このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

TOTALFAT×Daihei Yamanaka (CLEAVE) "Smile Baby Smile" INTERVIEW!!

TOTALFAT×Daihei Yamanaka (CLEAVE) "Smile Baby Smile" INTERVIEW!!
MAGAZINE

TOTALFAT×Daihei Yamanaka (CLEAVE) "Smile Baby Smile" INTERVIEW!!

Interview by Chie Kobayashi
Photo by Taio Konishi



TOTALFATが3月25日にデジタルシングル「Smile Baby Smile」をリリースした。「Smile Baby Smile」は新型コロナウイルスの感染拡大の状況を踏まえ、2月に始まったライブツアー「MILESTONE Tour 2020」のキャンセルが相次ぎ、時間とパワーを持て余したという3人が急きょ制作した楽曲。「早くファンに届けたい」という思いから、制作は猛スピードで進んだという。ハッピーなサウンドと歌詞、メンバーやスタッフの笑顔を収めたMVに、救われたファンも多かっただろう。

SATANIC ENT.ではTOTALFATの3人と、彼らと共に急ピッチでのレコーディングに携わったレコーディングエンジニアの山中大平(CLEAVE)の対談を実施した。彼らがこの曲に込めた思いを感じ取ってほしい。


今の気持ちを曲にするということが、バンドマンとしての使命

――デジタルシングル「Smile Baby Smile」は、新型コロナウイルスの感染拡大の状況を踏まえてツアーをキャンセルしてから制作を始めたそうですね。急きょリリースすることになったということですが、この曲をリリースするまでの経緯はどんなものだったんですか?

Shun(Vo, Ba):2月26日に千葉LOOKでツアー(「MILESTONE Tour 2020」)の初日公演をやったあと、2本目からライブをキャンセルすることになって。その瞬間、3人で「じゃあ曲作るか」って話になって、すぐに曲作りの合宿を入れたんです。

totalfat0403_01

Bunta(Dr, Cho):3月の1週目には合宿したよね。

Jose(Vo, G):うん。速攻入った。

Bunta:リリースこそ決まってなかったものの、もともと4月にレコーディングをしようと思ってたんです。だからそのときのための曲作りをこのタイミングでやっちゃおうぜっていう。

Shun:アルバムを出したばっかりだったんですけど、3人でのツアーを始められたこと、でも続けられていないこと、今の社会の現状なんかが要因で、俺らの中にいろんなものが出てきて。今の気持ちを曲にするということが、バンドマン、ミュージシャンとしての仕事なんじゃないかな、というある種の使命感みたいなものを感じたんです。それがパンクバンドなんじゃないの?とも思って。だからこういう俺ららしい、ポジティブの塊みたいな曲ができた以上、なるべく早くファンの人に届けたいと思ってリリースを急いだんです。

Bunta:ただ……「Smile Baby Smile」はその合宿でできた曲ではないんですよ。

山中大平:えっ! マジで!?

Bunta:合宿のあとの、3月7日にミーティングがあって「こういう状況だし、なる早で1曲リリースしたいよね」って話になって。そのときに、Shunが「実は合宿で作った曲とは別に、スカの曲がデモの状態であるんだよね」と。で、「今出すんだったら、この曲がいいんじゃないか」という話になって、そこからアレンジをして……。

Shun:そのときはサビだけあるみたいな状態だったんじゃないかな。

山中:じゃあなんで今、合宿の話したの?

Shun:あの合宿に入ったこともすごく意味があって。今回、マネージャーも不在で、3人だけで合宿に入ったんですよ。そのときに来年、再来年の話から、「今後、俺らはどうなりたいか」みたいな核心めいた話をして、なんかエンジンがかかっちゃったんですよね。

Bunta:普通の合宿所だったから、和室で雑魚寝でね。

Shun:夜中の2時、3時までスタジオに入って、一緒に風呂入って、寝るぞって布団に入って、電気消して……「あのさ〜、来年さ〜」って。

Bunta:そこから盛り上がっちゃったんだよね。

Shun:「現状に不満はないけど……やっぱり海外行きたいよね」。

Bunta:「もう1回、海外目指そう」って。

Shun:なんかそういう会話から、俺の中で火が付いて。でも合宿で作った曲はそれはそれでいい感じだったから、「Smile Baby Smile」の原型は合宿ではあえて出さなくて。

Jose:合宿中にも言ってたもんね。「近い曲持ってるけど、今はいいや」って。

Shun:うん。でも、合宿でブーストがかかって、帰ってきてから冷静になって改めて聴いたら「これはたぶん、ものすごくいい曲になるぞ」と思えた。しかも今のこの世の中で、自分がこういう曲を求めていて、つまりTOTALFATのファンの人も、俺らのことを知らない人も同じように、こういう曲を求めてるんじゃないかって思えたんだよね。

これは無理くそでもやるべきなんじゃないか

Bunta:で、その曲を3月7日のミーティングに持ってきて。

Shun:大平くんに7日にすぐ連絡して。

山中:うん、すぐだった。

totalfat0403_05

Shun:あのときまだワンコーラスしかできてなかったんだよ。歌詞も仕上がってなかった。

Jose:でもレコーディングは12日だったってことは……そっか、そこから1週間も経たずに録れたのか。

Shun:最初はスケジュール的に厳しいって言われたの。「録ったとしても、ミックス作業ができるのは4月だ」って。

Bunta:まあ、そうだよね。「いきなり言われても」って普通はなるよね。

Shun:で、「まあ、そうだよね」と思って、ほかの人探そうという話をしてたら、数時間後に「いや、いけなくもない。突貫工事でなんとかなるんじゃないか」って連絡がきた。

山中:電話切ったあとに「これは無理くそでもやるべきなんじゃないか?」って考えたんだよね。メンバーの勢いもすごかったし。自分が作り手でもあるというのもあって、ヤバい曲ができたときの止められない衝動みたいなのはよく知ってるから。で、「これはやるしかねえ」と思って、いつも使ってるスタジオに日程確認して。

Shun:頼んでもないのに仮押さえしてた(笑)。

山中:そうそう(笑)。

この曲を歌うべきときがきた

Bunta:ちょっと話が戻っちゃうんですけど。この曲をフル尺でアレンジしようって3月9日にスタジオを予約して。そのとき確か4、5時間スタジオを押さえてたんですけど……アレンジを始めたら一瞬でできちゃったんですよ。

totalfat0403_02

Shun:そう、3回くらいあわせて完成したよね。1番しかできてなかったから、とりあえず1番をあわせてから続きを考えていこうと思っていたら、1番のあとも演奏が止まらなかった。

山中:マジか!すごいねえ。

Shun:みんなで1つの車に乗って、知らない道を走ってるみたいな感覚だった。「こっちじゃね?」って探り合いながらも2番が終わって。演奏始める前にBuntaが「2番はギターソロじゃね?」って言ってたのを思い出して、ギターソロで進めて。

Bunta:歌詞がなかったから。

Shun:そう。俺もギターソロだと、歌詞考える必要ないからスピード感上がっていいなと思って(笑)。で、2サビが終わってから「どうする?」って話に。演奏中だよ!演奏しながら「どうする?」って話してたら、うっかりいい感じのマイナーコードに入って。

Jose:いい感じにね!

山中:入りたくなるよね。

Shun:パンクマナーみたいなところあるよね。そこで俺がフリースタイルで歌ったのが、このCメロ。

山中:なるほどね! バチハマリだね。

Shun:で、マナーで、Cメロ終わったら落ちサビがくるわけよ。そしたらラスサビね。もう「茶沢通りまっすぐ行ったら三茶です」みたいな。

山中:「行ったことなくてもとりあえず走りゃわかるから」みたいなね(笑)。

Jose:そう。そうやって1時間くらいで構成ができて。

totalfat0403_08

Bunta:だから「もうBunta、OK!帰っていいよ!」って言われて(笑)。

Shun:Joseくんにも「ギター録ったら帰っていいよ」って(笑)。

Jose:最後はShunの歌詞待ちみたいな。

Bunta:すげー早かった。

Shun:こういうとき求められるのって、ジャンルが持ってる本質だと思うんだよね。気を利かせすぎると、伝わるものも伝わらなくなっちゃうような気がして。それは俺らが3ピースになったことでより感じてることでもあったんだけど。

Bunta:あとスカっていうのも、メッセージ的にいいよね。スカって黒人と白人の融和の音楽で。今、世界で起きてることもそうだと思うんだよ。初めはアジアで始まって、アジア人がボコられてて……けど今じゃアメリカ、ヨーロッパに広がって。

Shun:俺、めっちゃ覚えてるよ。デモを聴かせる10分前くらいにさ、みんなでアジア人がリンチされてる映像を見たんだよね。俺らはそれを見て欧米人に中指立てるとかじゃなくて、こういうときにこそ音楽が必要だよねって思った。

Bunta:そうそう。曲調もメッセージも含めて、このタイミングに出せてよかったよね。

――歌詞はデモの段階からあったんですか?

Shun:「I wanna make you smile」っていうフレーズだけあったんですよ。俺らの持ってる強さを体現する歌詞だなと思っていて。アッパーな感じというか。曲がアッパーってことじゃなくて、生き方。それをうまく表現できて、しかも誰でも簡単に歌えるから、大切にしたいなと思っていた。だからこそ、どこに向けてこの曲を歌うかを探してたんだよね。で、今の状況を受けて、言っちゃうと……「歌うべきときがきたな」って思ったの。で、今のこの状況に向けて残りの部分を仕上げていった感じかな。




PAGETOP

PAGETOP