このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

COUNTRY YARD "GREATEST NOT VACATION TOUR" LIVE REPORT!!

COUNTRY YARD "GREATEST NOT VACATION TOUR" LIVE REPORT!!
MAGAZINE

COUNTRY YARD "GREATEST NOT VACATION TOUR" LIVE REPORT!!

Report by 小林知絵
Photo by Toma Kamimura


2019.11.10
COUNTRY YARD “GREATEST NOT VACATION TOUR”
@新代田 FEVER


今年のCOUNTRY YARDは怒涛だった。サポートメンバーだったShunichi Asanuma(Dr)の正式加入、そしてPIZZA OF DEATH RECORDSへの移籍。COUNTRY YARDはバンド歴も10年を超え、環境の変化があっても活動や作品がブレないことは想像できるが、それでもPIZZA OF DEATH RECORDSへの移籍は、ファンや周りのバンドマンを驚かせたし、同時にワクワクもさせてくれた。しかもPIZZA OF DEATH RECORDSから発表する最初の作品が「Greatest Not Hits」と冠されたベストアルバム。東京・新代田FEVERで行われた同作ツアーのファイナル公演でYu-ki Miyamoto(G, Cho)はこのタイトルについて「すごいしっくりきた」と笑っていたけど、同時に「ポジティブに考えると『ここからチャンスあるっしょ』っていう」と話していた。Keisaku “Sit” Matsu-ura(B, Vo)も自らを“スルメバンド”と呼んだ。このバンドは時代の流れや流行りに流されることなく、常に自分たちがカッコいいと思うものだけを追求してきたからこそ、安心感も説得力もある。
191113_0019_680.jpg

ソールドアウトで迎えたファイナル公演。いつも通りステージに登場すると、最初に向き合って音を鳴らす4人。その時点で、ツアーを経て得た団結力やツアーの先を見据えた覚悟を感じさせた。バンドはさっそく「Don't Worry, We Can Recover」「I'll Be With You」とベストアルバムの曲順でプレイすると、会場にはたくさんの拳がつきあがる。MiyamotoとHayato Mochizuki(G, Cho)はそんなフロアを見渡しながら、楽しそうな表情を見せる。Sitも「端の端まで届けるから」「俺は歌で超えていくよ、覚悟しとけ!」と頼もしい言葉を放ち、力強い歌声を聴かせていった。さらに「Cross The Border」「Starry Night」と人気曲が続けられると、ダイバーの数もさらに増え、場内は異様な熱気に包まれる。
191113_0036_680.jpg

ベストアルバムのツアーでありながらも、常に前を見据えている彼らは、今回のツアーの会場限定で7inchレコード「Daylight EP」を発売した。“新曲ゾーン”と銘打ち、ベストアルバムに収録されている新曲「Before I Crack」、「Daylight EP」収録曲「Daylight」ではひときわ躍動感あふれるドラムが演奏を牽引し、「Envelope」ではリバーブを効かせたギターフレーズが叙情的に響き渡る。さらに「Bed」ではSitがソウルフルなアカペラで、それまで暴れまわっていた観客を引きつけるなど、キャリアや年齢を重ねたがゆえの表現力の豊かさを感じさせた。

191113_0064_680.jpg

Sitが「何かあったらいつでもあんたの目の前に現れるよ」と言葉を贈った「Always Be Here」、Hayatoがスピーカーに登って高らかにギターを聴かせた「In Your Room」とラストスパートをかける4人。やわらかなボーカルとコーラスが染み渡った「I'm Alright, You're Alright」のあとにはSitが「最高の景色をありがとう」、Miyamotoが「曲が浸透するまで時間がかかるからずっと続けなきゃと思いました」と各々この日の公演を噛みしめる。そして彼らが本編の最後に選曲したのは「Smiles For Miles」。ここで定番曲や人気曲でなく、ベスト盤に収録した新曲を選ぶところから、彼らの前進の気持ちが表れている。タイトル通り、ステージ上の4人は笑顔で穏やかに楽曲をプレイ。フロアの観客も笑顔を浮かべ、温かなムードで本編が締めくくられた。アンコールが終わっても、アンコールを求める声は止まず、バンドは最後に「Universal Hour」を披露し、大団円のうちにツアーの幕を下ろした。
191113_0091_680.jpg

「Daylight EP」の発売に際して、Miyamotoが「(「Daylight EP」を聴くために)レコードプレイヤーを買った人?」と尋ねると、フロアから幾人かの手が上がった。Miyamotoはそれを見て「俺の気持ちが100%届きました」とうれしそうにつぶやいていた。MiyamotoはCOUNTRY YARDを始めてから、自身が好きな音楽はもちろん、メンバーの好きな音楽も聴くようになったと言い「みんなにもその気持ちになってもらえたら」と、今回アナログ盤でのみのリリースにした理由を話す。するとSitも「バンドっていうのは常に誰かの入り口だと思う」と重ね、「この世界に音楽が必要な人が増えたらいいなと思って歌い続けてる」と真摯に話していた。「“最初の砦”になりたい」そう話す彼らは、誰かにとっての“ヒット曲”をたくさん作ってきているし、これからも作り続けてくれるのだろう。
191113_0110_680.jpg



[SETLIST]
01. Don't Worry, We Can Recover
02. I'll Be With You
03. Tenderness Felt
04. Far Flower
05. Quark
06. Turn Up The Sun
07. Cross The Border
08. Starry Night
09. Before I Crack
10. Daylight
11. Envelope
12. Bed
13. Always Be Here
14. In Your Room
15. Long Way Around
16. I'm Alright, You're Alright
17. Alternative Hearts
18. Orb
19. Smiles For Miles

En01. Here I Am
En02. Seven Years Made My Now

En03. Universal Hour




>>>COUNTRY YARD OFFICIAL HP




PAGETOP