このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

interview

タイトル

SHANK "Candy Cruise EP" INTERVIEW!!

Interview by SUNEO
Photo by Taiyo Konishi




昨今の劇的な環境変化により、予定されていたツアーやリリースなど、変更せざるを得ない状況下でも「いつもより時間が掛けられた」とありのままを前向きに捉えているSHANK。前作"WANDERSOUL"から約2年を経てリリースされた本作”Candy Cruise EP”は、どこまでも自然体のまま、この状況下も乗りこなしてしまえる彼らだからこそのいつも通りで、且つ、新鮮な音楽が詰まっている。同時リリースされる映像作品”THE HEAVY CLASH at SHINKIBA STUDIO COAST”は今年1月に行われたワンマンツアーの模様を収録。パッケージに熱量を注いだ(?)2作をインタビュー。

当面の目標はクリスマスディナーショウですね。

ーー前回のミニアルバムから使用しているLogic(音楽制作ソフト)は、今回もかなり活躍したようですが、制作は全体的にスムーズでしたか?

松崎兵太(Gt/Cho):曲が出るまでは長かったんですけど、形作っていくところは早かったですね。

庵原将平(Vo/Ba):早かったね。

ーー前作から2年ほど経ってますが、曲のアイデアを出すまではそんなに長かったんですか?

松崎:本当は去年の秋くらいにはRECする予定が、スタジオが空いてなくて。じゃあ伸ばそうか、と。

庵原:結局、今年に入ってからRECして。1月の時点で録り終えてはいたんですが、MIXやマスタリング等の作業は最近までしていました。

ーー今回のタイトル”Candy Cruise EP”も前作同様、曲中から抜粋したタイトルをつけてないのですが、どんな意味がありますか?

庵原:”Candy”は「しょうもない」や「くだらない」といった皮肉っぽい感じで使ってるんですけど、言葉にする(和訳で噛み砕く)と難しいですね。くだらない感覚を乗りこなす、みたいな意味です。

松崎:初めて聞いた(笑)ちなみに歌詞や言葉に関しては将平に任せています。俺の感性では絶対に出てこないところなので。

ーー1曲目”Rising Down”はどちらが作ったんですか?

松崎:これは二人ですね。今回のEP、全体像はほぼ俺が作ったんですけど、メロディとかは割と将平が作った曲もあります。

ーー”Rising Down”は配信限定で先行リリースされてましたが、これまでにそういったリリースの仕方ってしてましたか?

松崎:元々、新譜を出す前に1〜2曲を先に出したいとチームで話していたんです。今年の5月から予定していた釣りのツアー(KEEP ON CASTiNG TOUR)中にそれを会場限定CDとして出すのか、それとも配信で出すのか、と。ところがコロナの影響でツアーが丸ごとキャンセルになりました。だから配信でやった方がいいんじゃないか、と。配信限定でのリリースは初です。

ーー”Rising Down”は「降りる」の意味?

庵原:直訳は難しいですね。底上げ、といった感じなんですがあんまり掘り下げても(ネタバラシするみたいで)面白くないし、どう受け取ってもらってもいいんで、好きなように感じてもらえれば幸いです。
200805satanic178_680

松崎:歌詞を直訳しても絶対に分からないって、こっちも思ってるんで。直訳してもあんまり(その行為自体に)意味はないかな?って思いますよ。

ーー”To spend a life with you”なんて言われたら、ファンからしたら、もう、、ね!自分に向けて歌ってるのかな?って思っちゃいますよね(笑)。2曲目”Bright Side”ですが、こちらもお二人で?

庵原:これは兵太がサビだけ先に持ってきたんですけど、展開も少しイメージがある、と言っていて。サビがあんまり俺から出てきそうなメロディではなかったんで、これは多分、全部兵太が作った方がいいだろうって。

松崎:展開は試行錯誤しましたけど、サビを頭にしよっかな?ってところからまとまり始めましたね。メロディは最初から固まってたんですけど、将平だったらこんなに突っ込んだ音符の数で歌わない(作らない)だろうし、歌い易いように変えてくるだろうと思ってたんですけど、レコーディングでまんま歌ってたんで「ごめんー!」て思いました(笑)。

ーー1サビ終わりのAメロのドラムパターン、いつものSHANKっぽくないですよね?

松崎:(歌詞の)言葉のアクセントにドラムのアクセントも合わせよう、とこだわりました。表と裏が入れ替わってきても、曲を通してつまずいたり違和感が生まれたりしないようにと。駆け抜けている感じが出せたと思います。

庵原:”Bright Side”は一番いわゆるメロディックパンクっぽい曲と言われるのを意識した曲ですね。



ーー”Japanese Cherry”はあまりSHANKっぽい楽曲ではないような感じを受けました。

庵原:この曲は当初、BPMが半分くらい遅かったんですよ。笑ける位のふざけた曲だったんですけど、メロディつけてみてBPMあげてみたら「あ、なんかいけそうだな」って。

松崎:今まではまずラフを将平に渡してメロディをつけてもらって、俺がそれに合わせてリフをまた考えて、まとまったら編曲して〜みたいな作り方でしたけど、今回は一貫して作ってみてから、編集編曲を始めるようにしました。
200805satanic211_680

ーー歌詞がポリティカルとも感じられる内容ですが。

庵原:韻を意識してるくらいですね。あとは、なるべく分かりやすい言葉で表現したいと思って。今回は特にそういう部分しか意識していません。

ーー”Classic”は一転してSHANKっぽい楽曲ですね。

松崎:そう言われるとこれが一番SHANKっぽいですね。この曲はメロディもリフも同じことを繰り返すんですけど、そのループ感を今までと解釈を変えて制作をしたというか、その点は少し意識しました。ギター自体はフレーズをループするのですごく単調で、でもドラムとかボーカルがヨレたりとニュアンスをつけることでループの印象が変わってたりとか。そういうループ感は大事にしたので、イントロとか特に1コードでサラッとしてるけど、それだけじゃない楽曲に仕上げた感じです。

ーーSHANKの楽曲は程よいループ感と、リズムの「縦」意識がすごく感じられると個人的には思ってます。ダイナミックな縦のリズムもそうですし、カッティングの細かい縦、非常に上手いなと常に思っていて、それとは違う縦のリズムが”Classic”には落とし込まれてる気がします。

庵原:制作にDTMを使うようになってだいぶ変わってきた感じはしますね。リズムもそうですけど、メロディの遊び方だったりとかも。以前のようにスタジオで作っていたらこんな感じにはなってなかったかな、良くも悪くも。

ーー編曲にあてた時間は長かったんですか?

松崎:キャラの濃い5曲を揃えようと思って。フルアルバムだと全体的なバランスを考えてまとめに掛からないといけないじゃないですか。でもEPなら好きなことを1曲1曲に込めてやっていいんじゃないかという考えで。好きに作った5曲みたいな感じで、それぞれにあてる時間もそれだけ増やしたってことかな。

庵原:たくさんありましたね、5曲なんで。

松崎:それこそ将平がメロディを入れた後にそれに合わせてドラムのアクセントを変えたり、ギターを録りなおしてみたりとか。編曲に関して割と時間を割けたので、今までよりも作り込まれた感があるのかもしれないですね。ギターソロも入と出の音を考えて取り組んでみたりとこだわりました。

ーーキャラの濃いEPのラストは”Slip and Slide”ですね。制作した人を前にして言う事じゃないんですが、頭のリフ要りましたか(笑)?

松崎:要るんですよ。

庵原:あれが、要るんですよ(笑)。

松崎:言っちゃうと、Green Dayみたいな。

庵原:それ要る?みたいな。さらにいえば、最初のイントロ終わりはコード回してるんですけど、最後は1コードで1小節引っ張るみたいな、、、「渋い!」
200805satanic164_680

一同:爆笑

松崎:好み、好み!やりたかったことの一つではありますけど。

庵原:一人で編集しながら、「渋っ!」 って。

松崎:(笑)

庵原:シンプルで、サビがシンガロングで、わかりやすいフレーズがあってリフがきて、、みたいな渋い「The 王道」をやりたかった。

ーー歌詞は対象がいるような印象を受けますが。

庵原:これはSNSのことを書いていて。誹謗中傷とかで人が亡くなったりするじゃないですか?昔から思っていることなんですけど、SNSで人のメッキってすごい剥がれるなって。人間、出るな、みたいな。そういう奴らに中指立ててるだけじゃ(誹謗中傷する人たちと)やってることあんまり変わらないんじゃないかって。くだらないからそういうこと止めて、こっち来いよ!遊ぼうぜ!みたいな内容ですかね。

ーーアーティスト写真が変わって、ペインター/デザイナーのNOVOLさんに描いてもらってますね。

庵原:色使いとか唯一無二な感じがするNOVOLさんの絵が個人的にずっと好きで、いつかSHANKもやってもらいたいなって思っていました。アー写を色々とフザケて撮ってきたんですが、もうそろそろ引き出しがないんですよね。今回から真面目に撮り直しても良かったんですけど、このタイミングでNOVOLさんにやってもらおうと思い付いたんです。今回はジャケットや歌詞カード、DVDとセットのボックスとかもデザイン全部やってもらいました。現物としては今までで一番熱量があるかもしれません(笑)。

松崎:絵もいいですけど、絵の背景の感じもすごくいいですよね。

庵原:NOVOLさんの絵は最高だって、ちゃんと伝えておきたいです。

ーーセットになっているDVD/Blu-rayについて、何かありますか?SHANKの性格上終わったことには興味がないと勝手に思ってるんですが。

庵原:もう観たくないですね(笑)。

松崎:編集の時にすごい観ましたからね。今回は前回のDVDで将平がやられてるってのが伝わってきた(笑)んで、俺が編集の確認とかやりました。これを喜んでくれる人たちがいるんで、、、確認するか!みたいな。
200805satanic136_680

ーーリリースして、ツアーがないのは初めてですか?

松崎:初めてですね。いつ(ライブが)通常通りに再開できるのか分からない状況なので、今考えてるのはディナーショウですね。

庵原:会食が今厳しいんで、ガイドラインが変われば出来たりするのかなと思います。あとは、アコースティックアレンジとか考えてます。人を入れて、距離を取って、とかいくら考えても今まで通り普通にはライブ出来ないんで、何か変わったことをやりたいと思っています。

松崎:座ってるお客さんに向かって、いつものバンドのテンションでは無理ですからね。俺は絶対にヤダ(笑)。

庵原:(いつものバンドのテンションのままでは)お互い気を使っちゃうじゃないですか。あれが成立する人たちもいますけど、すごいことだと思いますね。俺らには出来ないことなので。

松崎:お客さんも俺らも同じテンションで同じ空間を作れるのならそれが一番いいんじゃないかなと思ってます。それこそ駄弁って飲んで「それじゃー、曲やりますか?」みたいなノリでやる方が、俺らっぽいんじゃないかな。その分、ただアコースティックギターで弾くだけじゃなくて、アレンジもしっかりしたものにしようと思ってます。アコースティックライブなら換気しながらも出来るじゃないですか。そういったことも考えてやってみます。まぁ、カラオケの練習もいっぱいやってるし。
200805satanic092_680

ーーどういうことですか?

松崎:やっぱりピンスポで歌いたいな、と。1人1曲づつ、スタンドマイクで。バチッと。

庵原:当面の目標はクリスマスディナーショウですね。



INFO!!
[CD] “Candy Cruise EP”
1. Rising Down
2. Bright Side
3. Japanese Cherry
4. Classic
5. Slip and Slide

[DVD/Blu-ray] “THE HEAVY CLASH at SHINKIBA STUDIO COAST”
Surface
First Light Anthem
Smash The Babylon
Life is...
Departure
Phantom
620
#8
Two sweet coffees a day
Good Night Darling
Take Me Back
Weather is Beautiful
Roots
Wake me up when night falls again
Hope
BOX
Wall Ride
Set the fire
Movie
TOP WATER
Wake Up Call
submarine
MONKEY FUCK
It's not a game
Honesty
Knockin' on the door
The One Second Future
My sweet universe
Long for the Blue moon
Restart
BASIC
-ENCORE-
Keep on Walking
drama queen
Love and Hate
Stop the crap



2020年9月2日発売 / BAiTFiSH RECORDS
①CD+DVDセット(2021/3/31までの期間限定生産)/ ¥3,500(+税)
②CD+Blu-rayセット (2021/3/31までの期間限定生産)/ ¥4,000(+税)
③DVD (2021/3/31までの期間限定生産)/ ¥2,500(+税)
④Blu-ray (2021/3/31までの期間限定生産)/ ¥3,000(+税)
⑤CD / ¥1,500(+税)


SHANKaco_680
SHANK Acoustic Live 2020
日程:2020.09.06 [Sun]
場所:恵比寿 LIQUIDROOM
OP/ST:第一部_OPEN 14:30 / START 15:30
OP/ST:第二部_OPEN 18:30 / START 19:30
前売チケット: ¥4,100(D代¥600込)
配信チケット:¥2,000【第二部のみ】
発売日:8/15(土)10:00発売【抽選制】
(電子チケットのみ、販売はweb限定)

※本公演は新型コロナウイルス対策を講じた上で行います。
※開催時の情勢により、キャパシティ・レイアウト等を変更させていただく場合がございます。
※遠方からのご来場はご遠慮ください。


-配信ライブに関して-
2020年9月6日(日) 19:30〜
https://l-tike.zaiko.io/e/shankal2020
チケット 2,000円
問い合わせ : iTONY ENTERTAINMENT(info@itony.co.jp)
※ライブ翌日9/7(月)19:30迄(24時間)アーカイブ配信にて閲覧可能です。





>>SHANK OFFICIAL HP