このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

DRADNATS & S.M.N. Pre.”SUMMER WARS tour 2018" LIVE REPORT!!

DRADNATS & S.M.N. Pre.”SUMMER WARS tour 2018" LIVE REPORT!!
MAGAZINE

DRADNATS & S.M.N. Pre.”SUMMER WARS tour 2018" LIVE REPORT!!

Report by Mame

Photo by 半田安政(Showcase)



2018.08.22 DRADNATS & S.M.N. Pre."SUMMER WARS tour 2018" @Yokosuka PUMPKIN




夏だ! 「サマーウォーズ」だ! ナツキとケンジだ! ……とS.M.N.とDRADNATSが思ったかは知らないけれど、とにかく2組は「SUMMER WARS tour」というタイトルを付けて夏の終わりにツアーを回ることにしたのだ。

「夏」には花火やバーベキュー、キャンプみたいなアッパーでハッピーなイメージもあるし、一方で、終わってしまったときに感じる寂しさもあって、ハッピーだけでも、寂しさだけでも、夏にはならない。……ん? それってメロディックパンクにも言えるのでは。疾走感のあるサウンドに、切ないメロディが乗る。歌詞では「ビールがうまいぜ、イェーイ!」みたいなことを歌ったかと思えば、友達の別れを嘆いたり、それでも来る明日に想いを馳せたりする。この「SUMMER WARS tour」にはそれがすべて詰まっていた。

ツアー初日の神奈川・横須賀かぼちゃ屋公演にはゲストとしてNOT SO HARD WORKと、本ツアー全箇所に帯同する39degreesが出演。39degreesは“一同(笑)”なMCを展開しつつも、メロディアスな楽曲でオーディエンスの心を揺さぶり、NOT SO HARD WORKはユルいMCでファンを和ませながら、軽快なパンクチューンで会場を盛り上げていった。ステージ袖からはS.M.N.とDRADNATSのメンバーが2組のライブを見守り、楽曲を口ずさんだり、ときにはヤジを飛ばしたりと、ゲストバンド2組と戯れていた。まるで夏休みに一堂に会した親戚のようだなあと、また夏らしさを感じてしまった。ただ、そこにはただ“一緒に遊ぶ”というだけではない思いが見え隠れしていた。というのも、2組共「このツアーに呼ばれてうれしい」と言っていたし、先輩との本気の遊びに置いていかれないように、むしろ先陣を切って遊び場に向かうくらいの気合いを入れたライブをしていたから。だってどうせ遊ぶなら面白い人と一緒がいい。

そんな2組からバトンを受け取ったS.M.N.は冒頭から西村浩介(Vo, B)と横山裕章(G, Vo)がフロアに進んだり、アンプに登ったりと、序盤から自由奔放なライブを展開。オーディエンスはメンバーと一緒になってフロアで暴れたり、シンガロングしたりと、会場いっぱいで遊んでいた。そのハッピーな空気は、まるで真夏の青空の下のキャンプやバーベキューみたいな気分にさせる……と思っていたところに、NOT SO HARD WORKのメンバーがS.M.N.メンバーにビールを渡しにステージへ。ビールを受け取った西村が「俺たちの夏休みに乾杯!」と声を上げ、彼らはオーディエンスと乾杯をした。後半、アガりっぱなしのファンの姿を観て、西村はしみじみと「みんないい顔しとるっちゃ!」と口に。「こんなバカげた感じのパーティしかできないけど、これからもよろしく」と続け、ハッピーなパーティを繰り広げていった。

一方のDRADNATSはYAMAKEN(B, Cho)が「DRADNATSはS.M.N.みたいに『遊びに来た』とか『遊んで帰って』とかたぶん言わない。本気でライブをしに来ただけ」と断言。しかしその真意はもちろん「遊ぶな」ということではない。彼は「みんなは遊んだり好きにして。ただ本気でやってください!」と続けた。そう、大事なのは本気であること。彼らはそれを裏付けるように、確かな演奏力をもってメロディアスなナンバーを届けていく。KENTARO SASAMORI(Dr)の繰り出すドラミングで抜けるような青空を思わせ、YAMAKENとKIKUO(Vo, G)が歌う切ないメロディで夏の儚さを思わせる。そして3人の前のめりで力強い演奏で、明日への希望を感じさせてくれる。夏が終わっても、私たちには音楽があるから大丈夫だ。
D02_5634_680.jpg
D02_5718_680.jpg
D02_5683_680.jpg
D03_9652_680.jpg

ツアーは神奈川・横須賀かぼちゃ屋、宮城・enn 2nd、青森・Mag-Net、秋田・LOUD Affection、新潟・GOLDEN PIGS BLACK STAGEの全5公演。にも関わらず、ツアー用のフラッグが用意されているところにも2組の本気のほどが伺えた。メンバーは「2018のところにガムテープ貼って来年も使いまわそう」なんて冗談を言っていたけれど、ぜひ使いまわしてもらって、来年も再来年も、夏だ!「サマーウォーズ」だ! そして「SUMMER WARS tour」だ! DRADNATSとS.M.N.だ! と思わせてもらいたい。




【SETLIST】
※ツアー中の為、割愛させて頂きますm(__)m




>>DRADNATS OFFICIAL HP




PAGETOP