このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

locofrank "Beyond the epilogue"&"Time Files" INTERVIEW!!

locofrank "Beyond the epilogue"&"Time Files" INTERVIEW!!
MAGAZINE

locofrank "Beyond the epilogue"&"Time Files" INTERVIEW!!

Interview by Chie Kobayashi
Photo by Yasumasa Handa




9年ぶりのシングル

ーー今作は「TIME AFTER TIME / HAPPY」(2010年5月リリース)以来9年ぶりのシングルですが、今回シングルという形でリリースした理由を教えてください。

Tatsuya(Dr,Cho):先にDVD(「Time Files」)を出すことが決まってて。「DVDと一緒に何か出したいなあ」という話から「全然出してへんし、シングル出す?」と。

木下正行(Vo, B):前回シングル出したのっていつやったっけ? 2010年か。

森勇介(G, Vo):「TIME AFTER TIME」やね。しかもカバー曲って。どんなメジャーバンドやねん(笑)。

木下:当時、TOSHI-LOWさん(BRAHMAN)にめっちゃ怒られたな(笑)。

森:「気が狂ったのか、お前たち」って(笑)。

ーー(笑)。シングルとアルバムの制作は、どういうところが違いますか?

木下:アルバムだったら十何曲を使ってストーリーや起承転結を作り上げられるんですけど、シングルは3曲で完結させなくちゃいけないので、そこが難しいですよね。今回はひさびさのシングルだったこともあって緊張しましたね。結果、いい具合にまとまったかなとは思います。

ーー今作はシングルのタイトルでもある「Beyond the epilogue」(終幕を超えて)の通り、3曲とも20周年イヤーを終えても走り続けるlocofrankだからこそ歌える景色や感情がつづられているという印象を受けました。

木下:そうですね。長いこと活動させてもらって、いい意味での振り切り方がわかったというか。今までは気負って気負って突っ走るみたいなところがあったと思うんですけど、ある時期から振り返る余裕ができて。突っ走るという俺らの良さも持ちつつ、肩の力を抜いたラフさみたいなところも出せたらと思って作ったので、それが3曲に共通して出たのかもしれないです。

ーーコンセプチュアルに作ったわけではなく、自然とこうなったんですね。

木下:はい。歌詞は俺が書いてるんですけど、最近のロコはライブも自然とそういう感じになっているんじゃないかなと。あんまり硬くならずに、いい意味でのラフさを出す。それが結果的に楽しむってことにつながればいいなと思いながら。

ーー「ある時期から振り返る余裕ができた」ということですが、そのきっかけは何かあったんですか?

木下:レーベルを3人で回すようになって、演者と裏方の両方を試行錯誤しながらやっていく中で、考えなしでは前に進まれへんかったというか。

Tatsuya:ライブ1つにしても「これでほんまにええのかな?」とか「これってもしかして俺らっぽくないんじゃないかな?」とか思うことが増えたかな。

森:結局のところ、僕らは行き詰まったんですよね。バンドが好きでがむしゃらにやってきて、でも行き詰まっちゃって。「じゃあどうするんだ?」と考えたときに、ただ突っ走るという今までの価値観がダメだとは思わないけど、ここからは1つずつ考えて、もっともっと自分たちが伸びていくしかないんだろうなという感覚に変わったんだと思う。

木下:自分たちのできることをやってきたら20年経ったけど、改めて20年やれてることってすげーよなと思って。ありがたいことにメンバーも変わってないし。ただ、そのぶんこの3人、ロコでできることはだいたいやったきた。じゃああとは「どうやったらもっと楽しめるやろ?」「どうやったらもっといろんなやつらと出会えるだろう?」ということを実現するために、何をするべきかを考えるようになった感じやな。

楽曲についてあまり語らないのでイキリました!

ーーではここからは収録曲について1曲ずつ聞かせてください。

木下:(森に向かって)1曲目、どうですか?

森:この曲はひさしぶりにリフから作ったんですよ。いつもはまずメロディを作って、次にイントロを作って……って進めることが多いんですけど、今回は入れてみたいなと思ったリフからイントロと間奏を作って、それに合うメロディを探して……って。こうやって作ったのはごっつひさしぶり。何年ぶり……もしかしたら何十年ぶりとかかもしれないです。

木下:「何十年ぶり」ってお前、バンド20年しかやってへんやろ。芸歴40年の大物作曲家みたいやないか(笑)。

森:ああ、そうか、すみません! 俺、楽曲について語る機会がほぼないのでイキリました!(笑)

全員:あははは!(笑)

森:いつもとは真逆の作り方だったので新鮮でしたね。「このリフに合うメロディってどんなんかな」と探していったので時間はかかりましたけど、ひさびさだったので楽しかったです。

木下:ギタリストが作った曲って感じがする。こんなわけわからんコード、俺は絶対出てけえへんもん(笑)。

森:わけわからんコードは使ってないでしょ!(笑)

木下:ちょっとオシャレにしよるんですよねえ。俺にはない引き出しやからすごいなって思う。悔しいと思えるくらいええ曲やなと。

ーーマイナー調の楽曲がリード曲になるのもひさしぶりな感じがしますね。

木下:ああ、HATANOさん(HAWAIIAN6)もそう言ってたな。

Tatsuya:昔はよくやってたんですけどね。とはいえ別に狙ったわけではなくて、単純に出来上がった3曲の中からリード曲について話し合って「Beyond the epilogue」になっただけで。それがたまたまマイナー調やったっていう。

森:僕が根暗なだけです(笑)。

木下:根暗っていうか、なんか色っぽいねんな。

「START」のアンサーソング

ーー2曲目「Don't Mind A Scratch」はどうですか?

森:「正行、来たねえ」って感じですね。

ーーこの曲は木下さんが作曲されたんですね。

木下:はい。ちょっと明るい曲が作りたくて。でも明るい中にも泥臭さが欲しかったんで、「かすり程度は気にしない」って意味のタイトルで、そういう内容の歌詞にしました。ありがたいことに年数を重ねてきて、そのぶん支えてくれる仲間も多いんですよ。でも逆におらんくなっていくやつも多い。だからこそ今、一緒に酔っ払ったりふざけたりする仲間の存在のありがたみをしみじみと感じてて。そういう仲間のことを思いながら「つらいこともあるやろうし、うまくいけへんこともあるやろうけど、かすり傷程度やったら気にしない、その精神でいたいよな」という思いを歌詞にしました。

ーー明るい曲調に、ただ明るい歌詞を乗せるわけじゃないところにlocofrank節を感じますね。

木下:根暗なんでしょうねえ(笑)。

ーーいやいや(笑)。最後に3曲目の「STILL」について聞かせてください。

木下:これはちょっと狙ったんです。

ーーと言うと?

木下:去年「Stories TOUR」が終わったときに、「START」(2003年10月リリースの1stミニアルバム「Starting AGE」収録曲)のアンサーソングのような曲を作ろうと思いついて。「START」を出した頃ってバンドが20年も続くと思ってなかった。だからといって解散するとも思ってなかったけど。どこまで続くかということすら考えてなかった。でも結果、ここまで続けさせてもろうて。続けてる限り、20年もゴールじゃなくてまだ過程なわけで。あの時“始まった”僕らは“まだ”やれてる。どこがゴールかわかれへんけど、また何年後かに「あの時ああ言ってたけどまだやれてる」って言うんかなと思ったら、夢あるなと。それで「START」のアンサーソングを作ろうと思った。だから歌詞も「START」からピックアップして、そのときと比べて今はどうかという内容にしてます。

森:へえ。

木下:今、知ったやろ?

森:うん。

ーーえ、そうなんですか? 今のお話聞いて、お二人はどう思いました?

森・Tatsuya:へええええええ!(笑)




PAGETOP