このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

interview

SHIMA “FLAKES” INTERVIEW!!

Interview by Chie Kobayashi
Photo by Taio Konishi

SHIMAが3rdフルアルバム「FLAKES」を5月4日にリリースする。

8cmシングル2作を経て発表される本作は、「“面白い”だけで括られたくない」というバンドの想いが形になった意欲作。メンバー自らも「過去最高に手応えがある」というアルバムについて、EGACCHO(Vo)とYUSUKE HIKIDA(Gt, Vo)に話を聞いた。後半には、出演が決定した「SATANIC CARNIVAL 2022」への意気込みを聞こうとしたのだが……まさかのサプライズ発表となったその模様もお届け。

 

CDを買った人しか持てない特別感を作りたかった

──新作の前に、昨年リリースしたシングル「JET GET」「MAKE IT MAKE IT」の話から聞かせてください。この2作は、8cmシングルの形でリリースされましたが、これにはどういう意図があったのでしょうか?

YUSUKE HIKIDA(Gt, Vo):もともとシングルを作ろうとしていたわけじゃなかったんです。どういう形になるかわからないけどとにかく制作をしようと思っていて。そしたら出来上がった曲を聴いて、社長が「シングルにする?」って提案してくれました。それまでずっと僕たちはシングルとしてリリースできるような曲を作りたい、作らなきゃと思っていたので、社長にそう言われたときはめちゃくちゃうれしくて。

──しかも2枚ですもんね。

HIKIDA:そうなんです。で、僕はシングル2枚と聞いて、パッと90年代のダブルシングルが思い浮かんだんです。ダブルシングルって、ファンにとっては胸熱だったし、2枚がリンクしているのが面白かった。だから自分たちもせっかくだったらその2枚にギミックを入れたくて。アイデアの根本が90年代のダブルシングルだったから、8cmCDにしたいと言いました。

 

──反響はいかがでしたか?

EGACCHO(Vo):……様々でしたね(笑)。

HIKIDA:「わー! 懐かしい!」っていう人もいれば「何これ、知らない」という人もいたし、否定的な意見ももちろんありました。でも僕的には賛否両論あっていいというか、反響がデカいほうが面白いと思っていたのでよかったですね。

EGACCHO:周りのバンドマンからは「先やられたー」とか「おもろいな」って言われました。

HIKIDA:CDを出しても売れない時代だから、ただCDを出すだけじゃあまり意味がないと思うんですよ。サブスクで聴けるのにCDを買ってくれるなら、ちゃんとCDに音楽以外の価値をつけたいと思っていて。前作のシングル2枚と今作のジャケットを切ると1つの絵ができるというギミックを付けたんですけど、それも、CDを買った人しかこの構想に入れない。そのえこひいき感というか、特別感を持たせたかったから。「CDを買ったやつ」というコミュニティを作りたかった。僕、hideさんが好きなんですけど、hideさんってそういう遊び心にあふれたことをずっとやっていたんです。それに対してファンは「わぁ!」って感動して、「次はどんなことをしてくるんだろう」ってワクワクしていた。それに影響を受けているんだと思います。

 

「PARISLOTTE」を超える曲を

──先ほど「シングルとしてリリースできるような曲を作りたい」とおっしゃっていましたが、シングル級の曲を目指していたのはどうしてですか?

HIKIDA:俺たちの場合は「PARISLOTTE」(2015年リリースのアルバム「SHIMA ADDICTION」収録曲)がライブの代表曲なんですけど、代表曲に縛られていては、前にも上にも行けないじゃないですか。そのためにも代表曲を更新していかないといけない。社長にも「『PARISLOTTE』を超える曲を作らなきゃCD出さないぞ」と尻を叩かれていて。その呪縛に囚われすぎて、引っ張られすぎちゃった曲もあったし、スランプに陥った時期もあったんですけど、だんだん「ただただ、いい曲を作ろう」という感覚になっていって。そしたら「JET GET」と「MAKE IT MAKE IT」ができました。

──今回のアルバム「FLAKES」はそのときに作っていた曲が収録されているのでしょうか?

HIKIDA:いや、アルバム用に作った曲ですね。シングルの曲も収録されていますけど、それらを軽く超えるような曲が入っています。

──おお。

HIKIDA:だってシングルを持ってる人がいるわけだから、アルバムには、さらにとんでもない曲が入っていないと。

EGACCHO:本当にパーフェクトな、すげーアルバムができたと思っています。

──その手応えは、今までの作品とは違いますか?

EGACCHO:正直、マジで違います。めちゃくちゃいいアルバムだと思います。自分たちで作ったのに、このアルバム聴いて泣いたんですよ。今までにはない感情があるんやなって思いました。本当に手応えしかないですね。メンバー同士で「この曲聴きながら泣いてます」「サイコー」ってLINEしてますもん。

──HIKIDAさんは手応えとしてはいかがですか?

HIKIDA:同じく過去最高に手応えはあるし、同時に、制作は過去最高にキツかったです。飛び抜けてキツかったですね。

──どうしてキツかったんですか?

HIKIDA:何でだろう。自分の中での「いい曲」のハードルが上がったからかな。とにかく自分をめっちゃ追い込んで作った気がします。その結果、納得ができた作品ができましたけど。

 

「弱い部分もさらけ出せるって逆に強くね?」

──聴かせていただいて、これまでのSHIMAには珍しく真面目な曲というか、ストレートに想いを伝えるような曲が多いなという印象を受けました。

HIKIDA:はい。新しいチャレンジをしました。

──どうしてそういう曲を入れようと思ったのでしょうか?

HIKIDA:僕ら、バンドとして10年以上活動していて、結構長いんですけど、思ったような状況にいなくて。これだけやっても思ったところにいないということは、何かが足りないんだろうし、何かアクションを起こさないといけないと思った。その中のチャレンジの一つとして、「面白い」ではない武器というか引き出しを見つける必要があるんじゃないかと思ったんです。「SHIMAってこういうバンドでしょ」って思っている人たちをアッと言わせたかった。「ただ面白いだけのバンドだと思ってたけど、カッコいいんだね」って。ある種のイメチェンというか。今持っている武器を総動員して「これが今のSHIMAだ」って見せたかった。

──曲としては新しい一面ですが、ライブでは熱くて真面目なMCがあって、ライブでのSHIMAを知っていると、違和感はまったくないですもんね。

HIKIDA:そう。だから“面白い”だけで括られているのも違うなと思って、もっと素直に出してみた感じです。

──ストレートに歌うことに対して、気恥ずかしさみたいなものはなく?

EGACCHO:めちゃめちゃありましたよ。照れしかなかったです。でもヒッキーが今話したようなこと、「俺たちはこういうこともできるんだ」って証明したいという気持ちがあったし。あとは「JET GET」に入っている「倍音SUSTAIN RIOT」はヒッキーが作った曲なんですが、この曲を録っているときに「EGACCHO、こういう日本語の柔らかい感じハマるね」って言ってくれて。そういう言葉を信じて、自分も書いてみようと思えました。

──アルバムの収録曲で、EGACCHOさんが歌詞を書いた曲はありますか?

EGACCHO:「Tomorrow Song」とかはそうですね。俺、自分の弱いところは見せたくないタイプなんですけど、「弱い部分もさらけ出せるって逆に強くね?」と思ったら、自分の今の素直な感情を歌詞にできました。

HIKIDA:普段見せてない部分って、自信がない部分だったりすると思うんですけど、それを出せるってすごくカッコいいこと。EGACCHOが今回のアルバムで、今まで見せていなかった部分を見せたということは、そのぶん強くなっているということなんですよね。それに、今回SHIMAは “変わった”んじゃなくて、“デカくなってる”んだと俺は思っていて。このアルバムで、「まだまだ可能性があるんだぞ」ということが見せられたんじゃないかな。

──ちなみにEGACCHOさんが泣いた曲というのは?

EGACCHO:「Tomorrow Song」と「syasou」。「Tomorrow Song」はシングルのタイミングで録ったんですけど、帰りの車の中で泣いてました。「syasou」も録り終えて泣きました。

HIKIDA:「syasou」は僕が歌詞を書いているので、そのキャラクターの違いみたいなものも感じてもらえるとうれしいです。この曲、車の運転とかしながら聞くとエモい気持ちになるよね。

EGACCHO:うん。

HIKIDA:ツアーバンドの目線だからか、自分で書いておいて、自分でグッときますもん。

──「ツアーバンドの想いを歌っているんだろうな」と思いながら聴いていたのですが、バンドをやってない自分にも重なる部分がありました。

HIKIDA:うれしい。ライブに向かう車の中だったり、上京する電車の中だったり、聴いた人それぞれが自分に重ねて聴いてもらえたらうれしいです。