このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

interview

タイトル

クニタケ ヒロキ from THE FOREVER YOUNG「夢幻」INTERVIEW!!

Interview by Chie Kobayashi
Photo by Ruriko Inagaki


THE FOREVER YOUNGのボーカル・クニタケヒロキが初の弾き語り音源「夢幻」を9月2日にリリースした。

“クニの日”にリリースされた本作には、コロナ禍中に制作された新曲「俺はもうどうなったっていいよ」のほか、「GO STRAIGHT」のセルフカバー、中島みゆき「糸」などが収められている。コロナ禍中の葛藤、「GO STRAIGHT」をセルフカバーした理由など、本作に込めた想いをクニタケに聞いた。

ライブから得るエネルギーの大きさを実感

──最初に、今回弾き語りの作品をリリースすることになった経緯を教えてください。

「聖者の行進」(2018年5月リリース)の頃くらいから弾き語りの曲を作るようになって。それに伴って、弾き語りライブをさせてもらう機会も増えてきたんです。それでどんどん弾き語りの曲を貯めていって「いつか出したいなぁ」と思っていたところに、レコード会社の方から「出してみないか?」と提案されたので作ることにしました。

──「弾き語りの曲を作るようになった」とのことですが、バンドの曲と弾き語りの曲で作り方に違いがあるんですか?

全然違いますね。技術的な話じゃなくて、ベクトルが違うんです。弾き語りの曲は自分のことだったり地元のことだったり、すごく狭いことを歌っています。最初はどっち用とか考えずに作っていくんですけど、進めていくうちに狭いところへの想いが濃くなっていったら、弾き語りの曲になる感じです。

──今作で言うと「俺はもうどうなったっていいよ」「小郡駅2」が新曲です。「俺はもうどうなったっていいよ」は頂いた資料によると「コロナ禍の中、葛藤する日々の中生まれた新曲」とのことですが、コロナ禍中はどんなことを考えていたんでしょうか?

当初は「ゆっくりできていいな」くらいに思ってたんですけど、ライブがない日々が続くとだんだん自分の存在意義がわからなくなってしまって。焦りが出てきて、制作しては「これじゃないな」を繰り返してました。

──ライブがないと、曲として出てくるものもそれまでとは変わりそうですね。

全然違いました。それにはびっくりしました。ライブから得るエネルギーってめっちゃ大きかったんだなって。それも今回弾き語りの曲を作った理由かもしれないです。

俺はこの人たちのために歌うしかない

──とはいえ「俺はもうどうなったっていいよ」は歌詞を読むとすごく前向きですよね。自分に言い聞かせていたところもあったんでしょうか?

言い聞かせていたところもあったと思います。何もやっていなくてもどかしかった時期に、SNSで何かアクションを起こすと「エバヤン(THE FOREVER YOUNG)見たい」とか「曲聞いて元気もらってます」みたいなコメントがたくさん来て。ライブをしない期間「みんなに忘れられとったら嫌やな」くらいに思ってたんですよ。でも逆で。だからそんなみんなからの反応にハッとして「俺、こんなぼさっとしとる場合じゃないな。俺はこの人たちのために歌うしかないんやった」と思ったんです。

──「この人たちのために歌う」という考え方はもともとあったものですか?

だんだんと生まれてきた考え方ですね。昔は「おりゃー」と思うことが、地元のことだったり、身近なやつのことだったりして、それに対して「俺の気持ちはこうだ」ということを歌ってたんですけど。おかげさまで、俺のそういう気持ちをわかってくれるやつとか、俺のこういう気持ちを自分の気持ちと重ねて聴いてくれる人が増えて。そしたらすごく素直に感謝の気持ちが芽生えたし、そいつらのためにやるしかねえなという気持ちに自然となっていきました。

──ライブをして各地でファンの人の顔を見たり、一緒に歌ったりしていることで、そういう気持ちになっていったんでしょうね。

そうですね。「何も言わんでもお互いの気持ちがわかる」。ライブではそういう空間を作れてきていたのかなと思います。正直、今俺は「1日も早くライブをやりたい」という気持ちはなくて。もちろんライブはやりたいけど、みんなが安心してやれるようになってからでいいと思ってるし、必ずそういう日は来るから。それまでは、昔の思い出を引っ張り出して、曲を作ったり、毎日がんばれてる。そういう意味で、俺らの音楽を聴いてくれる人、認めてくれている人に、俺も救われているんですよね。すぐに全部は返せないかもしれないですけど、CDを出すことで少しずつでも返していきたいです。

kunitakehiroki_1

──レコーディングはいかがでしたか? 何よりもソロ名義の作品であることを実感する場面だと思いますが。

もう脇汗だらだらでしたね。一人なのでやりやすい部分もあったんですけど、逆に考えなくちゃいけないことも多かったし、めっちゃ緊張しました。「俺はもうどうなったっていいよ」はゲストで小田和奏さんにキーボードを弾いてもらっているんですが、それが死ぬほどよくて。

──小田さんをゲストに迎えたのはどうしてだったんですか?

もともとキーボードを入れたいなとは思っていて。亮介さん(STEP UP RECORDS)に相談したら小田さんにお願いしてもらえることになりました。お会いしたことはないですがNo Regret Life超好きだったんで、ありえないことが起こったと思いましたね。高校の友達に自慢しました。

──「こんなふうに弾いてほしい」といったやりとりはあったんですか?

レコーディングでもお会いはしていなくて、亮介さん伝いでお話をさせていただいたんですが……ほとんど何も言わずだったのに、送っていただいた音がすごくよくて。「なんじゃこりゃ」って思いました。本当にわけわかんなかったです。小田さんのピアノのおかげでめちゃくちゃ良くなりました。ピアノの音が入るだけでこんなに広がるんだと、えらい気付かされました。レコーディングの日、終わってから一人でカラオケ行って「失くした言葉」(No Regret Lifeの2005年6月リリースのシングル表題曲)歌いましたもん(笑)。

同級生の結婚式で弾き語りをしていた「糸」

──2曲目は中島みゆきさんの「糸」のカバーです。この曲を選んだのはどうしてですか?

20代前半の頃、同級生が次々と結婚したんですけど、そのときに「お前らバンドしよるなら弾き語りしてくれん?」って言われて、当時のギターのヒラタ(タクヤ)くんと2人で、合計10件くらい結婚式で弾き語りをしてたんです。「糸」は毎回やってたんですけど、酔っ払ってることもあって、いつもヒラタくんは途中でギター弾くのをやめて手拍子にするんですよ。俺はそれをいつも「クソだなこいつ」って思いながら見てたんですけど(笑)、そういう思い出もあって、俺にとっては地元の曲みたいな感覚がある曲なんです。

──さまざまな方がカバーしている曲ですが、聴かせていただいて、すごくクニタケさんらしさを感じました。結婚相手とのたった一人の出会いというよりも、人生で出会ったすべての人との出会いをかみしめたくなる、結婚式よりもどちらかといえばお葬式で聴きたいというか……。

あはは(笑)。でもうれしいですね。言われたら確かにそうかも。亮介さんに「『糸』をタコ糸みたいに歌ったらクニっぽいんじゃない?」ってアドバイスをもらって。だいたいほかの方のカバーはファルセット(裏声)を使って上手に歌われてるんですけど、俺はノーファルセットなんですよ。

──演奏にはバイオリンとキーボードが入っていて、力強い歌声とのハーモニーが絶妙です。

バイオリンは氏川恵美子さん、キーボードは小田さんに弾いてもらってるんですけど……地獄っすね。とてもヤバいです。

──結婚式で歌っていたときは途中からギターすらなくなってたのに、音源になったらキーボードとバイオリンまで入っていて。

そうですよ! レコーディングのときに初めてバイオリンのフレーズを聴いたんですけど、涙が止まらんくなりました。素晴らしすぎたのと、自分の思い出が蘇ってクロスオーバーして。これは……地獄だなと。

──ギターはCOUNTRY YARDのHayato Mochizuki(G, Cho)さんが弾いているそうですね。

Hayatoにはレコーディングの直前にお願いしました。直前というか、レコーディング中というか……。もともとこの曲は俺がギターも弾く予定だったんですけど、同じフレーズを1時間繰り返しても弾けないという悪いほうの地獄で(笑)。Hayatoには3曲目の「GO STRAIGHT」をお願いする予定でレコーディングにも来てもらっていたんですけど、この曲を録るときもいてくれたので「お願いします」って。助かりました……。

kunitakehiroki_2