このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

interview

タイトル

NOISEMAKER「H.U.E.」INTERVIEW!!

Interview by Chie Kobayashi
Photo by Takaki Iwata

NOISEMAKERがミニアルバム「H.U.E.」を7月1日にリリースした。

昨年10月発売のシングル「MAJOR-MINOR」以来の作品となる「H.U.E.」。AG(Vo)いわく「令和という激動の時代に入り始め、コロナショックによりライブもキャンセルが続き、自分達主催の初の野外フェスも中止。当たり前が当たり前ではなくなった瞬間でもありました。そんな逆境や困難を振り払うかの様にスタジオに籠り続け作ったアルバム」だという。

ジャケット、ブックレット、MVが“色別”できる仕様になっているのも今作の特徴。メンバーが「今年一番面白いCD」と太鼓判を押す、こだわりぬかれた本作について、メンバー4人に話を聞いた。

明るい音楽が必要だと思った

――アルバムリリースを発表した際のAGさんの「逆境や困難を振り払うかの様にスタジオに籠り続け作ったアルバムです」というコメントがとても印象的でした。制作はいつ頃だったんですか?(【NEWS】NOISEMAKER「逆境や困難を振り払うかの様にスタジオに籠り続け作った」新作発売

HIDE(G):作り始めたのは1月くらいからだよね。

AG(Vo):そうだね。コロナの影響が大きくなってきたのはレコーディングのあたりで、レコーディングをし終えるくらいの時期に、東京をロックダウンするかしないかみたいな話が出てたかな。自分たちのライブも、友達もツアーが中止になったり延期になったりしていて、不安な気持ちはいろいろありましたね。

HIDE:それこそ「H.U.E.」のリリースも延期になったしね。

AG:うん、もうぐっちゃぐちゃだった。リスナーの人たちも音楽どころじゃないだろうなと思ったし、いろいろ難しかったですね。ただ、普段はライブをやりながら曲を作ったりレコーディングしたりするんですけど、今回はライブがないぶん、レコーディングに集中できたからそれはよかったかな。とにかく自分たちの信じてる音楽を作りきるという気持ちだった。

――楽曲作り自体は新型コロナウイルスがここまで猛威を振るう前だったかと思いますが、作品にも影響はありましたか?

AG:「Better Days」は世の中を見て、タイトルも歌詞も少し変えました。もともとこの曲は「自分はもうダメかもしれない」と思ったり、うまくいかない日々のことを書いた曲で、もう少しネガティブな歌詞だったんです。ネガティブっていうか……俺は人の痛みに寄り添ってくれるような曲が好きで、そういう曲に励まされてきたから、ネガティブな感情を赤裸々につづっていたんですけど、時期的にみんな辛い時期、大変な状況だったから、明るい言葉に変えました。

noisemaker1

――明るい歌詞が求められていると感じた?

AG:そうですね。俺ら自身も明るい曲を欲していたし、「もし今ライブをやったら?」と考えたら、ファンも、カッコよさよりもポジティブになれる音楽、本当に力になる音楽が必要なんじゃないかなって。

――ゴスペルのような入り方もパワフルで力をもらえますよね。

HIDE:本当のゴスペルシンガーに歌ってもらっているんですよ。

AG:出来上がったメロディがゴスペルっぽかったから「ゴスペルっぽくしてみない?」っていう発想から始まって。手拍子したり、自分たちの声を入れたりしてたんだけど、せっかくだから本当のゴスペルシンガーに頼んでみようと。お願いしたのは夫婦だったんですけど、めちゃくちゃ歌うまかったです。

HIDE:30分で帰ったもんね。

AG:時給いくらよって(笑)。

HIDE:でも「ロックバンドなのにゴスペル!?」って思われるんじゃないかなという怖さもちょっとあります。どんなふうに受け取られるか。チャレンジという気持ちも大きい曲ですね。


前作からの進化を感じる「H.U.E.」

――アルバムを聴かせていただいて、それこそゴスペルが入っていたり、シンセやアコースティックギターが入っていたりと、これまでと大きく変わった印象を受けました。

AG:前作と同じような曲はあんまり入れないというのが自分たちのスタイルなので。でもデモをバーっと作って、その中からどの曲を入れようかと考えていくという、やり方自体はいつもと同じです。

YU-KI(B):具体的には挙げられないんですけど、曲を聴いて俺も前作より進化している印象を受けました。言ってた通り、2人(AGとHIDE)はすごく曲の被りを気にするんです、「前のあの曲に似てる」とか。でも俺は今作を聴いて全然感じなかったので、そういう会話はしましたね。

――個性豊かな楽曲が詰まった今作ですが、特に好きな曲や印象的なパートなどはありますか?

UTA(Dr):僕は「SILENCE」。最後のドラムは、何重にも重ねてるんですけど、収録曲の中で一番苦労したと思います。うちのスパルタのディレクターが……(HIDEを見る)。

HIDE:ふふふ(笑)。

UTA:一つずつ録って重ねてを繰り返していくので、本当に大変でした。

HIDE:そんなに大変じゃないだろ、叩くだけなんだから(笑)。

UTA:いやいや!(笑) でも出来上がったものを聴いて「こんなにカッコよくなるんだ!」と感動しました。苦労した甲斐があったなと思いました。

――「SILENCE」はオーケストラも入っていて、すごく綺麗な曲ですよね。

UTA:綺麗ですよねえ。そこにAGの綺麗なボイスがねえ(笑)。

AG:ははは(笑)。

UTA:でも本当に、大人っぽくてカッコよくて気に入っています。

――YU-KIさんは?

YU-KI:一番好きなのは「THE ONE」かな。ベースもいい感じに入れられて気に入ってますね。でも全曲聴いてほしい。というのも、今回は3種類のベースを使って録ったんです。曲にあわせて使う竿を選んで。こだわったので聴いてもらいたいですね。

――3本はどのように使い分けていったんですか?

YU-KI:ディレクターと相談して。細かい話なんですけど、3本とも使ってる木が全然違って、その木の違いが音の違いになるんですよ。その細かい音の種類を、曲にあわせて選んでいきました。レコーディングのためにベースをいくつも借りてきて、1曲ずつベースを替えるくらいの人もいると思うんですけど、俺は自分のベースだけでやりたいなと思っていたので、今回自分が持っている3本がうまくハマってよかったです。

noisemaker2