このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

COUNTRY YARD "WAKEFiELD sessions" LIVE REPORT!!

COUNTRY YARD "WAKEFiELD sessions" LIVE REPORT!!
live report

COUNTRY YARD "WAKEFiELD sessions" LIVE REPORT!!

Report by Chie Kobayashi


2020.5.16 COUNTRY YARD "WAKEFiELD sessions"


新型コロナウイルス感染拡大により、ライブハウスの営業自粛が続く中、Andrew考案の企画「WAKEFiELD sessions」が始動した。この企画はAndrewのレコーディングスタジオ・WAKEFiELDにてメンバーが1日1人ずつ個別に一発録りで録音および録画を行い、最終日に最後の1人がそれにあわせて演奏する姿を生配信するというもの。当日は収録済みのメンバーも自宅よりMCに参加する。なお生配信の観覧には事前に購入したチケット(アクセス権)が必要となる。

5月16日に行われた初回のゲストは、最新アルバム「The Roots Evolved」のレコ発ツアーがすべてキャンセルになってしまったCOUNTRY YARD。画面に現れたAndrewが最初に「みんな新曲聴きたいと思って」と彼らをゲストに選んだ理由を説明したあと、ライブは“開演”した。画面は4分割され、それぞれのメンバーの演奏シーンが映し出される。そしてShunichi Asanuma(Dr)による力強いドラムから「Passion」がスタート。ひさしぶりに聴く爆音に思わず目頭が熱くなったのは、私だけじゃなかったはず。その証拠に、Keisaku “Sit” Matsu-ura(Ba, Vo)は「歌ってくれよ!」と煽り、画面の中央に映し出されたブースではAndrewが熱唱する姿が映し出されていた。
IMG_2411_re

2曲が終わると、Andrewは「俺、超特等席じゃない?」と大興奮。音声でメンバーにつなぐと、Hayato Mochizuki(G, Cho)はほろ酔い、Shunichi Asanumaは「音がよすぎて困っちゃうよ〜」とご機嫌、ツアーで使用予定だった新しいWoodsticsのギターで臨んだYu-ki Miyamoto(G, Cho)は「家で緊張してる」と、それぞれがいつもと違う環境での“ライブ”を堪能していた。

Sitが「1人ですけど、あえて言わせてください。COUNTRY YARDです、よろしくお願いします」と改めてあいさつ。続けて「せっかく集まってもらったので自分たちの曲をたくさん聴いてもらいたいと思います」と意気込みを口にしてライブを再開した。「I'll Be With You」「In Your Room」「I'm Alright, You're Alright」とシンガロング必至の楽曲が続く。Sitはまるで観客の声が聴こえているかのように耳に手を当て、中央の画面ではAndrewが拳を突き上げてシンガロング。「I'm Alright, You're Alright」の最後では余韻のようにSitが「Music is my life」と何度も繰り返す姿も印象的だった。

二度目のMCではWAKEFiELDの話題に。COUNTRY YARDは昨年リリースのベストアルバム「Greatest Not Hits」と最新アルバム「The Roots Evolved」を同スタジオでレコーディングしており、Sitは「ここに入るといろんなことを思い出して、絶妙な気持ちになります」と噛みしめた。
IMG_2405_re

続いてのブロックでは「Tonight」「Purple Days」「Not A Stairway」とアルバム収録曲が続けられる。「Purple Days」では紫の照明が用意されるという粋な計らいもあった。4人は別々に収録したにも関わらず、同じ様に高揚しており、演奏が終わると、Sitが「思い切り大きい声で歌うことって本当に気持ちいいんだなって思いました」と一言。さらに「俺、誰かに聴いてもらうために歌ってるわけじゃないっぽいっすわ。歌うことによって自分の空いてる隙間が埋まっていくっす。たぶん誰も観てくれてなくても楽しい。今まであった景色が目の前にないことで、根本にある“どうして歌いたいのか”に、今、気付いてるような気がします。この状態で、みんなの前でライブをやったらまた別のミラクルが生まれるんだろうなあ」と続ける。Sitの真摯な言葉を受けたAndrewは「俺にとってSitって“一番頼もしい後輩”」と感心していた。
IMG_2418_re

そして4人は最後に「Daylight」「Smiles For Miles」をエモーショナルに届ける。ここでライブは終了……かと思いきやAndrewが「もう少し聴きたいよね? オイ! オイ!」と声を挙げ、アンコールへと持ち込んだ。Sitが改めて、「今の気持ちを、この曲に詰め込んで、これからはやっていきたいと思います」とこの企画を振り返り、「Don't Worry, We Can Recover」を演奏。最後はAndrewが好きな曲だという「Seven Years Made My Now」で、初の試み「WAKEFiELD sessions」の初回の幕を下ろした。

今回の試みについてSitは「届け方は最先端だけど、音を出してる側はいつもと変わらないスタイルだし、Andrewさんもライブハウスで音を出すときと一緒で……いつもと変わらない景色が広がっている」とうれしそうに話していた。配信を見ていた観客も、場所は室内であれど、目の前にはいつもと変わらないCOUNTRY YARDの姿を捉えていたはずで、きっといつものようにシンガロングしたり、拳を突き上げたりしていたんだろうと思う。ライブハウスのような高揚はもちろん、逆に普段のライブではじっくり見ることのできないメンバーの表情やAndrewの手元を見られたのは配信ならではだった。

なお5月29日には早くも2回目の開催が決定している。次回のゲストは、アンコールでAndrewが直接電話をかけてオファーをかけたTHE CHERRY COKE$。チケットは現在発売中。



[SETLIST]
01. Passion
02. Bad
03. I'll Be With You
04. In Your Room
05. I'm Alright, You're Alright
06. Tonight
07. Purple Days
08. Not A Stairway
09. Daylight
10. Smiles For Miles
<アンコール>
11. Don't Worry, We Can Recover
12. Seven Years Made My Now

WAKEFiELD SESSION2 [THE CHERRY COKE$]

2020年5月29日(金)
OPEN 18:30 / START 19:00
WAKEFiELD STREAM ONLINE SHOP




PAGETOP

PAGETOP