このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

SHANK 4th Mini Album "WANDERSOUL" RELEASE INTERVIEW!!

SHANK 4th Mini Album "WANDERSOUL" RELEASE INTERVIEW!!
MAGAZINE

SHANK 4th Mini Album "WANDERSOUL" RELEASE INTERVIEW!!

私生活も含めて「俺ら、こんなにフラついてるぜ」っていう。/庵原

Interview by SUNEO
Photo by Ryuta Seki


自身主催のイベント“BLAZE UP NAGASAKI”を、長崎を代表するテーマパーク・ハウステンボスで開催し、その活動の幅を広げているSHANK。着実にキャリアを更新している彼らが「フラフラした魂」という意味の4th MINI ALBUM“WANDERSOUL”をリリースする。着実に積み上げていきながらも、自身をフラフラしていると揶揄する彼らにインタビューを敢行した。

SHANK一同:チィース!

ーー「お願いします」だろ!

一同:爆笑

松崎(Gt/Cho):今の絶対使ってくださいね(笑)。

池本(Dr/Cho):「チィース!」から入るインタビューもないですよね(笑)。

庵原(Vo/Ba):「お願いします、だろ!」ってツッコミもなかなかでしたね(笑)。

ーーちゃんと、やっていきましょう(笑)。さて、いきなり真面目になりますが、なぜタイトルが“WANDERSOUL”なんですか?

庵原:“WANDERSOUL”は「フラフラしてる魂」って意味です。私生活も含めて「俺ら、こんなにフラついてるぜ」っていう。「(こんな俺らだけど)どうだ!」って、感じのタイトルです。

ーー前のアルバムからそんなに期間も空けずにリリースという印象ですが。

松崎:いや、1年半くらい経ってるかな。DVDはリリースしてるんで、リリースとして間が空いてるとかではないですけど。「やってるぞ感」は出していこうと。

ーーそれでも、短い気がします。このシーンのバンドは3年4年と空くのはザラで、その中でSHANKは本当にコンスタントにリリースを積み上げていってると思います。今作は、どのくらいの期間で制作しましたか?

松崎:割とありましたね。4か月?くらい。“Honesty”のツアーが終わってから「なんか作ろっかー?」くらいの感じで。のんびり作り始めましたね。

庵原:(2018年)6月に録ろうっていう(予定)のはあって。そこに向けて、徐々に曲を書いていって。

ーー最初にできた楽曲は?

松崎:“Phantom”ですね。

ーー“Phantom”もしくは“Extreme”と、予想してました。

庵原:“Extreme”は最後ですね。

ーー“Phantom”と“Extreme”はいわゆる「メロコア」と称される楽曲に近いのかなと思ってます。

庵原:メロコアっぽい曲を作ろうっていう(狙い)のもあった。“Phantom”はそれこそ、分かり易く「メロコア」を、、、「(みんなが欲しいのは)これだろ?」って、感じで作った(笑)。

一同:爆笑

庵原:「これ、待ってたんだろう?」っていう(笑)。

ーーメロディックハードコアのお手本を見せてやるわ、くらいの感じですか?

松崎:そんな上から(笑)。全く、そういうことじゃないです(笑)。悪くは書かないでもらっていいですか(笑)?

続きを読む




PAGETOP