このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

PIZZA OF DEATH pre. "PUNKROCKERS BOWL" Ken Yokoyama LIVE REPORT!!

PIZZA OF DEATH pre. "PUNKROCKERS BOWL" Ken Yokoyama LIVE REPORT!!
MAGAZINE

PIZZA OF DEATH pre. "PUNKROCKERS BOWL" Ken Yokoyama LIVE REPORT!!

Report by SUNEO
Photo by TEPPEI KISHIDA


2018.3.2
PIZZA OF DEATH RECORDS Pre. “PUNKROCKERS BOWL”
@マイナビBLITZ赤坂



1年ぶりに開催されるPUNKROCKERS BOWLをKen Yokoyamaが仕切るということで、すでに期待値MAXのオーディエンスが赤坂には溢れていた。対バンにはOVER ARM THROW。「新旧メロディック対決!」なんて謳い文句も言いたくなるが、実際は、イベントのコンセプト通りPIZZA OF DEATHが「今観たいバンド」の組み合わせなのだ。

自身のツアー中でもあるOVER ARM THROW。ライブバンドである彼らはさらにライブバンドとして仕上がっているに違いない。で、ど頭から名曲“Thanks”で、これはやってくれたな!と思うような光景に。「私たちバンドなんで、宜しくお願いします。」と菊池信也(Vo/Gt)が言ったことをそのまま形にするかのように、攻めに攻めたセットリストを、MCも短めに畳み掛けるように演奏。だからと言って、攻め攻めなMCで気持ちを語るようなバンドでもないので、気負いは見られない。この温度感は今の若手バンドにはまだまだ持ち得ない特殊なものだと思っている。ボクはそこにPUNKROCKERS BOWLに「今観たいバンド」として呼ばれた所以が(少し)あると思っている。ただ、、、鈴野洋平(Ba/Cho)のMCはめちゃくちゃ熱い(笑)。が、勘違いして欲しくないのは、これは彼のパーソナルなものなので気負っているわけではない。本人曰く「大きい声で言ってるけど、半分くらい意味ないからね」というように、ここでも少し肩の力が抜けている。自然体でPUNKROCKを鳴らしているだけなのだ。

TPK_6029_680.jpg

館内BGMが大きくなることも小さくなることもなく、それでいてSEがあるわけでもなく、Ken Bandのメンバーが徐ろにステージに登場する。今年に入ってすぐ、盛岡ClubChange主催のイベントへの出演はあったものの、結構な期間、Ken Yokoyama (Ken Band)としてバンド活動をしてこなかったわけだが、さすが、サラッと登場してくる。「やるズラよ」と“Go With The Flow”を演奏し、「Oi!Oi!」とオーディエンスも、いつもの通りに応える。途中、曲を止め「Oi!Oi!」というオーディエンスのレスポンスに耳を傾ける横山健(Vo/Gt)。Ken Yokoyamaには気負いがなくても、オーディエンスは前のめりな気迫で楽しみに来ている。需要と供給という言い方は正しくないのかもしれないが、これがPUNKROCKのある風景だと思った。そして、この瞬間フロアも同じ気持ちだったと思うが、「KEN IS BACK!」とボクは呟いていた。オーディエンスも「Maybe~♪」とシンガロングした“Maybe Maybe”を終えると、メンバーが感触を確かめるように顔を合わせてニヤニヤしている。気負いはなくても、ライブ自体はやっぱり幾つになっても、いつやっても楽しいんだな。“Pressure”で、ダイブの嵐を起こしたかと思えば、“WALK”ではオーディエンスを声を枯らすんじゃないかと思うほど歌わせる。歌わせるという表現はおかしいか。声を上げざるを得ない感情に呑まれているのだから。
_TPS4849_680.jpg

「ようこそ、PUNKROCKERS BOWLへ。これがKen Bandの景色なんだよな!」と、ここまでのステージを振り返り、笑顔の横山。しかし、久しぶりのステージには変わりなく、少し疲れたと漏らす一面も。「ロックンロールが好きみたいだな」と“Dream Of You”から“You Safe Rock”へ。マイクスタンドを丸ごとフロアへ投げ込んでみたりの相変わらずのステージングに「これがKen Bandの景色」がリフレインしてきた。1stシングルから“How Many More Times”を演奏すると、オーディエンスは気持ちを投影するかのようにステージに手を伸ばし、また少しでも近づこうとダイブする。こんな衝動で動いているオーディエンスのいるところが、ライブハウスなんだよな、と思わせてくれる。フェスじゃ、こんなフロアを見ることなんてほとんど無い。ちなみにMVにもなっている楽曲だが、その演奏シーンで着ているのがPUNKROCKERS BOWLのTシャツなんですよ。豆知識をひとつ。
TPK_7422_680.jpg

今回のPUNKROCKERS BOWLで37回を数えることを告げ、「DRADNATSやemberもやればいいのに?」と横山が煽ると、南英紀(Gt/Cho)が「拍手してくれる人が来てくれるならやりますよ!」と半ば自嘲気味に返す。袖で見ていたOVER ARM THROWにも「OVER ARM THROWも出る?」と悪ノリを炸裂し、笑いを誘った。新曲をRECしていたことを告げ、横山自身がハイスタをやっている期間も、Ken Yokoyamaとして活動していたことが伝えられた。やることはやる。漢と書いて「横山健」と読ませるかどうかはさて置き、前進していくことを止めない姿は、さすがの一言だ。
4thアルバムからライブでは久しぶりに演奏されたレア曲、“What It Means To Love”をドロップし、旗を掲げ「ここに書いてあるのが読めるかい?俺たちはひとつズラ!」と“We Are Fuckin‘One”へ。震災以降、PUNKROCKの持つケツを蹴り上げる力とUNITYを示してきた象徴でもある楽曲に、オーディエンスも拳を突き上げたり、声を上げてみたり、旗を掲げてみたりと思い思いのアクションを取っていた。「俺たちはひとつ」かもしれないが、全てが同じではないってことも同時に伝わっているのかなと思えた。
1stアルバムからライブではおおよそ何年ぶりの演奏になったのだろうか!?代表曲でもありここぞという時しか演奏されてこなかった“The Cost Of My Freedom”を歌い、リクエストコーナーへ。Jun Gray(Ba/Cho)が決めるということだったが、なかなか決まらず、、、“Handsome Johnny”をセレクト。何がきてもはしゃぐ準備は出来ているわけだが、何とも言えない高揚感はやはりある。途中、横山のソロ→南のソロ→Matchan(Dr)のソロ→Jun Grayのソロとリレーで繋いだ演出も。“Fuck Up,Fuck Up”というリクエストの声があったが、その選択肢はJun Grayが日本語英語(笑)を歌えるようになったらやると約束し、また本編へ戻った。「南ちゃんが入ってから10年なんだわ」と横山が切り出すと“Ten Years From Now”を演奏。10年後を見たいという趣旨の歌詞に対し、今は10年後を楽しみにしていたいと、自身の作った楽曲でも受け手側と同じようにその時々で感情が変化することも吐露した。 “Last Train Home”現状の最新アルバムから“Mama, Let Me Come Home”のタフガイソングを連投。モッシュにダイブ、存分に赤坂をライブハウスに変えていた。

横山が立ち上げた新ブランド“Woodstics”で制作された新ギター”Candy”に持ち替え、「ライブに来て楽しんでもらうのもいいけど、出来れば楽器に手を伸ばしてもらいたい」と、制作やブランド立ち上げに対しての気持ちを語った。
TPK_7869_680.jpg

続きを読む




PAGETOP