxを招いた。この3バンドで東名阪を回る、、、何かが起こりそうな予感は筆者でなくとも感じていただろう。3バンド固定でツアーを回る、これ自体、“PUNISHER'S NIGHT”としては初の試みということもあり、どんなグルーヴが生まれるのか。

グルーヴは直ぐに形になって現れた。この日、トップを走り出したdustboxが“No More Tequila”を演奏する際、舞台上に全出演者を呼び込み、ビールを手渡し始めた。悪さを教えてくれるのは大概、少し上の兄貴だ(笑)。JOJI(B/Vo)の「一度やってみたかった」という、缶ビールを開ける音にリバーヴを掛けるという悪ふざけの後に、一斉にイッキ(飲み)。この時、最後まで飲みきれていなかったNorthern19の笠原健太郎(G/Vo)がもう1本飲まされ、やっと“No More Tequila”が始まると、笠原健太郎はそのままフロアへダイブ。すでに危険な香りしかしない(笑)。

先ほど、飲まされた(?)笠原健太郎率いるNorthern19は、ホロ酔いなのか、ノビがいいと感じるのは筆者だけだろうか?途中、何故かシュークリームが手渡され、舞台上で食べさせられる笠原健太郎。ここでも、やんちゃなKIDSノリは続いていた。“MORATORIUM”ではJOJI&Jose(TOTALFAT、Vo/G)がダイブ、“STAY YOUTH FOREVER”では、SUGA(dustbox、Vo/G)&酒に少し飲まれた上半身裸のKuboty(TOTALFAT、G/Cho)がダイブ。誰が楽しんでいるのかわからない。ステージ上の演者も、それを見て感じているオーディエンスも笑顔だったのは間違いない。この空気感を作れるのは、気心が知れた3バンド、そしてそれについてきたオーディエンスがあってのものだ。一つの企画を10年続ける。これは生半可なことじゃないが、共有し経過した分だけ、他では生まれない極上のグルーヴを生む。次に出てくるTOTALFATはどうなることやら。

SEが鳴り響く中、ステージ上で拳を合わせる4人。ここまでの演者とオーディエンスが作ってきた空気を背負うように「今日はお祭りだぜ!」とJoseが狼煙を上げると、”夏のトカゲ”で会場も応えるように、いきなりのバウンス。dustboxのJOJIも途中の「祭りビートダウン」でタオルを振り回し、やんちゃなKIDSノリを継続(笑)。ステージもフロアも全員が「今日は祭りで、はしゃぐんだ!」という共通意識があるのだなと確信した。
tuttini_007_680.jpg
そこから”PARTY PARTY””Delight!!”を放ち、縦に横にとオーディエンスを揺らす。そして、”World of Glory””宴の合図”と続けて投下していく。
大きな舞台でのTOTALFATを見る機会が増えていた。どこまでがファンで、どこまでが様子見のお客さんで、どこからが「ああ、TFなら知ってる」位の層なのかを図ることも難しい多くの感性が交わるところで、パンクロックという言葉を背負い、戦ってきたTOTALFATを見てきたのだ。

tuttini_030_680.jpg


ライブハウスでプレイをする彼らを見るのは本当に久しぶりだった。どこまでも遠く、広く届かせる、、、これは音楽にとって大切なことであるが、ライブハウスという文化で育ってきた人間には、水圧の弱いシャワーを浴びてるような気持ちになることが多い。この日は、消火栓から直接ぶっ込まれた放水に打たれているような感覚になるほどのパワーに面食らった。TOTALFATはどんな音を鳴らしていても、パンクロックなのだ、と改めて思い直させられた。

tuttini_014_680.jpg


「ここから加速していくぞ!」と”DA NA NA””Good Fight & Promise You””X-stream”と続けざまにフロアを加熱させていくTOTALFAT。オーディエンスが楽しそうに踊っていたフロアは、我先にとダイブする景色に変わっていた。「今日の大阪はヤバすぎ」とShun(Vo/B)が言うのも、うなずける。

続きを読む




PAGETOP