このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

G-FREAK FACTORY “カモメトサカナ” TOUR FINAL LIVE REPORT!!!

G-FREAK FACTORY “カモメトサカナ” TOUR FINAL LIVE REPORT!!!
MAGAZINE

G-FREAK FACTORY “カモメトサカナ” TOUR FINAL LIVE REPORT!!!

Report by Oh-mori

Photo by HayachiN



2018.07.21 G-FREAK FACTORY “カモメトサカナ” TOUR 2018 -TOUR FINAL!!- @日比谷野外大音楽堂




1997年の結成から21年間、群馬を拠点に活動を続けるG-FREAK FACTORY。彼らはどのステージでも必ず群馬のバンドであることを最初に口にし、群馬を「田舎」と言いつつも、群馬への並々ならぬ愛情を語る。それは、バンド初の日比谷野外大音楽堂のステージでも例に漏れることはなかった。むしろ日比谷野外大音楽堂——茂木洋晃(Vo)はそれを「霞が関」と呼んだ——でいつも以上に、彼らは群馬のバンドであることを誇っていたし、“ローカルバンド”であるからこそのライブを見せた。

雨バンドとして知られる彼らだったが、この日は見事な晴天。日が落ち涼しげな風が吹く中、原田季征(G)、吉橋伸之(B)今年の4月に正式メンバーとしてバンドに加入した渡部“PxOxN”寛之(Dr)、サポートキーボーディスト・多畠幸良の4人が登場し、躍動感あふれるインストゥルメンタルナンバー「大地の勇者たち」を聴かせる。そこへゆっくりと登場した茂木洋晃(Vo)が「よく来たなー! ローカルバンドの最高傑作、G-FREAK FACTORY始めます!」と宣言すると、観客から割れんばかりの拍手と歓声が上がった。多くの期待を受けた彼らは、「Unscramble」「奮い立て 合い燃えろ」とアグレッシブなナンバーを続け、「日はまだ高く」では“霞が関”に軽やかなハンドクラップを響かせた。

パンキッシュなナンバーやスカの裏打ちのリズムでオーディエンスの体を揺らしたあと、バンドはそれまでのムードから一転、「風林花山」「HALF-DONE」、“群馬の歌”「風」とミディアムチューンを続ける。バンドのエモーショナルな演奏に、セミの鳴き声がコーラスのように加わるという夏らしい自然の演出に、ファンはより一層耳を澄ませていた。

「群馬から車で3時間。バンドを始めた頃は、いかに東京に行かないで自分たちの存在を知らしめるかばかり考えてきた」という彼ら。そんな彼らが東京でできる“スペシャルなこと”として、中盤には群馬のアーティストとのコラボステージが展開された。最初にステージに呼び込まれたのは三味線奏者・上原梅弦。
20180721gffyon-0834_680.jpg
彼は三味線の速弾きでオーディエンスを魅了したあと、G-FREAK FACTORYと共に「REAL SIGN」を届けた。続く「イロハニホエロ」ではCDにも参加しているDJのR da Mastaが、華麗なスクラッチで演奏を盛り上げる。さらに「KTKZ TO TAIYO」ではR da Mastaに加えて、ラッパーのNAIKA MCも登場し、巧みなフリースタイルを繰り広げた。NAIKA MCは最後にオーディエンスに向けて「G-FREAK FACTORYを群馬の宝、日本の宝にしましょうね!」と呼びかけて、ステージをあとにした。

ここからG-FREAK FACTORYは群馬から、日本へと目を向ける。この日のライブで彼らは平成30年7月豪雨の支援物資として土嚢袋を募集していた。MCで茂木は、この日のライブ終了後に支援物資を届けに広島へ弾丸スケジュールで行ってくると説明(その後彼らのSNSでは実際にライブ後、土嚢袋を届けた様子が伝えられた)。彼は被災地への労わりの言葉を述べたのち、「こんな非常事態に自分のバンドのSNSで宣伝しかしねえバンドの音楽はまったく響かねえ!」と声を荒げる。「偽善と思われてもいい。俺たちはお前たちの気持ちと一緒に広島に行く!」と続け、彼の言葉を具現化するような力強い演奏でバンドは「ダディ・ダーリン」を届ける。曲中、彼は広島へと思いを馳せ「大丈夫、1945年に、千年草木が育たないと言われた土地に街ができて、学校ができて、公園ができて、飲み屋ができて、子供が笑ってる。きっと大丈夫」と穏やかな顔で語りかけた。その穏やかなムードの中、バンドは「Too oLD To KNoW」を続けると、場内には彼らの意志に賛同するかようにオーディエンスの盛大な合唱が場内に広がった。さらにバンドは東北の仲間に向けて作ったという「カモメトサカナ」をエモーショナルに届ける。ステージは全体を覆うようなライティングの演出で彩られ、ファンは息を飲むようにそのステージに見入っていた。
20180721gffyon-0076_680.jpg

普段のライブではフロアに降りて歌唱する茂木が、この日は一切ステージから降りなかった。その理由を彼は「この会場のルールであること」「そのルールは今後野音でやるバンドマンたちのために守る」と明かした。その代わりとばかりに、茂木はステージの最前まで進み、しゃがみこんでファンと目線をあわせながら歌唱し、原田と吉橋は体を大きく動かして骨太な演奏を聴かせる。そしてバンドは、ドライブ感のある「SOMATO」、茂木が早口でまくし立てた「FOUNDATION」、温かな雰囲気をまとった「らしくあれと」を、より熱のこもった演奏で届けて本編を締めくくった。
20180721gffyon-8148_680.jpg

アンコールではファンがスマートフォンのライトで会場を照らす中「EVEN」が届けられ、場内は感動的なムードに包まれる。最後に茂木が「ローカルバンドの最高傑作、G-FREAK FACTORYの挑戦、これにて……大成功!」と声を上げ、バンド初の日比谷野外大音楽堂でのワンマンライブの幕は下ろされた。

この日、茂木は「これからまた進んでいきます」と決意を口にした。さらに彼は「とりあえず大事なのは今日と明日と自分の周り」と加えた。G-FREAK FACTORYが“ローカルバンド”である所以は、群馬県という“田舎”出身だからではない。自分と、自分の家族や仲間を大事に思うが故に、それは自分たちの住む街や県、国を大事にし、ひいては世界平和を願うこととなる。“ローカル”を愛する彼らは、誰よりも、離れた土地に住む仲間の傷を痛み、遠くの街にかかる虹を喜ぶのだ。霞が関の空の下で、それを高らかに歌い上げた彼らに限りない愛を。
20180721gffyon-8199_680.jpg



【SETLIST】
01. 大地の勇者たち
02. Unscramble
03. 奮い立て 合い燃えろ
04. 日はまだ高く
05. SOUL CONNECTION
06. 風林花山
07. HALF-DONE
08. FAKE SPEAR
09. 風
10. REAL SIGN
11. イロハニホエロ
12. KTKZ TO TAIYO
13. ダディ・ダーリン
14. Too oLD To KNoW
15. カモメトサカナ
16. SOMATO
17. FOUNDATION
18. らしくあれと

en01. チャンダンの香るこの部屋から~第二章~
en02. DAYS
en03. EVEN





>>G-FREAK FACTORY OFFICIAL HP




PAGETOP