このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

interview

タイトル

HOTSQUALL「SEVEN SHOUTS」INTERVIEW!!

Interview by Chie Kobayashi
Photo by Akira”TERU”Sugihara


HOTSQUALLがニューアルバム「SEVEN SHOUTS」を9月23日にリリースする。新型コロナウイルス感染拡大に伴う自粛期間中に制作され完成した本作について、また先行配信された新曲「Grateful Shout」について、メンバー3人に話を聞いた。(来月にもインタビューが公開されるかも!?)

自粛期間をプラスに

──新型コロナウイルスの感染拡大に伴う自粛は、新作アルバム「SEVEN SHOUTS」の制作やバンド活動にどのような影響がありましたか?

チフネシンゴ(G, Vo):まずライブがなくなったことで、いろんな予定が変更になって。それこそレコーディングのスケジュールも変更になったし。毎日の過ごし方や制作過程も変わってしまった。ただ僕らは、とにかくこの自粛期間をネガティブに考えないようにしてて。いつもはライブをやりながら曲作りをしてたけど、今回は曲作りに集中できる時間がかなりある、その分、より濃く……要は制作に当てられる時間が異常に増えてしまったという(笑)。作品作りに向けてかつてないほどしっかり時間を設けられたし、レコーディングへの準備ができた。あと、いつもは僕が主にネタを持ってきて曲を作っていくんですけど、今回は、こちらのお2人(アカマ、ドウメン)も曲の元ネタを持ってきたりして。そういう部分でも自粛期間という時間をプラスに変えられたんじゃないかな。

HOTSQUALL_0823_01

ドウメンヨウヘイ(Dr, Cho):何もやらないでジッとしているだけなのも嫌だったんで、家にいながら何ができるかなと考えていて。ちょうどその少し前に、音楽ソフトを新しいものに変えたタイミングだったりもして、そのソフトの勉強をしようといろいろ触っているうちに「この感じで何曲か作れちゃうかも」って、ネタ作りを開始してみたんです。今まで、ほとんどやったことがなかったので、できた曲をメンバーに聴かせる時はかなり緊張感もあって恥ずかしかったんですが「お!いいんじゃない?」っていう反応が返ってきたのでうれしくなって。「この調子で3曲くらい作ってみようかな」って言ったら「いや、もう6曲くらい作ってこい!」って。スパルタでした(笑)。やっているうちに徐々に自分の中で曲を作るということが生活のサイクルに組み込まれるようになってきました。

チフネ:最初に持ってきたのが仮タイトル「Mr. Die」っていう曲で(笑)。かなり荒削りなんですがなんか面白くて。僕が簡単にアレンジしてみたりもしたんですよ。結局ボツ……っていうか、自分で引っ込めたんで採用にはならなかったんですけど、すごく新鮮でした。そこから曲のネタを作ることに目覚めたみたいですね。

──「SEVEN SHOUTS」にもドウメンさん元ネタの曲は入ってるんですか?

ドウメン:入ってます。4曲目の「Flame」です。

──それは楽しみですね。

アカマトシノリ(Vo, B):ドウメンとか俺が作った曲をメンバーに投げると、チフネが「この曲はここはこうしたほうがいいんじゃない?」ってプロデューサーっぽい感じで返してくれるんです。それがすごくやりやすくて。チフネもそれを楽しんでくれてたし、俺らもそのやりとりの中で曲がどんどんバケていくのを実感してうれしくて。新しいアイデアもたくさん出たし、今までの曲作りよりもずいぶんと楽しかったですね。今までは制作は苦労するってイメージだったので(笑)。あと個人的には、この期間は自分の歌とすごく向き合えた時間でもあって。

──というと?

アカマ:今までずっと「ワッ!」とか「イエーイ!」っていうその場のテンションや勢い任せで歌ってきたんですけど、今回の作品はいろんなタイプの曲があるし、歌い方もそれぞれ違うほうが合うんじゃないかとか、さらに自分が理想の声を出すにはどうしたらいいかとか思っていろいろと試してたんです。そしたら何がいいのか全然わかんなくなって悩んだりして。でもメンバーとじっくり話す時間があったから、その意見を聞いたりしてるうちに自分のボーカルのスタイルがより見えてきて、上手い下手の前に「どんっ」と声と言葉を胸にぶつけるような歌を歌うことが自分らしくて大切なんだなと改めて気付けました。だから、そのためにさらに歌うことへの技術が必要なんだということもわかりましたし。ボーカリストとしてすごく勉強になった期間でした。
HOTSQUALL_0823_02

とにかく3人で音楽の話をよくしてた

──HOTSQUALLの作品にはライブの勢いがそのままパッケージされている印象がありますが、ライブがないことでテンションや勢いが保てないというようなことはなかったですか?

チフネ:なるほど。そう考えるのもわかりますね。でも、むしろ僕らが持ってる熱量をそのまま制作やレコーディングに向けた感じだったから、テンション的には全然大丈夫だったかな。とにかくこの期間は前向きに楽しく過ごすことにシフトしていて。今までは作品作りは大変なものというか、ヒーヒー言いながらやってた部分が多かったんだけど、今回はとにかく楽しむことができた。そんな状態で非常事態宣言が明けて、ひさしぶりにスタジオに入ってデカい音出したら超気持ちよくて、一瞬でライブの感覚を取り戻せました。感動しました(笑)。ライブはなかったけど、ずっとバンド活動が頭の中の最前線にあったからですかね。
HOTSQUALL_0823_03
ドウメン:そうだね。

チフネ:だから「音楽活動から離れちゃってる」みたいな感覚はまったくなかったです。まぁ、でもこの感覚って珍しいのかも。友達のバンドマンとリモート飲みとかしてると、みんな「1カ月以上メンバーと会ってない」とか「ほとんど連絡も取ってない」って言ってる人が多かったから。僕らはまず圧倒的な利点として相変わらず3人の家が近いっていうのがあるのかもしれない(笑)。あとは去年ONION ROCK RECORDSという自主レーベルを、よりしっかりと組織化するために事務所も作ったから、すぐそこに集まることができたのが大きかったでしょうね。

アカマ:なんかさ、この期間でまたちょっと仲良くなったよね(笑)。とにかく3人で音楽の話をよくしてた。「自分たちが求めてるカッコよさってこんな感じのことだよね」みたいなところまでお互いに追求して、共有し合えてなんか充実してた。

チフネ:ライブやツアーをやりまくってる時期って、逆にそういう話なんていちいちしないし、いい意味でも悪い意味でも慣れていっちゃう部分もあるから。ライブの演奏で実は雑になってたところとかもみんなで見直せたし、昔の曲も含めて自分たちの曲の細かなアレンジや演奏のクオリティを掘り下げられた。

ドウメン:コロナ渦の前だったら「今から長いことライブできないよ」って言われたら正直、超不安になったと思う。でも実際にはただ不安になるんじゃなくて、この期間で自分たちをもっと良くするにはどうすればいいのかということに向き合えて。僕らにとっては充実した時間を過ごすことが出来たのは良かったですね。
HOTSQUALL_0823_04

チフネ:数年後に振り返っても「あの時間を充実させられてよかったな」って思えるような時間になったらいいなと。実際、そうしないと、と思って過ごしてたし。今のこの状況って誰のせいでもないわけだから、そしたら俯いてないで、もう前向きにいくしかねえよなって思ってた。

──これから、歌う内容はもちろんですけど、単純にHOTSQUALLは曲がさらにレベルアップしていきそうですね。

チフネ:試したいネタやアレンジとかも増えたし、そういう意味でも色々な部分で進化していければと思いますね。

アカマ:だね。根本的に俺たちが掲げてきた「みんなでHAPPYを目指す」ってことは変わらないと思う。ただコロナ渦になったことで、みんな状況が変わって。今まで特に何も思わなかった曲に対して共感できたりすることも増えるんじゃないかな。俺たちがずっとバンド活動を通して伝えたかったことが、刺さる人が増えてくるというか……音楽の力がさらに大きくなってるような気がする。

──今までHOTSQUALLがブレずに歌ってきた、「人生を笑え」というメッセージも今の世の中が欲していると。

アカマ:そうそう。

チフネ:なんかさらに今を生きるみんなに大切なメッセージになっていってるような。