このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

ENTH "だいぽん爆睡ツアー" LIVE REPORT!!

ENTH "だいぽん爆睡ツアー" LIVE REPORT!!
MAGAZINE

ENTH "だいぽん爆睡ツアー" LIVE REPORT!!

Report by SUNEO

Photo by タマイシンゴ



2018.07.24 ENTH "だいぽん爆睡ツアー" @EBISU LIQUIDROOM




盟友である同じ名古屋を根城としているBACK LIFTと迎えた恵比寿LIQUIDROOM。SOLD OUTとは銘打っていなかったが、フロアは期待に胸膨らんだオーディエンスで埋まり、若手のホープとされている2バンドで、平日のLIQUIDROOMのキャパをいっぱいにできるのか、、、と嬉しくなってしまった。第何次世代なのか、細分化することも無粋なのかもしれないが、確実に世代が紡がれてるのだなと思った。そんな感傷に浸っていると、SEが鳴り、ENTH、本日の主役が登場。

「楽しむ準備はできてるか!ブチ上げていこうぜ!恵比寿」とdaipon(Vo/Ba)が叫び、シングルの1曲目でもある“URCHIN PHANTOM”からスタート。待ってました!とフロア中の拳が上がる上がる!疾走感あるサビまで駆け抜けたかと思うと、ダブ要素も盛り込んでしっかりフロアも揺らすことができる楽曲で、オーディエンスをしっかりロックしていることがうかがえる。(PVもいい感じにふざけたアニメになっているので必見!)続けて“HAHA”では、踊らせてからビートアップでダイブに持ち込んでいき、最終的にはモッシュピットを作るまでに。楽曲の中に展開の多さがあるのもENTHの魅力だ。展開の多さは時に難解さとして受け取られてしまうこともあるが、そこをまとめ上げるセンスを、ENTHはしっかり持っている。このフロアの反応が良い証だ。「みんな、トチ狂う準備はできてる?何も覚えてなくてもいいよ」とタイトルに準えたコールで“HANGOVER”をドロップし、続けざまに“SUMMER”へ。バラエティに富んだ楽曲たちの中でも“SUMMER”はオーセンティンクなメロディックを奏でている楽曲で、しっかりと芯を抑えられるところもENTHの強みなのだろうと、ふと思った。
180724_ST_00022_680.jpg

アーティストは今や、SNSの普及で割と身近な存在になったが、それ以上にENTHは、オーディエンスに、よりアーティストという偶像を超えて身近に感じさせるオーラというか雰囲気というか、どこか気の抜けた存在を認めさせた感がある。友達と話しているような気の抜けたMCから、「みんな、待ってる感じやな?曲やってくれって。」と空気をつかみとり、スッ(TH/発音注意)と、“TH”へとつなぎ、そのままシングル3曲目“ZAZA”まで駆け抜けた。「俺が起きてるとかの話じゃねーよ、お前らが起きてるか!って話!」とツアータイトルにもなっている“だいぽん起きろ”を演奏。大盛り上がりのオーディエンスを茶化すかのように、この日の対バンであったBACK LIFTのYU-PON(Gt/Cho)が、布団を持ってステージに登場し、そのままステージ上で即寝。フロア中がコールする「だいぽん!起きろ!」を替え歌にして「YU-PON起きろ」をコールさせる特別仕様に!これにはオーディエンスも大盛り上がり。
180724_ST_00824_680.jpg
とんでもなくステージでふざけたかと思えば、“Crime in my mind”の硬派なメロディックパンクソングで一気に雰囲気を変える。変幻自在のライブアクトもENTHの魅力だ。「拳を上げろ!」と言われなくても、拳は上がるしクラウドサーフも次々に起こる。固くて、強いライブも出来る。途中、テンションが上がりまくったdaiponがステージダイブをかます一幕も!“BURNOUT”では、コール&レスポンスでオーディエンスとの一体感をより強固なものに。

ダイブでカンチョーされた(笑)ことを明かし笑いを誘いつつも、この日集まってくれたオーディエンスに感謝を伝えるdaipon。感謝をしっかり伝えたかと思えば、“Bong! Cafe' au lait! Acoustic guitar!”というフザけたタイトルの、、、、しかし!ライブでは間違いないキラーチューンを投下。オーディエンスを揺らしながら、次に踊らせ、次にサークルピット、バウンスまでさせてしまう、、、これまたハチャメチャな曲でフロアをカオスに仕上げてくる。続け様に演奏された“Gentleman Kill”もこれまたカオスな楽曲で、しっかり反応するフロアは、根っからのENTHファンで埋められていることを暗に語っているかのようだった。
180724_ST_01526_680.jpg
目まぐるしかったフロアを落ち着かせるように“SWAY”へ。ガラリと雰囲気を変え、じっくり聴かせる楽曲の世界に引きずり込む力も持っているのか、、、と驚かされる。フザけたキャラとミスマッチなほど、一見ブレているようだが、バンドとしてブレてはいけない芯の部分が備わっているのだろう。表面的なものではなく、本質的にバンドマン、バンドサウンドなのだ。フロア中を唄わす“TEARS”を演奏し、MCヘ。

対バンのBACK LIFTへの感謝や思い出を語り、この日への想いを吐露したdaipon。当たり前のように名古屋で何度も対バンしていたBACK LIFTとこうして、恵比寿LIQUIDROOMを埋められた景色を前に「当たり前のことに気付いてください。ライブハウスって、そういう場所なんです。俺たち、ENTHに出会ってくれて、ありがとう!」と、オーディエンスにも想いを伝えた。そこから、ENTHの名前を一気に押し上げたと言っても過言ではない名曲“ムーンレイカー”をドロップ。ここぞ!とばかりにオーディエンスも唄う。そのフロアを見ながら「生きて、生きて、こういう日を作ろうぜ!かっこ悪くてもいいから。」と吐き出した姿に嘘はなかった。“Get Started Together”では、途中ステージで即寝をメイクしたYU-PONが今度はステージダイブをメイクし、会場を沸かせた。“NO FATE”でクラウドサーフの大波を起こし締めくくり、アンコールは先に宣言した通りなく、終了。
180724_ST_01688_680.jpg

YOU TUBEなどで画面を通して感じられるENTHや、SNSで感じるENTHメンバーとも異なる、ライブハウスでしか見せないENTHが詰まったライブだった。フザけた中でも伝えたいメッセージやバンドとしての筋肉質な部分は、やはり体感しないと、伝わるものではない。生で味合わないと、本当の良さは理解できない。そう感じさせてくれるものがあった。熱いものは、画面を通しては伝わらない。直に触れていかないと。
12/7に地元名古屋Diamond Hallにて自主企画『SUPER HIGH』を開催することを発表し、ますます勢いに乗るENTHのライブに、ぜひ触れてみてほしい。



[SETLIST]
01.URCHIN PHANTOM
02.HAHA
03.HANGOVER
04.SUMMER

05.”TH”
06.ZAZA
07.だいぽん起きろ
08.Crime in my mind
09.BURNOUT

10.Bong! Cafe' au lait! Acoustic guitar!
11.Gentleman Kill
12.SWAY
13.TEARS

14.ムーンレイカー
15.Get Started Together
16.NO FATE




▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
<ENTH PRESENTS>
12/7
『SUPER HIGH』@名古屋Diamond Hall
OPEN17:00 / START17:30
ADV ¥3000 / DOOR ¥3500

オフィシャル先行受付中
期間:8/5(日)23:59まで
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼




>>ENTH OFFICIAL HP




PAGETOP