このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

UKFC on the Road “GO AHEAD TOTALFAT, GOOD BYE Kuboty” LIVE REPORT!!

UKFC on the Road “GO AHEAD TOTALFAT, GOOD BYE Kuboty” LIVE REPORT!!
MAGAZINE

UKFC on the Road “GO AHEAD TOTALFAT, GOOD BYE Kuboty” LIVE REPORT!!

 スタートから4時間30分。それまで9組のバンドがそれぞれに熱演を繰り広げてきたイベントは、いよいよ終盤戦に突入! その口火を切ったBIGMAMAは、ベートーヴェンの「交響曲第9番 歓喜の歌」をモチーフにした「No.9」のアンセミックなメロディーで、1曲目からフロアを沸かせると、「MUTOPIA」「最後の一口」「ダイヤモンドリング」とイントロから歓声が上がる人気曲の数々を、言葉は必要ないと言わんばかりにたたみかけるようにつなげ、アンセミックでエモーショナルな盛り上がりを、ぐいぐいと作り上げていった。 そして、ライヴの流れにさらに弾みをつけるように“新木場に革命の合図を!”と金井政人(Vo/Gt)が声を上げると、それに応え、TOTALFATからKubotyが登場。柿沼広也(Gt/Vo)と「ファビュラ・フィビュラ」のハード・ロッキンなリフを鳴らす。続く「CPX」では、そこにShunが加わって、金井の歌に声を重ねる。ひと際、熱が上がったアップテンポな演奏にフロアではモッシュとダイヴが始まっている。柿沼、東出真緒(Violin/Key/Cho)、Kubotyがソロを応酬する光景は、2度と見られないかもしれないという意味で、まさに革命的だ。

Shunがフロアを焚きつけるように“Hi! Hi! Hi!”と声を上げる中、東出がドヴォルザークの「新世界」をモチーフにしたリフを鳴らすと、フロアから“ウォー‼‼”という大歓声が上がる。「荒狂曲"シンセカイ"」。Shunがステージからフロアにダイヴ! 駆け抜けるような演奏に応える観客のダイヴとモッシュは、柿沼とKubotyがギター・バトルを繰り広げる最後まで止まらなかった。
Kubotyを送り出すために隙のないベスト選曲で臨んだBIGMAMAの本気の演奏。まさに圧倒的の一言だった。
BIGMAMA_AZJ7334_L_680.jpg

 そのBIGMAMAとグッドモーニングアメリカ(以下グドモ)、そしてTOTALFATの3組の中で最も“エモい”ライヴを繰り広げたのがグドモだった。 “UKFC on the Roadに憧れてた。一緒にイベントを作れてうれしい”と語った渡邊幸一(Gt/Cho)をはじめ、この日のグドモのメンバーたちの胸の中には、去来するさまざまな感慨が溢れていたようだ。
 しかし、“喋りたいことが渋滞している。長くなるからやめよう”(渡邊)と、彼らもまたその思いを、“全部音楽に詰め込んだつもりです!”(金廣真悟/Vo, Gt)と胸を張れる渾身の演奏にぶつけていった。もっとも、たなしん(Ba/Cho)だけはKubotyがTOTALFAT以前にやっていたバンド、LOWBROWの曲を流しながらKuboty風のロン毛のカツラを被って客席から登場したり、Kubotyを意識したレスリング・ユニフォームを着たりとKubotyに対する餞の気持ちが、やや暴走していたように思えたが(笑)、それでこそたなしんだ!  それはさておき、この日のグドモはセットリストも特別だったんじゃないか。エモい「YEAH!!!!」やメロディック・パンク風の「言葉にならない」でぐっと盛り上げると、前身バンド、for better, for worseの「A landscape back to us」も披露。そこにはアマチュア時代、ともに切磋琢磨していたTOTALFAT、BIGMAMAに対する思いが込められていたに違いない。
グドモ_YK24624_680.jpg

 「未来へのスパイラル」では演奏に加わったJose(TOTALFAT,Vo/Gt)がフロアにダイヴ。クラウド・サーフィンしながら、“おまえらの声を聴かせてほしい!”と訴え、観客にもシンガロングの声を上げさせる。そして、Kubotyに贈る「餞の詩」を、グドモの4人がじっくりと聴かせてからのラストは、アンセミックな「空ばかり見ていた」を、金廣からギターを渡されたKuboty、そして、観客とともに歌い、♪お~お~お~という歌声を会場中に響き渡らせたのだった。

“普通にワンマンやったほうが楽だった(笑)”とTOTALFATのメンバーは幾つものステージに出たことを振り返ったが、もちろん、それはジョーク。多くの仲間たちが自分たちを応援してくれるなら、自分たちも自ら汗をかかなければ、と考えたのだろう。

いよいよ大トリのTOTALFATだ。時間はすでに午後9時を回っている。しかし、平日も平日、まだ週の真ん中であるにもかかわらず、TOTALFATを見ずに帰れるかとフロアは、いまだすし詰め状態。そんな観客にTOTALFATが“最後まで残ってくれてありがとう。ハデにやっちゃいましょう!よろしく!”(Jose)といきなりぶつけたのが、真夏にふさわしいパーティー・ソングの「夏のトカゲ」なんだから盛り上がらないわけがない。
TOTALFAT_MG_5094_680.jpg
TOTALFAT_MG_4999_680.jpg

“暴れられんだろ⁉”とバンドが煽る前にモッシュ・サークルが出現。その周りでは、ジャンプや手拍子、思い思いの乗り方でそれぞれに楽しんでいたが、中盤、祭りのビートに合わせ、“それ!それ!それ!”とタオルを回すと、大きな一体感が生まれた。

そこから“行くぞ!行くぞ!行くぞ!新木場ぶっこわせ!”(Jose)と、昨年リリースした目下の最新アルバム「Conscious+Practice」からTOTALFAT流メロディック・パンクの何たるかを詰め込んだ「Broken Bones」「Phoenix」、そして、「Room45」とつなげ、シンガロングを交えながらきっちり盛り上げたところで、“俺たちのファミリー”(Shun)とBIGMAMAの金井と東出を呼び込み、“一緒に歌おうぜ!”と披露したのが「晴天」だ。Shunと金井のデュエットに加え、Kubotyのギターに東出がヴァイオリンを重ねる、この日だからこそのスペシャルなセッションに観客も大喜び。大きな円陣を組んで、くるくると回る光景は、まさにピースフル。
_MG_2877_680.jpg

そんなスペシャル・セッションは、パーティ・アンセムの「PARTY PARTY」でも実現した。BLUE ENCOUNTの田邊駿一と江口雄也(Gt)、the telephonesの長島涼平(Ba/Cho)と岡本伸明を迎え、ShunとJoseがピン・ヴォーカルで歌い、Kubotyと江口がツイン・リードを閃かせた、今回の「PARTY PARTY」。タイトルをコールする観客のシンガロングの声も、いつもより大きかったんじゃないか⁉
_30A0715_680.jpg

“現在の4人でUKFC on The Roadのステージに立つのは、これで最後。そんな俺たちのために駆けつけてくれた、みんなに感謝”と語ったShunは、“わかった!来年、Kubotyをゲストに呼べばいいんだ。UKFCにはNGがない(笑)”と、本気なのか、ジョークなのかわからない思いつきを口にしながら、“きっと大事なところは一緒にいる”とKubotyに餞の言葉も贈る。

そして、“怖いものは何もない。これからも怖がらないで、一緒に走っていこう。一緒に歌いましょう。俺たちの未来を託そうぜ!”と観客に今の思いを伝えると、本編のラストを「ONE FOR THE DREAMS」で締めくくった。 そして、“やらないわけないじゃん(笑)”(Shun)とアンコールでも三たびスペシャル・セッションが実現した。
_30A0847_680.jpg
TOTALFATのメンバーとグドモのメンバーが高校の同級生で、その2年下にBIGAMAMAのメンバーがいたことを語ったShunは、“中大付属高校学閥チームでアンコール”とグドモから金廣、渡邊、ペギ(Dr/Cho)、BIGMAMAから金井、柿沼、東出、安井英人(Ba)を呼んで(その頃、たなしんはなぜか客席に!)、披露したのが「Good Fight & Promise You」なのだが、演奏を任せ、Shun、Jose、Kuboty、Buntaがマイクを持っているという光景は、たぶん2度と見られないんじゃないか。

演奏中、BLUE ENCOUNT、SPiCYSOL、the telephonesのメンバーがステージに乱入。いつの間にかドラムがペギからBIGMAMAのリアド偉武(Dr)に、ベースが安井から、たなしんに変わっている。
“この夏一番でかい声を出して、笑顔で帰りましょう!さあ、胸を張っていくぞ!”(Shun)。仲間たちが見守る中、TOTALFATの4人は最後の最後に「Place to Try」を、観客がシンガロングの声を上げる中、演奏した。この曲を作った時と現在では、バンドの状況はまた違うものの、〈何も怖くなんてないんだ〉と歌うこの「Place to Try」ほど、新たな道を歩き始めた彼らにふさわしい歌はなかった。
TOTALFAT_MG_3206_680.jpg
TOTALFAT_MG_4825_680.jpg

 見守っていた仲間たちが次々にステージからダイヴをキメる。この日、ShunはUKFC on the RoadのUKFCの意味を、UK. PROJECTのFamily Conference=家族会議と語ったが、お互いに遠慮が要らない家族の集まりにふさわしい大騒ぎを繰り広げる仲間たちが頼もしく思えたに違いない。それはKubotyと自分らの新たなスタートを盛り上げ、背中を押そうと集まった仲間たち――Shun曰く、ガキの頃から大好きな音楽で戦いながら、切磋琢磨してきた同志の存在の大きさを改めて実感したからに他ならないわけだが、ステージを去る前にShunが大きな声で言った“俺たちがUK. PROJECTだ!”という一言には、この日の感慨が集約されているように感じられたのだ。



>>>TOTALFAT OFFICIAL HP




PAGETOP