このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

MEANING & SHANK presents “SLICE OF LIFE” LIVE REPORT!!

MEANING & SHANK presents “SLICE OF LIFE” LIVE REPORT!!
MAGAZINE

MEANING & SHANK presents “SLICE OF LIFE” LIVE REPORT!!

Report by mame
Photo by AYUMI SARUYA


2018.10.19
MEANING & SHANK presents “SLICE OF LIFE”
@新代田FEVER


MEANINGとSHANK。鳴らす音のジャンルで言えば、ハードコアとメロディックパンクと違えど、音楽への向き合い方や人生の遊び方といったもっと深いところに共通点が多い。そんな2組の共同企画「SLICE OF LIFE」が始動した。2組の音楽やマインドに共感する人が多くいることが、平日なのにあっさりFEVERのチケットがソールドアウトしたことからうかがい知れた。しかもSHANKは最新作「WANDERSOUL」のレコ発ツアー中。自らのツアー中に自主企画を打とうなんて思わないのが通常だが、SHANKはそんなことお構いなし。しかも通常ツアー中に自主企画を打たない理由は集客の問題が多く絡んでいるからだが、先述した通り、この日のチケットはソールドアウトしている。つまり「MEANINGとSHANKの共同企画だったら面白そう」と思った人がたくさんいたという何よりの証拠となった。


saru-4_680.jpg


そんな期待に満ちた会場に先に姿を現したのはSHANK。「ツアー中で、さぞかし脂が乗ってるだろう」と少し身構えてしまったのだが、ふらりと出てきた3人は変に気張ることなく、もちろん脱力するわけでもなく、いつも通りのテンションで「Surface」をプレイしてイベントの幕を開ける。「Phantom」や「Good Night Darling」と間髪入れずに続けてあっという間に場内を熱気で包んだかと思えば、さっそくフロアからの「(この日限定デザインの)ロンTいいなあ」という声を拾って会話を始めたり、演奏の流れを突然止めて「チューニングって大事よね」とチューニングを始める松崎兵太(G, Cho)の横で庵原将平(Vo, B)が痔の話でつないだりと、自由気ままなステージ運びを見せていた。
saru-13_680.jpg
それぞれ1時間の持ち時間が用意されたこの日。途中には庵原が「曲増やします」と告げてから始まったユルいギターリフが印象的な「From tiny square room」では、後半にフロアから合唱が発生し、場内は和やかなムードに包まれる。その直後には池本雄季(Dr, Cho)の繰り出す高速ビートに乗せた人気曲「submarine」が続けられて、再び場内はパンキッシュなムードに一転。
saru-8_680.jpg
ダビーな「Wall Ride」ではマイナー調の裏打ちのカッティングにあわせてファンは体を揺らし、終盤に「Love and Hate」や「Set the fire」「Honesty」といったメロディアスなナンバーが届けられると、観客は暴れながらも庵原の伸びやかで感傷的な歌声に耳を澄ませていた。
saru-7_680.jpg

庵原は「東京に来てもHAYATOくん(MEANING)とGENちゃん(04 Limited Sazabys)しか遊んでくれない」と嘆いていたが、それは東京の友達と共同で企画ができたことを喜んでいる証。ファンから「いいなあ」と声が上がっていたこの日限定のグッズは彼らの好きなカルチャーがつめこまれていたし、SHANKメンバーは間奏などで幾度もステージ袖にいるMEANINGメンバーに近寄ったり、ステージ袖によく見えるようにプレイしたりと、いつも以上に楽しげな様子を見せていたことからもそれはよく伝わって来た。またフロアからの「がんばれー」という声に対して「がんばりたくないけん、バンドしてるとに」というメンバーの返しも印象的だった。
saru-14_680.jpg


saru-38_680.jpg
そんないい感じに肩の力の抜けたSHANKに続いて登場したMEANINGは、登場するなりメランコリックなギターから「HERO」を繰り出し、一気に場内をブルータルなムードに染め上げる。序盤から川口総統閣下(G, Cho)がフロアにダイブしたり、HAYATO(Vo, G)がフロア最前の柵に進んで手を伸ばして歌唱したりと、重低音とHAYATOのシャウトが渦巻く中でダイナミックなパフォーマンスが展開された。
saru-118_680.jpg
かと思えば、「SHANKも言ってたけどチューニングって大事だね(笑)」とSHANKの言葉を借りつつメンバーがチューニングを始めたり、YOKKUN(G, Vo)が「大事なお知らせが……」と切り出し、ざわつく観客を前に「乾杯したい」と打ち明けてファンとメンバーを安心させつつ笑わせたりと、こちらも自由なステージングを見せた。しかしライブがひとたび再開されれば、ニッシー(Dr)と高田メタル大尉(B)のリズム隊が生み出す躍動感のあるビートに乗せて、メタリックなギターフレーズ、HAYATOの力強くも切なげなシャウトで再び場内はエモーショナルに。「My War」「Knock It Off」「HERE FOR YOU」が続けられると、オーディエンスも一層ヒートアップ。HAYATOもフロアに降りてシンガロングするオーディエンスに囲まれて熱唱したり、ドリンクカウンターの中やフロア後方へと動き回ったりと、全身で楽曲を届けていった。
saru-28_680.jpg

最後、ステージに戻って来たHAYATOは一息置くと「集まってくれてありがとう」とファンへ感謝の言葉を述べる。加えてSHANKとMEANINGという2組について「言葉は少ないけど、感謝を口に出さずとも感謝してるので、汲み取ってもらえたら」と説明した。そのあと届けられた「Hope」では、2組の感謝を汲み取ったことを証明するかのように、観客は拳を突き上げる。その熱を受け取ったバンドがさらにそれに返すように最後に「150」を届けるという、気持ちのキャッチボールが見えるかのようなフィナーレでイベントは幕引きとなった。

ちなみに2組共、ステージ上で「どんな形になるかはわからないけど、何かしらの形でこのイベントを続けていきたい」「ほかにはない、面白いことをやっていけたら」と話していた。実際にメンバー同士でもそういった会話が行われたそう。今後、「SLICE OF LIFE」がどんな形で継続されるのか、楽しみにしておこう。
saru-2_680.jpg






[SETLIST]
■SHANK
01. Surface
02. Phantom
03. Life is...
04. Good Night Darling
05. Time is…
06. Hope
07. Take Me Back
08. drama queen
09. Midsummer's Wave
10. Smash The Babylon
11. 620
12. Weather is Beautiful
13. From tiny square room
14. submarine
15. MONKEY FUCK
16. Wall Ride
17. Departure
18. Love and Hate
19. It's not a game
20. Wake me up when night falls again
21. Set the fire
22. Honesty
23. BASIC


■MEANING
01. HERO
02. BLACK OR WHITE
03. His
04. What We Love,What We Hate
05. MIND RIOT
06. STAND UP
07. My War
08. Knock It Off
09. HERE FOR YOU
10. THE UNBROKEN HEART
11. Hope
12. 150



>>> SHANK OFFICIAL HP

>>> MEANING OFFICIAL HP




PAGETOP