このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

SHADOWS "TORCHES TOUR FINAL" LIVE REPORT!!!

SHADOWS "TORCHES TOUR FINAL"  LIVE REPORT!!!
MAGAZINE

SHADOWS "TORCHES TOUR FINAL" LIVE REPORT!!!

Report by Mame

Photo by Takashi “TAKA” Konuma



2018.08.30 SHADOWS "TORCHES TOUR FINAL" @SHIBUYA TSUTAYA O-EAST




2018年8月30日、ライブ会場限定で販売中のアルバム「torches」を携えたツアーファイナル、TSUTAYA O-EASTがソールドアウトした。これは大事件だ。CDショップも流通会社も、もしかしたらもう不要なのかもしれない。そんな焦りすら覚えた。しかしもちろん、これは希望でもある。

この日、1曲目に投下された「torches」収録曲の「Vices」でさっそく場内は盛大なシンガロングで包まれた。「torches」の実際の売上枚数はわからないけれど、会場に集まった大半がアルバムを聴いている何よりの証拠だ。「Vices」でのシンガロングでバンドにもオーディエンスにも火が点き、続く「Senses」ではフロアに大きなサークルピットができ、「Into The Line」ではいくつもの拳が上がる。そしてまたアルバムの収録曲「Under My Skin」がドロップされるが、もちろんファンのテンションは上がりっぱなし。SHADOWSとしては新たな挑戦とも言える跳ねるリズムが印象的な「Overcome」では、オーディエンスは体を揺らして楽しんでいた。
20180830_SHADOWS_120_680.jpg

バンドとファンの信頼関係は完璧で、Hiro(Vo)が会場内にムービーカメラがたくさん入ってることに触れると(コンテンツ化の予定は未定とのこと)、Kazuki(G, Vo)が「ダッセーダイブとかしたらあとから凹むのお前らだからな」と釘を刺す。その言葉に焚きつけられたのか、その後ファンは一層激しく暴れ回り、「Freedom Is Yours」でHiroがフロア最前列の柵に進んで歌唱すると、彼に向かって次々とクラウドサーファーが発生。Hiroはうれしそうに彼らにマイクを向けたり、彼らと拳をぶつけ合ったりしていた。

中盤、「Stars」ではHiroが感傷的に歌い上げ、「Still Remember」ではTakahiro(G, Vo)が切り裂くようなギターリフを聴かせるなど、彼らはエモーショナルな側面を見せる。しかし感傷的なムードに浸るのもつかの間、この日のゲストであるENTHとThe BONEZへの思いを語ったMCのあと、「疲れてねえやつ、どんだけいんだ?!」と観客に問いかけ「All I Want」で再びヒートアップさせる。「Fail」では「お前らが思う一番カッコいいサークルピット見せてくれ!」と焚きつけ、観客はもちろん、ステージ袖で見守っていた仲間のバンドマンも次々フロアへダイブするというカオスな状況に。「My Direction」では掛け合いのパートを観客が完璧に歌いこなし、「Chain Reaction」のイントロをKazukiが弾き始めるとフロアからシンガロングが自然発生するなど、終始バンドとオーディエンスの息がぴったり合っていた。
20180830_SHADOWS_008_680.jpg
20180830_SHADOWS_185_680.jpg
20180830_SHADOWS_253_680.jpg

終盤にはHiroが「やっぱりライブハウスは気持ちいいですね」と破顔し、「これからも進んでいくんで、SHADOWSをよろしくお願いします」とファンへ改めて感謝を述べる。それでは言い足りないとばかりに「Further Away」では「お前ら1人ひとりが俺の生きる糧になってんですよ」とファンへ語りかけていた。

アンコールではこの日のゲストから、The BONEZのJESSE(VO, G)、ENTHのdaipon(Vo, B)とNaoki(G, Cho)を招き、全員でNirvana「Tourette's」のカバーを披露。最後にKazukiがフロアにダイブして、大盛り上がりのうちに幕は降ろされた。
20180830_SHADOWS_375_680.jpg

SATANIC ENT.の「torches」リリース時のインタビューで、メンバーは本作を発表する理由を「俺たちがやっているようなジャンル、パンクだったりロックだったりの価値観を見直したい」と語っていた。このアルバムを携えたツアーファイナルで、TSUTAYA O-EASTがソールドアウトとなった。「torches」の売上枚数はわからないけれど、この日アルバムの収録曲で大合唱が何度も起こっていた。このことはライブハウスシーンに大きな風穴を開けたし、音楽の価値観を見直すきっかけに間違いなくなっている。もっとも、現場で起こっていることなので、気付いていない人さえいるだろうが。“現場でヤバいことが起こってる”それがパンクやロックの原点なのではないだろうか。
20180830_SHADOWS_328_680.jpg



【SETLIST】
OP.Flare
01. Vices
02. Senses
03. Into The Line
04. Under My Skin
05. Overcome
06. Sway
07. Freedom Is Yours
08. The Lost Song
09. Stars
10. Still Remember
11. All I Want
12. Fail
13. My Direction
14. intro~Chain Reaction
15. Progress
16. Further Away
17. BEK

en01. Tourette's(※Nirvanaカバー)




>>SHADOWS OFFICIAL HP




PAGETOP