このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

UKFC on the Road “GO AHEAD TOTALFAT, GOOD BYE Kuboty” LIVE REPORT!!

UKFC on the Road “GO AHEAD TOTALFAT, GOOD BYE Kuboty” LIVE REPORT!!
MAGAZINE

UKFC on the Road “GO AHEAD TOTALFAT, GOOD BYE Kuboty” LIVE REPORT!!

Report by (全体)秦理絵
(BIGMAMA、グッドモーニングアメリカ、TOTALFAT)山口智男
Photo by UKFC


2019.8.22
UKFC on the Road “GO AHEAD TOTALFAT, GOOD BYE Kuboty”
@新木場STUDIO COAST


 レコード会社UK.PROJECTとプロダクションUKPMによる恒例のライブイベント「UKFC on the Road 2019」が今年も新木場STUDIO COASTで開催された。TOTALFATのKuboty(Gt/Cho)が10月に脱退することを受けて、今年は「GO AHEAD TOTALFAT, GOOD BYE Kuboty」をテーマに、TOTALFATがキュレイターを担当。TOTALFATのメンバー自身がUKFCで対バンしたいというバンドを、UKファミリーの枠を飛び越えてオファーしたことで実現した一夜限りのスペシャルなイベントになった。

 開演の少し前、まずTOTALFATが全員ステージに登場して前説がおこなわれた。「Kubotyがいる状態での最後のUKFCです。いろいろなステージに首を突っ込みます。会場で俺らを見つけたら、ハイタッチをかましてください!」と、Shun(Vo/Ba)。TOTALFATが作るイベントならば、みんなで陽気なキャラクターになろうということで、「今日はみんなで!?」という言葉を合図に、「陽キャー!」と叫ぶ開会宣言でイベントは幕を開けた。

まずサブステージとなるFUTURE STAGEに綺麗な電飾をあしらって登場したのは、UKプロジェクト内レーベルDAIZAWA RECORDSから今年デビューしたEASTOKLAB。美しく幻想的なシューゲイザー「In Boredom」からスタートすると、美しいアンサンブルにのせた日置逸人(Vo/Syn/Gt)の恍惚のファルセットで会場を魅了した。「ここはFUTURE STAGEなので、未来に向けた曲を最後にやってお別れしたいと思います」と新曲「Dive」を披露。これからの彼らの活躍が楽しみになるような、未来へ向かって突き抜けていくような楽曲でイベントがスタートした。
EASTOKLAB_AZG5672_L_680.jpg
メインとなるFRONTIER STAGEのトップバッターthe telephonesは、メンバー全員がアフロをかぶった陽キャ全開のスタイルで登場。石毛輝(Vo/Gt/Syn)が持ち前のハイトーンボイスで「猿のように踊ろうぜ!」と叫ぶと、「Monkey Discooooooo」で一気にフロアを踊らせていく。「Urban Disco」では、岡本伸明(Syn/Cow/Shr)がフロアを縦横無尽に暴れまわり、石毛が「ウィーアー!」「ディスコ」という恒例のコール&レスポンスで湧かせると、終盤はKubotyとBunta(TOTALFAT,Dr/Cho)も参加。過去には一緒のツアーをまわったこともある2組だが、テレフォンズのステージでTOTALFATがコラボするのは今回が初めて。予定とは違う曲を演奏するというKubotyへのドッキリを仕掛けて笑いをとりつつ、ラストは「I Hate DISCOOOOOOO!!!」で、Bunta&松本誠治(Dr)のツインドラムが炸裂する圧巻のステージだった。
telephones_YK34184_680.jpg

 「最低だなんて」を皮切りに、繊細なギターロックに端正なメロディを紡いだのは初出場のスリーピース、the shes gone。「真っ直ぐに目の前のあなたに伝えにきました」という兼丸(Vo/Gt)の誠実な言葉からつないだ、未練が滲むミディアムテンポ「想いあい」から、軽やかに駆け抜けた「緑とレンガ」まで、大切な人を想い、聴き手の日常に寄り添うために投げかける切実な歌がフロアを優しく揺らした。
shesgone_MG_4030_680.jpg
結成20年を越えるファミリーの長兄=POLYSICSは、ボコーダーを駆使した変声ボーカルとシンセが絡み合う強靭なバンドサウンドで「シーラカンス イズ アンドロイド」でスタート。「Twist and Turn!」では機材トラブルで、ハヤシ(Gt/Vo/Syn/Pro)とフミ(Ba/Syn/Vo)の立ち位置が急遽入れ替わるアクシデントもあったが、「UKFCスペシャル仕様でした!」と、百戦錬磨のライブバンドらしくトラブルも鮮やかに乗り越える。お馴染みの「トイス!」コールを挟み、10月9日にリリースされる新作アルバム『In The Sync』からカオティックな攻撃力を研ぎ澄ませた「Kami-Saba」や「Belong」をいち早く披露すると、ハヤシが口に含んだ水を噴射した「Let's ダバダバ」では、途中で黄色のつなぎとバイザーを着用したShunが乱入。“ダバダバ”が、いつの間にか“PARTY PARTY”に変わったかと思えば、「How are you?」では、Kubotyも参戦。痺れるような速弾きとポリサウンドが絡み合う貴重なコラボレーションだった。
POLYSICS_AZN0689_L_680.jpg

波の音が響きわたり、FUTURE STAGEに心地好いチルタイムを作り上げたSPiCYSOL。KENNY(Vo/Gt)の華やかなボーカルが映えるシーサイドナンバー「Mellow Yellow」、サンバのリズムとPETE(Key/Trumpet/Cho)による生のトランペットが熱い昂揚感を生んだ「Fresh Go」でフロアを穏やかに揺らすと、TOTALFATを呼び込み、SPiCYSOL風のメロウなアレンジで聴かせたのは「Room45」。2組の陽性のヴァイブスが重なる熱演だった。
SPiCYSOL_YK34272_680.jpg
声を枯らさんばかりの絶唱と爆音に剥き出しの感情をぶつけたtetoは「高層ビルと人工衛星」から体当たりのパフォーマンスを繰り広げた。衝動的な演奏のなか、マイクスタンドをなぎ倒した小池貞利(Vo/Gt)は、「拝啓」ではギターを抱えたままフロアへダイブ。新曲「全肯否定」に人間に対する熱い想いを託すと、MCでは、お酒ばかり飲んで孫の名前も思い出せなくなった祖父だが、tetoのCDを聴かせると、「貞利の歌はいいな」と言ってくれる、名前を思い出してくる、と語りかけた小池。「音楽に人を救える力がないと思ってる。救われるのは、その人が強いから、音楽が救われた気持ちになると思ってるけど、その時、音楽には人を救う力があるなと思いました」と伝えた「光るまち」で命を燃やすような渾身のパフォーマンスですべての力を出し尽くすと、小池はフラフラとした足取りでステージをあとにした。
teto_MG_2668_680.jpg

 愛というかたちのない感情を丁寧に紐解く「名もなき感情」からライブをスタートさせたウソツキ。普段あまり披露されることのない「アンダー・ザ・シー」のカバーで、Shunとのスペシャルなコラボを展開すると、MCでは、竹田昌和(Vo/Gt)が「UKFCで一番の陽キャです」と言いながらも、「陽キャのみなさんが苦手なんですよ(笑)」「僕たちは夜中のひとりのあなたのために音楽をやっています」と言って、新曲バラード「0時2分」を披露。去年よりも一回り進化した姿をFUTURE SUTAGEに刻んだ。
ウソツキ_AZN1868_L_680.jpg
続けて、大きな手拍子に迎えられて登場したBLUE ENCOUNTは、「KICKASS」から、4人のプレイが激しく主張し合う骨太なナンバーでフロアを震撼させた。田邊駿一(Vo/Gt)が「新木場、もっとかかってこいよー!」と挑発的な言葉を投げかけ、さらに「Survivor」と「DAY×DAY」というキャッチーなライブアンセムを容赦なく投下されると、彼らがUKファミリー以外の出演アーティストであることなど関係なく、フロアは熱狂的なムードに包まれていく。ラスト1曲を残して、田邊が「正直に想いを伝えるのが苦手な人がバンドをやってる、特にTOTALFATはそういう先輩だと思うから、伝えたいことは言葉ではなく、音楽で届けたい」と言うと、その出会いに感謝を込めて「THANKS」で終演。どこまでも熱くエネルギッシュなパフォーマンスが鮮烈な印象を残した。
BLUE ENCOUNT_YK34548_680.jpg

ライブエリアの外で展開している「CHILL GARDEN」では、SPiCYSOLのメンバーによるアコースティックライブも行なわれた。ショートバージョンで披露された「#goodday」や「Honey Flavor」といった楽曲に、虫の鳴き声も重なり合う空間。集まったお客さんはライブハウスの熱狂とは一味違うリラックスしたムードに酔いしれていた。

後半戦の口火を切ったのはTOTALFATと同じく八王子発の次世代メロディックパンクバンドINKYMAPだ。初っ端からKubotyが飛び入りするというサプライズでも湧かせると、「Shine」や「Take The Lead」というポジティブなナンバーの連発にフロアから力強くこぶしがあがる。最後に「仲間の歌です」と紹介した「Still In A Dream」まで、ライブハウスという場所が巻き起こすミラクルな瞬間を信じ続ける真っ直ぐなアクトだった。
INKYMAP_30A0411_680.jpg





PAGETOP