このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

ENTH "SLEEPWALK" INTERVIEW!!

ENTH "SLEEPWALK" INTERVIEW!!
MAGAZINE

ENTH "SLEEPWALK" INTERVIEW!!

Interview by SUNEO
Photo by ENTH




メロディックの最前線ではなく、”ネオメロディックの最前線”と銘打たれたミニアルバム”SLEEPWALK”をリリースしたENTH。形容しようがない独特な音楽性は、しばしオーディエンスにも受けいれられにくいこともあるが、それをバンドとして牽引してきたのもENTH。とんでもない(?)内容のミニアルバムについて語ってもらった。

ネオワンスリーで(笑)。/daipon

ーー今回なぜ、ミニアルバムなんですか?もうアルバム出せるタイミングだったんじゃないですか??

daipon(Vo/Ba):全然曲が出来てなかったんですよ。

ーー(笑)。

Naoki(Gt/Cho):シンプルに。

daipon:めっちゃ真剣な話はそこっすね。マジ全然曲出来てなくて。。。

ーー作曲する際は合宿すると聞いてましたが。

daipon:しました。

ーー前回は長野に行ってRECしてきたと聞いてましたが、今回も同様、長野に?

daipon:いや、今回はー(別の場所です)。。。松本行ったときはマジで本当に1週間遊んでただけなんで。1曲しか出来なくて。本当に遊んでましたね。めちゃめちゃ楽しかったですよ(笑)。すごい好きになっちゃって、松本。なんもしなかったね、本当に。

Naoki:ウイイレして鍋パーティー毎日して。

daipon:で、「今日は夕方からイベントだからそれまでにやってね」とか言ってたけどダラダラして。そしたらちょっと「手伝ってー」とか言われて手伝いながらそのまま音出始めて踊っちゃう、みたいな。

Naoki:で、酒飲み始めて。

ーー「もう今日はいっか」みたいなのが7日間続くと何もしてなかったみたいなことですか?

daipon:そうっすね。本当に何もしてなかった。

Naoki:楽しかった。

daipon:めっちゃ楽しかったー、本当に。

ーーその反省を踏まえて今回は?

daipon:今回は山中湖に行きました。で、やったんですけど、その時はまだ好調で。そこすごいスイッチ入れてやったんで。なんか10曲ぐらい作らなきゃなって思ってたんですけど、一応9個ぐらいネタ出来て。って感じだったよね?

Naoki:うん。ネタが出来てそれをどんどん繋げたらー。

daipon:いじったり繋げたりなんですけど。まぁでも結局半分くらいボツでしたね。

ーー(笑)。

Naoki:確かに使ってないなってやつ、今思えばいっぱいある。

ーー使ってないって、楽曲をリリースするクオリティに合わないとか、今のENTHのノリじゃないとか?

daipon:そうっすね。なんか、これ思ったより使えなかったなーとか。ちょっとやりすぎてるなーとか。

ーーやりすぎてるなっていう曲は入ってるんですけどね(笑)。

Naoki:だって仮タイトル“やりすぎ”だったもん。

daipon:そうそうそう。

一同:(笑)。

daipon:“やりすぎ”っていうタイトルのリフが何個かあって。その中でもやり過ぎてるのに…まぁ全部一緒なんですけど(笑)

一同:(笑)。

S__12599505_680.jpg
ーー楽曲を聴いてプレスリリースを書く人も悩んだんだろうと察します。。。「メロディック最前線」って書きたくても書けなかったから、「ネオメロディック最前線」っていうフレーズになってますね。

Naoki:ネオ出た(笑)。

daipon:ネオの時点でもう新しいのに。

ーーとにかく、聴いた人を惑わすような、めちゃくちゃなミニアルバム。ジャケットも奇抜ですが?

daipon:あれは、それこそ松本で、そうやって遊んでる時に知り合った人に描いてもらって。でも元々コント集団?芸人?みたいなのをやってる人で。趣味で絵描くみたいな感じなんですけど。圧倒的に絵の方が評価されてるんですよ、その人は(笑)。

Naoki:絵描きっていうと「違う!お笑い芸人だ」って(笑)。

daipon:(お笑い芸人としては)そんなに面白くないらしいっす。

ーー(笑)。今までのメロディックアーティストでは絶対に無いようなアプローチのジャケットに仕上がりましたね。

Naoki:そうっすね。

daipon:そうっすね。

ーーどうして、ひらがなの“え”だけ入ってるんですか?

daipon:なんかあれとかはそもそも、もうなんかタイトルとか書かなくていいよなーと思って。ENTHとか、例えば今回”SLEEPWALK”っていうタイトルとか「入れなくていいな~」と思って。そういうの無しでタイトルとか書かなくていいので。僕らみたいなのはあんまり説明しすぎると逆にちょっとダサくなっちゃうなぁと思って。口では言いたくないんだけど、「今回やりたかったのはそういうイメージだったんですよね」みたいな話を(お笑い芸人の方に)して。「全然似てなくていいのでちょっと似顔絵を描いてください」みたいな。で、「顔もそんなガンガン出して、じゃなくていいかなー」と何となく思って。

ーーアー写も遂に変わりましたね。

daipon:はい。

Naoki:やっぱなんか街角でカッコつけて写真撮るのがちょっと恥ずかしくなってきて。

daipon:なんか、やるっていうのがちょっと恥ずかしくなっちゃって。でも、カッコ良く出来たら良いとは思うんですけど、(自分たちの)アー写のイメージが単純に浮かばなくなっちゃったなっていう。そのパターンにしても、面白く外したことをふざけて撮るにしても、カッコ良く撮るとしても。

ーーもう、ふざけきるなら、お金かけてやるしかない!と。

daipon:そうなんですよ。プロモーションの一環としてなんか面白いことやらなきゃなってなっちゃうんで。

ーー結果的にこのアー写とジャケットにたどり着いて。

Naoki:ジャケット、、、納期ヤバかったよね。

daipon:うん。その人(ジャケットを担当してもらったお笑い芸人)酔っ払って3階から落ちて、左半身ズタボロになっちゃったんですよ。

ーーそれはだいぶマズいですね。。。

Naoki:頭蓋骨と…。

daipon:頭割って、こっちの肺つぶして、骨盤砕いて。で、病室でこういう写真送られてきて。「急にこういうことになっちゃったんで、ジャケ多分出来ません。本当にごめんなさい。」みたいなLINEが。

ーー(笑)。

Naoki:「終わった」と思って。

daipon:「うわ、もう終わった、完全終わった、どうしよう。え?俺が描く?」みたいな感じでギリギリまで焦ってたら、共通の知り合いと呑んだ時に、
「ってかアイツ、この間描いてたよ?リハビリとかいって。」
「描けるんすか?」って言ったら、
「いやまだ退院してないと思うんだけど。」って。
聞いてみたら、まぁ右手は動くから描けるらしくって。
で、「大丈夫なんですか?」って聞いたら、
「一応その退院したけど、結局全然何も出来ないから、自宅療養で一応右手だけ動くから。自宅帰ってきたら画材あるから描けるんだよねー。」
とか言って。で、「描いてもらって良いっすか?」って。納期二日前(笑)。

ーーでも仕上げてくれたんですね。

daipon:はい。イメージ自体は元々伝えてあったんで、ちょっとあったんだと思います、頭の中に。で多分、リハビリって言ってインスタとかに上げてたやつもちょっとアピ(―ル)に入ってたと思う。

Naoki:ね、ちょっとアピに入ってたよね。

daipon:「本当はもう描けるんだよ」みたいな。アピール入ってたんだなって。

ーージャケットの方向性から、メロディックと繋がる要素が絶対ないですよね。

daipon:そうっすね。メロコアってめっちゃ狭いじゃないですか。だから、ちょっとそういうシーンから、、、一応メロディック畑で育ってきたからメロコアバンドみたいな括りでいいけど。そういうの無しで、とりあえず手にとってもらえるように、自分たちが良いと思う感じのやつを出す、みたいな。

ーー表題になっている“SLEEPWALK”も全体的にBPM遅めでメロディックぽく無いといえば、そうですよね。

daipon:そうっすね。なんかこれとかも、最近ライブでやって思ったんですけど「遅ぇなぁ」と思って(笑)。作ってる時あんま分からなかったんだよね。

Naoki:うん。まぁでも、、、そういう曲かなぁ。

daipon:そう。こういう曲。ENTH的に今まで無かったところに着けたなぁと思ったんで、イエーイと思ったんですけど。でもなんか、フェスとかだと良くなりそうな気がして。

Naoki:踊るっていうことをまだメロディックパンクのお客さんはやっぱちょっと戸惑ってるよね。

S__12599508_680.jpg
daipon:ENTHのお客さんは本当にブチ上がりに来てるんで。「速い曲以外興味ねぇよ」みたいな。ジャキジャキのリフくれよ、みたいな感じになってるんで。ちょっとまぁゆるい感じのとか。

takumi(Dr/Cho):前(のライブで)面白い取り方してたよね、“SLEEPWALK”、お客さん。

Naoki:やめろやめろ(笑)。この前、オジサンにカラオケ喫茶に連れて行ってもらったんですけど、(リズムを)揉むんですよ(笑)。

daipon:白髪の金持ってそうな優しそうなジィちゃんいて、なんの曲だったっけ?なんかの曲で…

takumi:揉んでた(笑)。

Naoki:揉んでた(笑)。

daipon:肘入って(笑)。

Naoki:2、4じゃなくて1、3 でクラップ(笑)。

daipon:ネオワンスリーで(笑)。

Naoki:でも分かってもらうしかないもんね。

daipon:うん。

Naoki:この俺らのやりたいことを、やっぱ。




PAGETOP