このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

SC’18開催直前! アーティストインタビュー:AG&HIDE -NOISEMAKER, DOTS COLLECTIVE-

SC’18開催直前! アーティストインタビュー:AG&HIDE -NOISEMAKER, DOTS COLLECTIVE-
MAGAZINE

SC’18開催直前! アーティストインタビュー:AG&HIDE -NOISEMAKER, DOTS COLLECTIVE-

SATANIC CARNIVAL’18開催直前特集! 今回ピックアップするのは3度目の出演にしてDAY.1のEVIL STAGEのトリを飾るNOISEMAKER。VoのAGとGtのHIDEは同時にアートユニット、DOTS COLLECTIVEとしてDAY.2のライブペイントに参加する。バンドだけではなく、アートブースにも出演するアーティストはSATANIC CARNIVAL初のこと。すでにDOTS COLLECTIVEが制作したTシャツのアートワークは発表済み。チェックしている人も多いのでは? 今の心境をバンドとして、アートユニットとして2つの側面から、AGとHIDEに聞いてみたいと思う。

About NOISEMAKER

"バンドに対する愛を強く感じます。今年も思いっきりやるしかないなってワクワクしますよ"

ーNOISEMAKERはSATANIC CARNIVALに昨年と初年度の2014年に出場。今回が2年連続3度目となるわけですが、イベント自体にどんな印象がありますか?
AG:ラインナップからして他のフェスでは見られないですよね。主催陣が本当にしっかりと軸を持ってバンドを見ているんだな、と感じさせられます。NOISEMAKERが前に所属していたレーベルを抜けた後、ライブにI.S.Oさんが来てくださって、終演後に「応援してるから!」ってアツく話かけてくれて。そんな関係を経て、今年のSATANIC CARNIVALも早い段階から声をかけていただいていたんですよ。ボクらとしても、すごくSATANIC CARNIVALからの愛を感じています。

HIDE:ちゃんとバンド自身のことを見てくれているんだなって強く思いますよ。それにイベント自体に堅苦しい感じがしないですよね。何度も出演させてもらっているのもありますし、知っているバンドも多いし。何よりバンドらしいバンドばかりが出演しているから落ち着くんですよね。その空気感がフェス全体を覆っていると思います。

AG:バックヤードを含めライブハウスを大きくした感じが、やはりあって。だから裏でバンドマン同士で話す内容も他フェスなどとは違うんですよ。ナチュラルでいつもの会話をしている気がします。
dots2
ー2人は今のシーンをどう捉えていますか?
AG:NOISEMAKERは日本ではラウドロックという括りに入れられてきましたけど、今またボクら世代のバンドが大きく動いているように思いますね。例えばCrystal Lakeが海外からバンドを招聘したり、自分たちも海外へツアーに行ったり。他にも今年SATANIC CARNIVALに出演するバンドだとSurvive Said The ProphetやSHADOWSだとか、いわゆる今までのラウドとかとは異なるもの、僕らで言えばオルタナティブな音を鳴らしているし、自分たちのこのシーンが更に面白くなってきていると思うんですよ。

HIDE:お互いツアーに誘って、お互いに盛り上げていきたいという思いが強くて。リスペクトしてくれるバンドを互いにフックアップしようという感は強いですね。バンド以外にも普段から遊んだり、仲が良いですからね。ご飯行ったり気兼ねなく同じ時間を過ごせる。ときには真面目な話だってするし意見し合うこともあるし。

AG:過酷なツアーや戦っていることをお互いに知っているからリスペクトし合える。売れていることだとかは関係なく、カッコいいと思えるから一緒にいる、それが自分たちにとってのシーンなのかもしれないですね。

HIDE:とは言っても他のシーンも同じでしょうからね。カッコいいバンド同士が集まっているネットワークを大きく繋げていけたら、と思います。1番重要なのはバンド、鳴らしている音も重要だけど、何をしているか、どれだけ行動しているか、ということだと思っているので。
dots3
ーそんな中、NOISEMAKERは6月16日、DAY.1のEVIL STAGEのトリを飾るわけです。
HIDE:やばくないですか?(笑)。

AG:すごいよね、ほんと。

HIDE:さっきもAGが言いましたけど、I.S.Oさんが実際にライブに来てくれて話をして、そういった一連の流れを踏まえての、このタイムテーブル。ものすごく深くまで考えてくれているんだな、と思いましたよ。バンドがどういう行動をしているのか、どんな気持ちなのか。そこまでしっかり見ているからこそ、なんですよね。集客力だけではなく「このバンドだからこそチャンスをあげよう」。そう考えられるところまで、SATANIC CARNIVALはしっかりバンドのことを見てくれているんだな、と。ちょっとした親心的なものを感じましたね。

AG:だからこそボクらも、もう全力でやってやろう、と。SATANIC CARNIVALがNOISEMAKERに期待してくれていることは理解しているし、本当に楽しみなんです。ワクワクが大きいですね。この1年間、自分たちで活動してきて、バンドがすごく強くなってきていると自覚しているんですよ。NORTH WIND TOURを経てバンド感もいいし、今の4人でSATANIC CARNIVALのステージに立ったら、すごいものを見せられるんじゃないかな、と思いますね。あとは…SATAN STAGEも入れるとマキシマム ザ ホルモンとHEY-SMITHに挟まれているので、大丈夫かよ〜なんて思いますけど(笑)。

HIDE:でも、タイムテーブルをしっかり見るとギリギリでNOISEMAKERもしっかり見れるように組んでくれているんだよね。そこまでやってくれるのか! って。だから、ボクらとしても、より今年はSATANIC CARNIVALへの思いが強いんです。

AG:その期待に応える準備ができているので、楽しみながらライブしようと思っていますよ。

About DOTS COLLECTIVE

"音楽とリンクするストリートなアートの魅力を感じてもらえれば"

ーDAY.2ではライブペインティングにAGさん、HIDEさん2人によるアートユニット、DOTS COLLECTIVEで参加されるわけですが、どんなユニットなのか教えてください。
AG:もともと絵を描いたり、グラフィックを作ったりしていたのですが、DOTS COLLECTIVEとして活動することにしたのは昨年10月頃からですね。そもそもボクらが好きなバンド、IncubusやLINKIN PARK、RANCIDも自分でアートワークを手がけていて、ボーカルがアートの個展を開催していたりしました。そういうバンドからの影響もあって自分でアートを表現したいと思ったのが始まりですね。ストリートアートが好きで見よう見まねでDIYでやり始めたんです。

ー特に影響を与えたアーティストは?
AG:例えばWK interact、Banksy、Mr. Brainwashだとか、彼らはストリートアートのレジェンドですがカッコよくて好きで、画集も買い集めたりしましたね。今回のSATANIC CARNIVALでもライブペインティングを通して、ストリートアートのカッコよさを少しでも伝えることができたら、と考えています。

ー今の段階ではどんなアートをペイントしようと考えていますか?
AG:DOTS COLLECTIVEにとって今回が初ライブペイントの場なんですよ。ストリートにあるようなウォールアートをバーっと描いて、その上にステンシルを被せて1枚の画に仕上がるようにしたいと考えていますよ。その手法をリアルタイムで見せることができるのもライブペインティングの魅力だと思いますし、どうやったら、こういうアートができるのかっていうのもお客さんに対してプレゼンテーションしたいと考えています。こういうことができるのも、ライブハウスを中心としたアートにも目を向けているSATANIC CARNIVALならではの楽しみですよね。そこでアートを体験した人が、後日、街中でグラフィティを見かけたときに「これはDOTS COLLECTIVEがやっていたのと同じ手法で描かれているのかな?」なんて感じてくれたら嬉しいですし、それだけで街の景色の捉え方も変わってきますよね。
dots1
ーSATANIC CARNIVAL'18ではTシャツのデザインをしていただいていますね。あのデザインにはどういう意図が?
AG:SATANIC CARNIVALにはパンクが根底に持っているアティテュードを強く感じるんですよ。ライブハウスでキッズが激しくモッシュしている光景が生まれるけど、決して暴力的なだけではなくて、そこに一体感のある平和感が生まれている。ピースフルな空気がパンクの現場に流れている、そういう意味を込めて、モッシュの群像をグラフィック化した上にピースマークを描いています。それとNOISEMAKERは3度目のSATANIC CARNIVAL出演なので、Ⅲを刻んで。このTシャツも物販スペースでチェックしてみてください。

ーDOTS COLLECTIVEとして、今後も広くアートを表現していきたいと思いますか?
HIDE:当然、ボクらもDOTS COLLECTIVEとして表現しているアートをSATANIC CARNIVALに来ている人に体感してもらって知ってほしいと考えているんですが、やはり根底にはあるのはバンド、つまりNOISEMAKERなんですよ。NOISEMAKERというバンドの個性の1つとしてアートがある。そんな風に捉えてくれたら嬉しいですね。音楽とアートは確実にリンクしてくるカルチャーですからね。どっちかというと、ボクらはアートをラフに楽しんでいる感覚なんです。今回だって、NOISEMAKERをやっている自分たちだからこそ、アートの分野でも声を掛けてもらえたと思っていますし。

AG:遊びの延長線上、好きだからやっているという感覚だからこそ表現できるアートもあると思うんですよ。こう描かなくちゃいけないという制約もないわけですから。そんな自由な表現を楽しんでもらえれば。

HIDE:でもね、DOTS COLLECTIVEは今回、初めて大きな壁にライブペイントするわけじゃないですか。だから失敗するかもしれないですよ? ペンキこぼしちゃったー!! こっ、、これもアートだ、うん…。とか。

一同笑

AG:まぁ、とにかくアートが入り口になってNOISEMAKERに興味を持ってもらえたらラッキーだし、逆にバンドからストリートアートの魅力を感じてもらってもいいですし。ボクらは自分たちのアートでマーチャンダイズや制作するものを埋め尽くす、というのを1つのコンセプトにやっているんですね。DIYでバンドに関するすべてのものを自分たちでクリエイションすることの楽しさやカッコよさを伝えていきたいと思います。是非、ライブペイントも楽しみにしてほしいですね。

NOISEMAKER 6.16 @EVIL STAGE 20:00 NOISEMAKER http://noise-maker.net/

DOTS COLLECTIVE 6.17 @SATANIC GRAPHIC EXHIBITION https://www.dotscollective.net/




PAGETOP