このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

interview

タイトル

BUZZ THE BEARS「MASSIVE」INTERVIEW!!

Interview by Chie Kobayashi


BUZZ THE BEARSが10月7日にミニアルバム「MASSIVE」をリリースする。レーベルをTHE NINTH APOLLOに移し、良くも悪くも責任感が強くなったという新たな環境で、ひさしぶりにリリースされる本作。「ベストアルバムみたいな作品ができた」と胸を張るメンバーに、話を聞いた。

自分らが思うダサいことはやらんとこう

──今作はこれまで以上に“BUZZ THE BEARSらしさ”を感じる作品だと感じました。構想のようなものはあったんですか?

桑原智(Dr, Vo):いや、そもそもフルアルバムにするかミニアルバムにするかというのも決まってなくて。

越智健太(G, Vo):どっちも作れるくらいの曲数をレコーディングしたんですよ。その中から「どの曲をつまもうか?」という感じで。ツアーもできるかどうかわからない状態なので、そんな中でフルアルバムを出してもという気持ちがあったのと、CDをリリースするのがひさしぶりなので、手に取りやすいようにということで、ミニアルバムにしました。

──選曲の基準のようなものはあったのでしょうか?

越智:ライブで映えるような曲を選びました。というのも去年からレーベルをTHE NINTH APOLLOに移して、ライブがめちゃくちゃ増えたんです。今まで誘われていたけど出られなかったイベントとか、対バンしたことない若いバンドとのライブとかにも出たりして、ライブ中心の活動になっていっているので。

──BUZZ THE BEARSはもともとTHE NINTH APOLLO所属だったので、また戻ったという形になりますが、THE NINTH APOLLOに戻って活動に変化はありましたか?

越智:むちゃくちゃ好き勝手やらしてもらってます。

桑原:良くも悪くも自分らの責任なので、「やりたいようにやってダメならしゃあないかな」って。

越智:そのぶん「自分らが思うダサいことはやらんとこう」というのは核にしています。“寄せていかない”っていうんですかね。そこはTHE NINTH APOLLOに入ってから強くなった気がします。そのぶん、自分らに自信を持ってやるようにもなったし。

──今のTHE NINTH APOLLOは特に若いバンドに勢いがあると思いますが、そこに対しての焦りみたいなものは?

越智:まったくないですね!

桑原:いいライバルだし、刺激にはなっていますが、比べるものではないので。まあ、負けたくはないですけどね。

越智:「ボコったるから来いよ」くらいの気持ちです(笑)。

桑原:年齢的にそういう歳になったんだなと思いますね。先輩がぬるいことをしてたらカッコ悪いんで。

越智:今の若い世代ってみんなしっかりしてるんですよ、演奏もライブも。そういう意味でも刺激になってます。

──今まで対バンしなかったバンドとの対バンも増えたとのことですが、そうなるとお客さんの反応もそれまでとは変わりますよね?

越智:それがいい感じっすね。今まで自分らの世代で固まっていたから、俺らのことを好きでいてくれたり知ってくれてるお客さんが多かったんですけど、俺らのことを知らない人の前でやることも多くて。そういう中でもブレずにやっていたら、去年の「LONELINESS」という若いバンドから同世代までいろんなバンドが出たイベントがあったんですけど、そこで同世代のバンドに「なんでそんなに若い子が知ってるの?」と言われて。改めて幅広くいろんな人に見てもらえる環境になってたんやなと思って、うれしかったですね。

ダイブやモッシュがなくても一体感を感じる

──そんな矢先の新型コロナウイルスの猛威ですが、今作の制作にコロナ禍中の自粛は影響していますか?

越智:していますね。2月末あたりからライブのキャンセル、中止、延期が始まって、ごそっとライブのスケジュールがなくなったときに作っていたので。

──ということはスケジュールというだけでなく、直接的に曲にも影響がある?

桑原:そこはあんまり……無意識で何か影響はしているかもしれないですけど。

越智:俺はちょっと影響してるかも。ライブをしながら曲を作っていると、対バンのライブを見て「こういうノリの曲、面白そうやな」とか「こういう曲、作ってみたいな」と思うことも多いんですけど、今回はそれがなかったので。

──そもそもライブがない生活というのが、いつもと違いますもんね。

桑原:バンド始めてからこんなにライブがないなんて初めてですよ。

越智:歌詞を考えているときも、「人に会えん」とかそういうことばっかり出てきて「またこんなん出てきたわ」って。例えば1曲目の「ROCK 'N' ROLL IS ALWAYS WITH YOU」はもろにタイトルがそれだし、2曲目の「BB SOLDIERS」は自分たちの企画ライブのタイトル。ライブのこととか、ライブハウスで会う人らのことを思って作った曲が多くなってるような気がします。



──自粛期間中はどう過ごしていましたか?

越智:酒飲んでましたね。

桑原:いつもやんけ!(笑)僕は、バンドで動くことができなかったので、個人でSNSを使って配信をしたり、場つなぎというか……忘れんといてもらうようにしてましたね。

越智:まったく身動きが取れなかったので「俺は何をやってるんだろう」とかまで考えてました。周りに、自粛期間中に音楽業界を去っていった人もいたんですけど、気持ちはわからんでもないなと思いました。

──SNSでは「うたつなぎ」という企画も話題を集めました。お二人も参加されていましたね(https://twitter.com/BTBsuke/status/1248441327731130368 / https://twitter.com/BUZZsatoshi/status/1247513008248475657)。

越智:僕はSNSをやっていないのでよくわからんまま……あんなん回してこんでほしいわ(笑)。でもほんまそれくらいしかできることがなかったんで、もし少しでも「よかった」と思ってくれる人がいるんやったらいいなと思って。

桑原:お客さんは喜んでくれてたよ。僕は誰からも繋がれてないけど勝手にやってました(笑)。とにかくあの時期は、明るいことだけ、楽しくやってますよということだけ発信しようと思っていました。

──音楽の役割とか必要性みたいなものを感じる時期でもあったのかなと思うのですが、そのあたりはいかがですか?

桑原:そうですね。ファンの人からは「音楽が聴きたい」とか「ライブが見たい」とかよりも、とにかく「3人に会いたい」という声が多くて。なので、ライブを想像できるような動画をアップするようにしてました。

越智:僕は自粛期間真っ只中というよりも、ライブが少しずつ再開できるようになった今のほうがそれを感じていて。ライブハウスに入って、弦を変えて……みたいないつもやっていたことをひさしぶりにやっている今、「そうそう、日常はこれや」と感じています。

──感染対策をしながらではありますが、ひさしぶりのライブはどうですか?

桑原:体で表現できないぶん、表情を見て汲み取るしかないんですけど……でもみんないい顔をしてくれているようには見えます。

越智:ダイブとかモッシュとかなくても、いいライブをやっているときの一体感みたいなものは感じるんですよ。「今、爆発したな!」みたいな。一つになってる瞬間っていうのは、どういう形でもあるんだなと思いました。

桑原:お客さんも探り探りではあるみたいでもどかしいですが、俺らがめちゃくちゃ楽しめば伝わるのかなと思います。