このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

04 Limited Sazabys “YON FES 2018 -DAY2-” LIVE REPORT!!!

04 Limited Sazabys “YON FES 2018 -DAY2-” LIVE REPORT!!!
MAGAZINE

04 Limited Sazabys “YON FES 2018 -DAY2-” LIVE REPORT!!!

特別無料公開中!

Report by RYO TAJIMA
Photo by Viola Kam (V'z Twinkle)


2018.4.8
YON FES 2018 DAY2
@モリコロパーク


ライブハウスが生んだ名古屋発のヒーローとして歩み続ける姿勢



20180408_VIOLAKAM_SMALL_01 Scape0021_680.jpg

04 Limited Sazabysがモリコロパークで開催しているYON FES 2018、3年連続3回目。2日目の4月8日(日)の空は晴天。風が会場を吹き抜け、丘の上の風船が強く揺られていた。森を抜けてやってくる空気が清々しいこと、この上なく。前日の幽玄な雰囲気と打って変わって、太陽が、この場にいる人間すべての背中を押しているように感じられた。スコールが去り、新しい風を受け何処に行こう、といった具合だ。(04 Limited Sazabysを除く)ラインナップは出演順で下記の通り。

LAND STAGE:DATS/フレンズ/COUNTRY YARD/BiSH/ENTH
SKY STAGE:フレデリック/Crossfaith/My Hair is Bad/マキシマム ザ ホルモン/HEY-SMITH

前日7日のフォーリミ同世代のバンドや後輩世代が活躍した顔ぶれとは異なり、マキシマム ザ ホルモンやHEY-SMITHなど、先輩にあたる屈強な面々が、その名を連ねている。このラインナップにDATSやBiSHが整然と並んでいるのも、普通であれば目にすることのないものであろう。これぞYON FES。ある意味、7日がシンガロングして一体になれたユニティ感のある空間であったのだとすれば、2日目はガチンコのぶつかり稽古が行われる武装戦線というべきか…。それぞれが与えられたステージでしのぎを削るYON FES 2018 2日目がSKY STAGEのフレデリックで幕を開けた。

バンド毎にアプローチの仕方がまったく異なる、バラエティに富んだラインナップが面白い。フォーリミの指名により集ったバンド達がYON FESにカラーをつけていく。フレデリックが朝11:00から踊らせまくったかと思えば、LAND STAGEではDATSがシンセを織り交ぜた新たなロックで観客を揺らす。かと思えばCrossfaithは音出しの段階で地面を揺るがす轟音を出し、言わずもがなの地獄空間を作り上げるし、My Hair is Badでは、SKY STAGEが無数の拳で埋め尽くされ大合唱。COUNTRY YARDがパンクロックショウを展開したかと思えば、YON FESをかっさらう勢いでマキシマム ザ ホルモン一色に染まり、HEY-SMITHではダンス&クラウドサーフ。ENTHは同郷の後輩としての意地を見せるかのようなパッションを見せつけていた。オーディエンスもすごいものだ。それぞれのバンドの音にシッカリと掴まり、120%遊びの空間を構築していた。それもこれも、フォーリミへの絶対的なリスペクトがYON FESに溢れていたから。

20180408_VIOLAKAM_SMALL_03 04LS0050★_680.jpg
そして夕焼けの空の下「04 Limited Sazabys」の出番であることが告げられ主役の4人が登場。名乗りを上げてから、怒涛のキラーチューンを投げかける。1曲目から『fiction』『knife』『escape』。YON FES 2018のラストステージが熱を帯びて進んでいく。この日もRYU-TA(Gt&Cho)は縦横無尽にステージを駆け巡り、足を上げる角度もより一層高く飛翔していたようだ。続く『Chicken race』と『labylinth』ではRYU-TAもKOUHEI(Dr&Cho)もカメラに向かってふざけまくり(笑)。上手に設置されたモニターいっぱいに、全身で楽しんでいるメンバーの姿が映し出されていた。何があっても無表情を貫き通したKOUHEI、これもまた、彼らしいパフォーマンスである。「YON FESいくぞぉぉぉぉお!!」とHIROKAZが『swim』の楽曲紹介をするなど、普段のフォーリミのライブではお目にかかれないシーンもあり、GEN(Vo&Ba)のアクトはいつも以上にアグレッシブ。ボーカルがないパートでは、思いっきりベースを振り下ろし、キレッキレだ。YON FESのステージを心おきなく楽しむのだ、という強い意志が、このステージから強く感じられた。オーディエンスへ満腹の愛を伝えて『milk』、フェスも間も無く終焉。GENはMCで、YON FESが自分たちにとって"大切なことを思い出させてくれる場所"だと感じた気持ちを語る。「きっと僕たちは大事なものを見失いそうになっても、この場所があれば戻って来ることができる。そして確かめることができる」と誰に言い聞かせるわけでもなく、自分の言葉をなぞるように深く重みを持って発する。
20180408_VIOLAKAM_SMALL_03 04LS0018_680.jpg
これまでの2年にはない確固たる意味が自分の中で生まれたのだ、と言わんばかりの堂々たる宣言。日々、躍進を続けていくフォーリミは、彼ら自身が言うように、日に日にパワーアップしている。それに伴って、バンドの規模感も大きくなっているし、求められるものも変化しているはずだ。だが、根底にある大事なことは変わらない。その基軸として、YON FESはフォーリミの中に在るのかもしれない。「自分は何になりたいんだろう? って考えるんですけど、僕らは名古屋のみんなにとって、バンドをはじめるキッカケになるようなヒーローになりたいんですよ」とGENは語り、「なれてる??」と笑いかければ、呼応するかのように会場中が拍手と歓声で埋められた。「この場所をみんなと守っていきたいと思います。だって、ヒーローは何度だって現れるからね!」から『My HERO』でかっ飛ばし、「名古屋のヒーロー、 04 Limited Sazabysでした!」と、初日のど頭の言葉につなげる形で、今年のYON FES初演奏となる『monolith』へ。来ていた人だって待ちに待った『monolith』。
20180408_VIOLAKAM_SMALL_03 04LS0047★_680.jpg
蠢くようにモッシュが巻き起こり、本編が終了しても1ミリも熱が冷まることなく、すぐにアンコールへ。1曲目は『Squall』で体を揺らし、最終曲はなんと『758』。名古屋の歌であるショートチューン。この曲は名古屋のライブハウスの名前を列記した、フォーリミの名古屋愛が炸裂した楽曲であり、YON FES初回でも演奏された、普段ならセットリストに入らない1曲。この曲で締めくくったYON FES 2018。名古屋への愛と自らは誰なのか、その答えを握りしめ、フォーリミはさらなる高みへ歩み出す。
20180408_VIOLAKAM_SMALL_03 04LS0064★_680.jpg




[SETLIST]
01.fiction
02.knife
03.escape
04.Chicken race
05.labylinth
06.swim
07.milk
08.My HERO
09.monolith

en1.Squall
en2.758

>>> 04 Limited Sazabys OFFICIAL HP




PAGETOP