このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

interview

"FREEDOM NAGOYA 2022 -EXPO-" CROSS TALK Vol.1

Interview by 柴山順次(2YOU MAGAZINE)

今年で12回目となる名古屋発大型無料フェス「FREEDOM NAGOYA」。コロナ禍での開催となった昨年に続き今年はAichi Sky Expo(愛知国際展示場)で「FREEDOM NAGOYA 2022 -EXPO-」としての開催となる。今対談では出演アーティストから、Kazuki(SHADOWS)、ダト・ダト・カイキ・カイキ(ENTH)、あやぺた(Dizzy Sunfist)、生田楊之介(Track’s)、そして実行委員長である綿谷氏に集まって頂き開催に向けて語ってもらった。7月16日「FREEDOM NAGOYA 2022 -EXPO-」まもなく開催!

[参加者]

KazukiSHADOWS
ダト・ダト・カイキ・カイキ(ENTH
あやぺた(Dizzy Sunfist
生田楊之介(Track's)
綿谷"wata" 剛(FREEDOM NAGOYA実行委員長)


2YOU:今年もFREEDOM NAGOYAが開催されますが、SHADOWSは今回が初出演ですよね。

Kazuki:そうですね。今年初めて出ます。無料でこれだけ沢山かっこいいバンドが観れるなんて凄いですよね。
 
2YOU:ENTH、Track’s、Dizzy Sunfistはこれまでにも出演経験があると思いますが、FREEDOM NAGOYAはどんな印象がありますか?

楊之介:森の印象が強いっすね。
Kazuki:あ、森なんだ。
楊之介:いや、元々森でやってたんですよ。
Kazuki:そうやってあまり惑わさないでください(笑)。
綿谷:以前は公園でやってたんですよ。去年から場所が変わって建物の中で開催しています。
楊之介:俺は森が好きだったんですよ。
ダト・ダト・カイキ・カイキ:俺も。
Kazuki:じゃあ森に戻れるといいね。
あやぺた:いつか戻りましょう。フォレストに。
綿谷:言うほど森じゃないし(笑)。木はあるけど、言っても林くらいでしょ(笑)。
Kazuki:でも自然の中でやってたんですね。
 
2YOU:2021年に場所を変更したことも含めて、フェスを開催するにあたってこの数年で色んなことが変わったり進んだりしたと思うのですが、皆さんが今フェスに参加するにあたって意識することはありますか?

Kazuki:バンドとしてフェスにどういう気持ちで参加してるかっていう話で言えば、SHADOWSのライブを観たことのない人に知ってもらえるようなライブをすることかな。俺たちはバンド主催のフェスに呼んでもらうことが多いから仲間のバンドに会えるのも単純に嬉しい。あとは流石に活動歴も長くなってきたので、今は色んな状況を踏まえて楽しみにかかっちゃってます。
楊之介:俺らも楽しむ感じですね。実際やってる側としてはそこまで楽しみ方はコロナ前と変わってないんですけどね。酒も飲んでますし。
ダト・ダト・カイキ・カイキ:確かに。
楊之介:自分たちの意識的な部分ではあまり変わってないっすね。そこまでフェスに沢山出てる訳じゃないですけど。
ダト・ダト・カイキ・カイキ:俺たちはなるべく呼んでくれた祭りのルールに則って遊びたいなって感じですね。
 
2YOU:ENTHはルールに則れるんですか(笑)。

Kazuki:ENTHがっていうよりENTHのフォロワーたちがやんちゃだから(笑)。
ダト・ダト・カイキ・カイキ:だから俺たちのフロアの子たちにもその時々の空気を読んでくれみたいな感じですね。ENTHは主催者の顔が見えるようなフェスに呼んで貰うことが多いので、その人に変な感じで嫌われたくないし。でも起こってしまうことは起こってしまうじゃないですか。だからこそ、その衝動を我慢してくれてる子は凄いなって思ってます。
あやぺた:うちもそんなにフェスに対する取り組み方とかは変わってないけど、お客さんが野外でマスクしてライブを観てるのは辛い気持ちになりますね。絶対しんどいじゃないですか。だから早くマスクをしなくてもいい日がくるといいな。ステージから見ていてめっちゃ気の毒やから。
綿谷:FREEDOM NAGOYAは室内でエアコンをガンガンつけるから安心してください。エアコン代、めっちゃ高いけど。
あやぺた:高いんや。
綿谷:1時間5万円・・・
あやぺた:1時間5万はえぐい!
綿谷:でも出演者、スタッフ、来場者のみんなの安全を考えてね。
あやぺた:最高です。
 
2YOU:daiponさん(ダト・ダト・カイキ・カイキ)が主催者の顔が見えるフェスとおっしゃってましたが、エアコンに1時間5万円出してくれる綿谷さんとみなさんはどんな関係性だったりしますか?

Kazuki:SHADOWSはENTHと一緒にライブをするようになってからかな。なんかENTHのライブに首までタトゥーの入っている人がいて「あの人誰なんだろう」っていうのが最初の印象。最近、綿さんが面倒見てるバンドとの対バンが増えてきて、そこからって感じ。
綿谷:実はFACTの頃、僕のイベントに何度か出てもらってるんですよ。当時僕も20歳とかだったからメンバーのみんながおっかなくてなかなか話せず、連絡を取り合ってたBassの髙安さんとしかコミュニケーション取れてなかったんですけど。
Kazuki:本当に一番怖いのは髙安くんなんだけどね(笑)。
綿谷:あははは。それが2004年ぐらいで。
Kazuki:その頃の俺たちはバンドと遊ぶことが多かったから、裏方の人たちとのやり取りは殆ど朝浩(高安)がしていて、SHADOWSになってから色んな人たちと関係性を築けているのかなって。綿さんと繋がれたのはENTHのお陰だね。
 
2YOU:そういう意味ではSHADOWSとENTHも急接近しているイメージがあります。

Kazuki:ENTHはイケてる。
ダト・ダト・カイキ・カイキ:SHADOWSはみんなが「俺たちのSHADOWS」って言うくらいかっこいいいし、好き。人としてもバンドとしてもサウンドも全部かっこいいす。自分らが10年後、こういう人たちみたいになりたいなっていう手本みたいなバンドですね。
Kazuki:daiponにそう言ってもらえると俺たちもまだまだやれるのかなっていう気がしちゃう。だってdaipon、イケてるし。
ダト・ダト・カイキ・カイキ:このままあと10分ぐらいイチャついてもいいですか?(一同笑)
 
2YOU:daiponさんと綿谷さんはかなり長い付き合いですよね。

ダト・ダト・カイキ・カイキ:そうですね。でも最初の頃は中々喋れない存在で。当時20歳くらいだった若手の僕らは長尾くん(RAD CREATION)とワイワイする感じで、綿さんはひとつ上の04 Limited SazabysやBACK LIFTを面倒見てる人って感じだったから。最初のイメージはそんな感じで、そこからのことはここで言えるような話はないです(笑)。
綿谷:それは本当に話せる事ない(笑)
楊之介:俺らが出会ったのは高校生の頃だったので17歳とかなんですけど、最初の全国流通音源は綿さんが声を掛けてくれたトラストのコンピレーションなんですよ。あと色んな社長がいますけど、綿さんは一緒にガキのテンションで酒を飲んでくれるんです。そういう意味でも近い距離の社長さんですね。
ダト・ダト・カイキ・カイキ:確かに一番そうかも。
楊之介:遊ぶとき、俺らとマジで同じテンションなんで。
Kazuki:バイブスがこっち側ってことでしょ。じゃないとENTHの面倒なんて見れないよね(笑)。
 
2YOU:あやぺたさんともかなり古くからの仲だと思いますが。

あやぺた:めっちゃ長いですよ。
綿谷:2011年の最初のTRUST TOURにも出て貰ってるもんね。
あやぺた:だからもう10年以上の付き合いなんですよ。最初は当時のTRUST RECORDSにいたEDDYのとこの社長さんってイメージが強かったかな。
 
2YOU:そんな綿谷さんの主催するFREEDOM NAGOYAが今年で12回目の開催となりますが何かエピソードや思い出はありますか?

ダト・ダト・カイキ・カイキ:俺は昔FREEDOM NAGOYAの運営もしていたから、本当に1年で1番FREEDOM NAGOYAの時期が嫌だった(笑)。自分たちのツアーもしながら運営もして、当日はスタッフも設営もしながらライブもするっていう。初めて大トリを務めさせてもらったときも忙しさの絶頂で腹が痛くなって、バラシの日に病院に行ったら膵炎になってたから。当日もお腹が痛かったんだけど観に来ていた親が「トリだからこれ飲んどき!」ってワインを渡してきて。
あやぺた:あははは。
ダト・ダト・カイキ・カイキ:めちゃめちゃ腹痛いのにそれを飲まされたっていう思い出。
 
2YOU:ENTHは家族ぐるみでENTHしてるんですね(笑)。

ダト・ダト・カイキ・カイキ:親がアレなんで。(一同笑)
楊之介:俺も「SUPER DOPENESS PARTY」の翌日がFREEDOM NAGOYAだったとき、酒を飲み過ぎて目を開けたらリハだったみたいな事はありますね。今年も前乗りしたいんですけどトッパーなんでちょっと怖いかな。
ダト・ダト・カイキ・カイキ:店(KINOSHITA)きてよ。みんな来てくれるみたいよ。
楊之介:あ、行こっかな(笑)。あとFREEDOM NAGOYAのエピソードといえば何回も話してるけど、雨の日で機材を運んでくれていたスタッフさんが落としちゃってシンバルがバリバリに割れた事件ですね。ドラムの隼太がめっちゃイライラしながらライブしたら滅茶苦茶良いライブが出来ました(笑)。
 
2YOU:Dizzy Sunfistは会場が変わった去年も出演されていますが。

あやぺた:初めてSKY EXPOでやらせてもらったら、会場が広すぎてMCで何を喋ってるか分からへんってめっちゃ沢山言われたので、今回はちゃんと喋ろうと思います。
ダト・ダト・カイキ・カイキ:あやぺた、本当に何喋ってるか全然分からなかったからね。
あやぺた:何語を喋ってるかも分からんって言われたから(笑)。
ダト・ダト・カイキ・カイキ:猪狩さん(HEY-SMITH)が「あやぺた、何喋ってるか分からんな」って言ってたんだけど、その後猪狩さんもライブで熱くなって何言ってるか全然分からなかったけどね。
あやぺた:熱くなれることは最高やん。
 
2YOU:今年SHADOWSが初出演ですが、発表されたときは興奮しましたね。

綿谷:僕もむっちゃ嬉しかったです。おっかなくてなかなかお話できなかったので、念願叶って(笑)
Kazuki:いや、見た目で言ったらお互い様でしょ(笑)。
綿谷:(笑)ENTHのお陰もあって少しずつ関係値を積み上げて来れたのかなと思っているので、今年SHADOWSに出て貰えるのは嬉しいですね。
 
2YOU:このご時世でのフェス開催には様々な規制があって、少しずつ状況もよくなってきているのかなと思いますが、その中での開催については如何でしょうか?

Kazuki:昨日の感染者数って皆さん知ってますか?これ、多分去年だったら「昨日2万出たね」とか「少し減ったね」とか数字をみんな把握してたと思うんですよ。でも今って実際、「増えてきたね」ぐらいの情報しか頭の中にないじゃないですか。だから俺は意外とそんなもんだと思っていて。メディアもだんだん着目しなくなってきてるし、そんなに気にし過ぎるのもなって。そう思ってやっていかないと俺たちのやってる音楽なんてどんどん面白くなくなってくから。
ダト・ダト・カイキ・カイキ:なるほど。
Kazuki:ENTHのお客さんが自分たちで考えてムーブするのは素晴らしいし大賛成で、それって「そういうもんだ」って分かってるお客さんが多いから成立してると思うんだけど、そういう状況になると思ってない子達がそういう会場に足を運んで来たときにセキュリティをちゃんと付けないと、感染対策の前に怪我をしちゃうから。だから何が起きてもいいようにそろそろ準備しておかないとなって思ってるかな。あと単純にセキュリティの人たちが柵前にいるだけで俺たちも気合いが入るし、お客さんもやっぱり安心出来るんじゃないかなって。そういう時期に来ている気がしますね。
ダト・ダト・カイキ・カイキ:正直ライブハウスでもフェスでも個人がどう考えるかが大事だと思っていて。誰かが言ったから、誰かがやってるからじゃなく、自分が何を考えているかが大事で。で、今Kazukiさんが言ってたセキュリティの話は、ライブハウスに来る人にとって確かに次のステップなのかなって思いますね。次に進み易いというか。好きにやったり暴れたらつまみ出されたりライブが中止になったり、誰かが怒って誰かが怒られて、今の日本ってそんな空気があるじゃないですか。でもみんな肌感覚はそこまでズレてないと思うし、色々突っ張りながら遊んでるのになって思いますね。
 
2YOU:そもそもみんなバンドが好きでライブが好きでライブハウスに集まっているのに、考え方の違いで分断が起きてしまったり自分と意見の合わない人は排除したり、そもそもそういうのが嫌いだからみんな音楽を好きになったんじゃないのって思いますけどね。だからそこも取り戻したいひとつかもしれないです。

ダト・ダト・カイキ・カイキ:間違いない。
Kazuki:本当にその通りで、ライブハウスには元々不良しかいなかったし社会的に交われない人がライブハウスに集まっていたのに今は逆に暴れちゃう奴がめっちゃ不良に見られたりする訳でしょ。でもアンダーグラウンドにはアンダーグラウンドで成り立っているものもあるし、マインドを変えていかないと本当につまらなくなっちゃう。一概には言えないけど、楽しみがないと生きてる意味がないと俺は思っているし、極論、バンド辞めたら死ぬしかないって思っているのに、そのバンドを全部持っていかれちゃうなんて絶対嫌だし、だからって地下に潜って何しても大丈夫な場所だけでやってもバンドが伸びないのも分かっていて。だから少しずつでも元に戻れるような意識をみんなが持てたらいいですよね。
 
2YOU:各地のライブハウスやフェスで起きていることをバトンで繋ぎながら前に進む中でのFREEDOM NAGOYA開催。ルールはありつつもみんなが楽しめる日を作ることが今年の一番の目標なのかなと。

綿谷:去年は緊急事態宣言下だったけど、それでも2年連続中止にする事で何か大切なものが折れてしまうという気持ちがあって。まずは1歩踏み出して開催する事に意味があると信じて、規制も沢山ある中だったけど、アーティストも来場者もみんなが協力してくれたお陰で無事開催することができて。これまでみんなが色んなこと守って、時に我慢して、その結果今年もFREEDOM NAGOYAを開催できると思っているので、それぞれ考え方や感じ方に違いはあるけど、音楽が好きな人間同士、思いやりの気持ちだけは持って、誰かに嫌な思いとか悲しい思いをさせる事さえなければ、最高のライブ観てアガって、友達とお酒飲んだり、おしゃべりしたり、美味しいフェス飯食べたり、そこに集まる全員にとって楽しいことしかない1日になると思うんですよね。綺麗事でも大袈裟な表現でもなくて、FREEDOM NAGOYAに関わる全ての人が幸せな気持ちになれる1日にしたいなと思っています。それが今年のFREEDOM NAGOYAのテーマです。
 
2YOU:ハッピーな空間を作るのにDizzy Sunfistがいてくれるのは大きいですよね。とにかくみんなハッピーになれるじゃないですか。

あやぺた:ハッピーをちゃんと届けられるように今年はゆっくり喋ろうと思います(笑)。
綿谷:今年はTrack’sも重要なポジションにいて。
楊之介:自分は演奏して起きることにあれは駄目これは駄目って言いたくなくて。規模が大きければ大きいほど考え方の違いはたくさんあると思うので、そこが気になるところではありますね。勿論俺たちは良い演奏をしようって意識ですけど。
綿谷:うん、そういう空気感を作るのが俺の仕事だと思っている。アーティストが何も気にせずに演奏出来て、楽しんで、フロアもそこにいる全員が楽しめる空間にする。それが俺の仕事かなと。
 
2YOU:色んなジャンルのバンドがいて色んなお客さんがいてクロスオーバーする。知らない世界に触れてどっぷりハマる人もいると思う。それがFREEDOM NAGOYAの面白さのひとつでもありますよね。開催間近ですが最後に皆さんの意気込みを聞かせてください。

ダト・ダト・カイキ・カイキ:じゃあ綿さんから。
綿谷:なんで俺なの(笑)。楊之介はさっきの話が意気込みだったと思うからあやぺたはどう?
あやぺた:うちら、コロチキ(コロコロチキチキペッパーズ)の次なんですね。コロチキの後に笑いを取れるか分からないけど、とりあえずゆっくり喋ります(笑)。
Kazuki:俺たちは初出演なので、また来年も呼んでもらえるようにいいとこ見せられたらなと思っています。
ダト・ダト・カイキ・カイキ:俺たちはいつも通りやるだけなんですけど、今日対談したバンドのお客さんってどう守るかじゃなくてどう進めていくかを考えているお客さんが多い気がしていて。だから俺たちはいつも通りライブをするしお客さんにもフロアの空気を読んで楽しんでくれみたいな感じ。その結果FREEDOM NAGOYAが良い形に進んだねみたいな感じになったらいいですね。俺たちも酒を飲んでフェスを楽しんでいつも通りのライブをするので、そんな感じで。
 
 



FREEDOM NAGOYA 2022 -EXPO-

2022年7月16日(土)
Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)

入場無料ただし1drinkとして¥600必要
(※入場には「1ドリンク付き入場引換券」の事前購入が必要です。)

ammo / BACK LIFT / bokula. / cinema staff / COUNTRY YARD / Dizzy Sunfist / dustbox / ENTH / Hakubi / Half time Old / Haze / JasonAndrew / KALMA / kobore / KUZIRA / LUCCI / Maki / moon drop / mother / Mr.ふぉるて / Paledusk / PK Shampoo / POT / reGretGirl / ROTTENGRAFFTY / SHADOWS / SHIMA / SPARK!!SOUND!!SHOW!! / ストレイテナー / TETORA / THE FOREVER YOUNG / This is LAST / Track’s / アイビーカラー / アメノイロ。 / オレンジスパイニクラブ / カネヨリマサル / コロコロチキチキペッパーズ / ザ・ボーイズアンドガールズ / ダイノジ / ねぐせ。 / ハルカミライ / バウンダリー / バックドロップシンデレラ / ビレッジマンズストア / ヤングオオハラ / May Forth(5/8オーディション勝者) / amanojac(5/19オーディション勝者) / kurage(5/27オーディション勝者) / cherie(5/29オーディション勝者) / ハローモンテスキュー(5/30オーディション勝者) / COWARD OF INSANE(NSMオーディション勝者) / Dear Chambers(R.A.D推薦) / Made in Me.(RAD SEVEN推薦) / MINAMIS(Party'z推薦) / PRAY FOR ME(Party'z推薦) / SABLE HILLS(RAD HALL推薦) / とんぺいボーイズ(R.A.D推薦) / かずき山盛り(R.A.D推薦) / 生ファラオ(RAD HALL推薦)


問い合わせ:
FREEDOM NAGOYA実行委員会/RAD ENTERTAINMENT株式会社:052-253-5936 / freedom@radcreation.jp

その他詳細はイベントオフィシャルサイトにて!

FREEDOM NAGOYA 2022 -EXPO-