このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

Castaway “PAINT IT RELEASE TOUR 2018” LIVE REPORT!!

Castaway “PAINT IT RELEASE TOUR 2018” LIVE REPORT!!
MAGAZINE

Castaway “PAINT IT RELEASE TOUR 2018” LIVE REPORT!!

Report by mame
Photo by MASA


2018.11.11
Castaway “PAINT IT RELEASE TOUR 2018”
@Shinjuku ACB HALL



近年のポップパンクシーンを牽引していると言っても過言ではない、Castaway。そんな彼らが最新ミニアルバムに「Paint it」と冠した。そのタイトルは「自分で思ったように描くんだよ」「自分の思い描いた通りにまず行動してみよう」という思いを込めて付けられたという。彼らはそれを理想として掲げるだけではなく、自らが体現している。

10月発売のミニアルバム「Paint It」のレコ発ツアーの一環として行われた東名阪での自主企画イベント。東京の新宿ACB HALL公演にはゲストとしてKOTORI、And Protectorが招かれた。いずれも激情的なサウンドに乗せて日本語詞を歌うロックバンドで、もしジャンルわけするならば、Castawayとは異なる区分となるだろう。「同じようなジャンルで固めないと集客が見込めない」と嘆かれるような近年のライブハウス論争からいくと、集客もまばらになる可能性もある。しかし「自分で思ったように描くんだよ」とのメッセージを掲げた彼らは、それも厭わずに企画を打ち、彼らの意思に共感した、もしくは似たジャンルでないから面白そうと思った、もしくは3組の何かに共通するものを感じたオーディエンスで、当日会場はぎゅうぎゅうだった。

骨太なサウンドとYUYA YOKOYAMA(Vo,G)の豪快なシャウトで観客の心をかき乱したKOTORI。轟音と共にTsutomu(Vo, B)による切実な歌声で観客の心を揺さぶったAnd Protector。2組共Castawayとはジャンルが違うことに言及しつつ「こんな夜を待っていた」とうれしそうに声を弾ませていた。2組がぐっとオーディエンスを惹きつけた直後のACBのムードは、むしろCastawayがアウェイなのではないかと思うほど。しかし登場するなりSota(Vo)が「最高の1日をありがとう。これからが本番だからね」と勇み、5人が音を鳴らした瞬間、会場はCastawayの世界へと引き込まれた。Sotaが「最初からトップスピードで行きます!」と宣言し、バンドは新作の1曲目「Through The Noise」でライブの口火を切る。
IMG_6282_680.jpg
感情の起伏にあわせてテンポがコロコロ変わり、キメも多い楽曲ながら、すでに5人の息はぴったり。さらにオーディエンスとのグルーヴも完璧で、シンガロングパートでは盛大な合唱が広がっていた。ステージ上ではタイトな演奏で勢いを加速させていく傍らで、Yossy(G)、Yohei(B)、Yuta(G)の3人は蹴りを入れあったり、ふざけあったりと、楽しげなステージングを見せていた。
IMG_6312_680.jpg

また今作にはバンド初の日本語詞に挑戦した楽曲「Sway」が収録されている。Sotaは同曲について「みんなで歌いたいと思った」「自分たちなりに納得いくものができた」と挑戦した理由を説明した。その直後に同曲が演奏されると、バンドの願いの通りに観客は日本語パートを合唱した。メンバーはその様子をうれしそうに見つめ、その声に負けじと自らも声を張り上げていた。それは彼らが“Paint It”ーー思ったように描いた1つの挑戦の結果が、目の前に広がった瞬間だったように思う。

IMG_6290_680.jpg

その後も、ステージ上のメンバーのテンションと、フロアのオーディエンスの熱量が競い合うようにぐんぐん上がっていくACB。「Climbing」の演奏前には、メンバーがイントロを演奏し始めようとするも、Tatsuru(Dr)がSotaに何かを伝えて、演奏が停止。するとSotaが正面を向き、「もっと煽れってさ!」とうれしそうに説明する。Tatsuruのテンションの上がりっぷりに応えるように観客はいっそう大きな歓声を上げ、バンドは演奏を再開。「音でも煽ってやる」とばかりにTatsuruがパワフルなドラミングで楽曲をリードし、メンバーもそのテンション感に追いつき、追い越すように感情を爆発させるような音色を聞かせる。
IMG_6299_680.jpg
そんなバンドに負けじとフロアではサークルモッシュが発生し、場内はカオス状態となった。その熱気を保った中で、バンドは「Home」を優しく届け、感動的なムードで本編が締めくくられる。アンコールではミニアルバムのタイトル「Paint it」が歌詞に登場する、表題曲のような「Wendy」が丁寧に演奏される。落ち着いたテンポでどっしりとしたプレイにより、優しいメッセージがそれまでの高揚した体に染み込んでいくようだった。そのムードは、「Horizon」「Sink Or Swim」と人気曲が投下されると一転し、再びカオスな状態となり、ライブは大団円を迎えた。
IMG_6323_680.jpg

MCで「今が一番だと思ってやっています。それを日々更新してる。常に今が最高」とバンドのスタンスが語られていた。Castawayのライブにおいては、それが秒単位で行われている。1曲前よりも、今の曲、今の曲より次の曲、とメンバーのテンションも音の厚みも高まり続けていく。これからも彼らはそうやって理想を描いては、次の瞬間にそれを超えていくのだろう。





[SETLIST]
01. Through The Noise
02. Black
03. Rain
04. Weightless
05. Sway
06. River
07. Float Away
08. Over And Over Again
09. The crow
10. Climbing
11. Home

en01. Wendy
en02. Horizon
en03. Sink Or Swim



>>> Castaway OFFICIAL HP




PAGETOP