このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

Andrew「WAKEFiELD sessions」INTERVIEW!!

Andrew「WAKEFiELD sessions」INTERVIEW!!
MAGAZINE

Andrew「WAKEFiELD sessions」INTERVIEW!!

WAKEFiELDは音楽家の遊園地

――このスタジオについても話を聞かせてください。SitさんがWAKEFiELDにはよく遊びにくるというようなことを言っていましたが、このスタジオはどういう場所になっていると思いますか?

「創作意欲が湧く」ということはみんな言いますね。例えば俺がコントロールルームで作業してるときに、外からなんか聴こえるなと思ってロビーをのぞいたら、Sitがギター弾きながら歌ってて。「何歌ってるの?」って聞いたら「なんかひらめいて」みたいな。Northern19の(笠原)健太郎(G, Vo)なんかもそうで。レコーディングのときとか、家に帰らないでここで歌詞書いてます。楽しくていろんなことが思い浮かぶ、音楽家としての遊園地みたいな場所みたいですね。

――どうしてそういう場所になっているんだと思います?

俺がいるから?(猛爆) 世の中には真面目なスタジオも多くて、ハードコアな人たちはやりづらいと思うんですけど、ここには怖い人も来ますからね(笑)。ここでレコーディングするとみんな「レコーディングが好きになった」とか「レコーディングってこんなに楽しかったっけ?」と言うんですよ。レコーディングって、ダメなテイクを重ねていくと、どんどん空気が悪くなる。俺は自分がそういう空気を何百回も経験してるから、空気作りも意識していて。普通、レコーディングスタジオって、エンジニアがいて、アシスタントがいて、テープレコーダーを回す人がいて、「はい、じゃあ回します」ってきっちりやっていくんだけど、ここは何もないんですよ。俺のやり方でやるだけなんで。レコーディング中にBBQすることもあるし(笑)。なので、そういう俺のやり方で気持ちよくレコーディングできる人たちが集まるから、居心地がいいのかもしれないですね。

――それこそ、現役バンドマンのAndrewさんだからこそ、空気が悪くなっていくのを察知できるんでしょうしね。

そうだと思います。コミュニケーション取れないとエンジニアもライブのPAも務まらないと思うし。

Andrew2

――先ほど「配信を1回で終わらせられない」とおっしゃっていました。実際に「WAKEFiELD sessions」としてこれまでに4回やられましたけど、今後の展開などは考えているんですか?

レコーディングスタジオだからレコーディング優先にはなるけど、配信を終わりにするつもりはまったくなくて。お母さんになってライブにあまり行けなくなってしまった人とか、仕事が変わってライブいけなくなった人、海外に引っ越してしまった人、いろんな人のために、この配信というコンテンツは残しておくべきだなと思ってます。「WAKEFiELD sessions」だけじゃなくて、例えばバンドマンによるギター講座とかドラム講座とかもできるだろうし。あとは無料のコーナーも用意したりして。5Gになったら、映像も3DになったりVRを使ったり、アプリを使って観る人が音を触れるようになったり、さらにいろんなことができるようになると思うし。いろいろ考えてます。

――楽しみですね。

今回、“三密”NG時期にやった「WAKEFiELD sessions」の、別々に収録するというやり方って、このスタジオじゃなくてもできるじゃないですか。だから1回目が終わった後は俺のところにいろんな方面から相談が来るようになりましたね。お互いの情報交換したり。俺はとにかくあの時期に“給付金待ち”みたいになって何もしないのが嫌だった。その気持ちで始めた「WAKEFiELD sessions」だったけど、結果、いち早く動けたことで、今こうやっていろんなところから「何か一緒にできないですかね?」って声をもらえるようになって、本当にやってよかったなと思ってます。

――「何かできないかな」と頭を悩ませていた人にとって5月中旬の「WAKEFiELD sessions」は、大きな刺激やアイデアの参考になったんじゃないかと思います。

ですね。あれを観て刺激になった同業者もけっこういて。ライブハウスがこれまでと同じ収入を得るにはかなり大変だとは思うんですけど、それでもやるのとやらないので全然違う。あと、可能な限りライブハウスに足を運んでもらえるような合同企画をやってみたり。レコ発ツアー全公演中止になったバンドが、全会場に配信URLを渡して1日でライブハウス同時配信とか(笑)。発信元もライブハウス。レコ発ツアー1日で終了みたいなのも面白そう(笑)。「WAKEFiELD sessions」も未完成な部分がたくさんあるけど、スタジオから配信するというのは、せっかくひらめいたコンテンツなので、今後、いろいろなものに生かしていきたいですね。

Andrew1

WAKEFiELD SESSION5 [SHACHI]

2020年6月28日(日)
OPEN 20:00 / START 20:30
WAKEFiELD STREAM ONLINE SHOP




PAGETOP

PAGETOP